今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

今年の春も上下デニムコーデでせめる!失敗しがちなポイントとは?

6b7829aa54cf65fc4611f21012fdcb18_s
2016年の春に注目されているのが「デニムonデニム」と呼ばれるコーディネートです。
これは、上下デニムでそろえるコーディネートのこと。最近、またデニムの人気が高まっていますよね。人気が高まってきた背景にはミランダ・カーなどの海外セレブが上手にデニムonデニムの着こなしを披露していることも関係しています。

ですが、一歩間違えてしまうとかなりダサいです…。上下デニムコーデに挑戦しようと思っている方は、衣装を選びのポイントをチェックしておきましょう。

そもそも、ダサいと思われるデニムスタイルとは?

なにが原因でダサくなってしまうのかということを理解しておけば、それを避けるだけでおしゃれな着こなしに大変身させることができます。

初心者にとって難易度が高いといえるのが、上下共に薄い色のデニムを組み合わせるということです。こういった着こなしが似合う方もいるのですが、その場合には差し色を取り入れるなど注意していきましょう。

また、全体的に細めのシルエットが人気です。上も下もダボっとしたデニムを選択してしまうと田舎臭い印象になってしまうので注意しましょう。

上下で色をずらすのがおすすめ!

かっこよくかわいく決まるデニムonデニムとしておすすめしたいのが、上下で色の違うでにも選択するということです。特に、ボトムスの方を濃い目にすると良いですね。これだけで全体のイメージが単調になってしまうのを避けることができます。

人気のコーディネートは?

自然にデニムonデニムを楽しみたいと思っているのであれば、ボトムスにデニムを取り入れ、白シャツの上にGジャンを選択すると良いでしょう。どちらも春らしさを演出してくれるアイテムなので、チェックしてみてくださいね。

また、今年はデニムの上にアウターを羽織るのも人気があります。アウターを羽織ることによってデニムが見えている面積を狭くすることができるので、デニムonデニムは難易度が高いと思っている方も気軽に挑戦できるでしょう。

こういったコーディネートであれば上下のデニムの色が同じだったとしてもおかしくありません。

靴・小物にもこだわるのがポイント!

デニムはどうしても全体的に色が似通っているので、これが原因でださい印象になってしまうこともあります。そこで、差し色を取り入れていきましょう。

デニムと相性が良いのは、赤や黄色です。白も相性が良いので、靴や小物で取り入れてみましょう。首元に大きなアクセサリーを身につけるのもおすすめです。

まとめ

2015年からじわじわと人気を高め、2016年も引き続き人気のコーディネートです。

上下デニムコーデでせめるにはどうしたらよいのか、どのようなポイントに注意したらいいのかなどについてご紹介しました。ここさえを押さえておけば、ダサく見られずにデニムonデニムを楽しむことができるでしょう。今年の春には特に注目されているコーディネートでもあるので、上手に着こなしてみてくださいね。

手持ちのデニムだけではなかなかうまく決まらないという場合、ちょっとしたアイテムを買い足すのも良いでしょう。バッグやアクセサリーにこだわるだけでもかなり違ってきます。

デニムは男性でも取り入れやすいアイテムということもあり、カップルで合わせるのもおすすめです。

        
        

  関連記事

【ショートVSロング!】レインブーツに合わせたいコーデ例と双方のメリットについて

ショート派VSロング派!雨の日レインブーツはどっちを選ぶべき? 出典:e-zak …

フランス女性に習う髪へのこだわり!洗わないって本当?

国が違えばヘアケアの方法も違います。特に、フランス人のヘアケアの方法が日本人とは …

パーソナルカラー診断で私らしさを活かす魅力アップメイクを!

パーソナルカラーとは、肌、髪、瞳、頬、唇などその人が生まれつき持っている色と調和 …

結婚式コーデは歳相応に選ぶことが重要!若作りに注意…!

結婚式にお呼ばれする回数というのは人によって違いますが、何10回もお呼ばれする方 …

最強のモテ財布発見!エーテルの上質な長財布で女っぷりをあげよう!

▼選び抜かれた素材で作られた人気のサクラ▼ エーテル(AETHER)は上質な本革 …

美的なオールブラックのファッションコーディネートのポイント

黒と言えば、無難で使いやすく誰でも1つは持っている服の色です。シックで落ち着いた …

メリットしかない!空気パンツ&ブラ人気の秘密

下着の締め付けから解放されて、健やかで美しい体になれる空気パンツ&ブラ …

この夏はこれで安心!小胸でもオシャレで可愛い水着が選べる

バストが小さいと気になっている方は水着選びをする際にも、バストがコンプレックスに …

日傘は中のカラーが重要だった!選び方のポイントとは?

日差しが強い季節には、日傘がとても重宝しますよね。そんな日傘ですが、最近では色々 …

洋服はたくさんあるのに着る服がない!原因と対処法とは?

洋服が少ないわけでもないのに、これから出かけるという時になって「どうしよう!着て …