今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

足が痛くなるのはなぜ?失敗なしのパンプス選びのポイント

anjp0442-s-07-dl

出典:titivate.jp

何足かパンプスを持っているものの、最高の一足に出会えていない、いつも買ってから後悔してしまう…という方も多いはず。パンプスといえば足元のおしゃれを演出するのに最適なアイテムですよね。

ですが、どれが本当に自分に合っているのかが分からず、悩んでいる方は珍しくありません。そこで、失敗なしのパンプス選びをするためにポイントについてご紹介しましょう。

足が痛くならないパンプスを探すには?

多くの方がパンプス選びに失敗してしまったと感じる大きな理由は、足の痛みにあるようです。パンプスの構造自体長時間履くのには向いていないのですが、ほんの数十分~1時間程度ですぐに足が痛くなってしまうという方の場合、パンプスが合っていない可能性があります。

特に、仕事などでどうしても長時間パンプスをはかなければならない方は慎重に選びましょう。

特におすすめなのが、ヒールの太いパンプスです。ヒールは細いものほど安定せず、かかとが疲れてしまいます。歩いた時に足の裏にかかる体重が安定していないと感じるものは避けておきましょう。

お店でパンプスを選ぶ際の注意点

本当に自分の足に合っているのかどうかというのは、ある程度の距離を歩いてみなければわかりません。足踏みだけをして決めているという方もいるようですが、可能であれば売り場をぐるりと一周歩きましょう。

特に、かかとがしっかりフィットしているのか、つま先の形状が合っているのか、きつくないかというポイントは忘れずにチェックしておきたいですね。

足の形は人それぞれ

足の指の長さをチェックしてみると、人によって大きく違います。例えば、親指が一番長い方はエジプト型と呼ばれ、人差し指が一番長い方はギリシャ型と分類されるのです。このほかに、どの指もほとんど同じ長さの方はスクエア型と呼ばれ、それぞれ最適な靴の形が違います。

まずは自分の足の形等、靴の形をよく比較してみましょう。あまりにも違うようであれば、長時間履いた時に足が痛くなってしまったり、合わないと感じる可能性が高いです。

まとめ

パンプス選びのポイントについてご紹介しました。
足元のおしゃれを楽しむためにデザインばかりを重視してしまう方もいますが、合わないパンプスを履いてしまうと外反母趾や体の歪みにも繋がってしまいます。

自分に合っているパンプスがわからないということであれば、売り場の方に相談をしながら決めると良いでしょう。自分では最適だと思っていたものが全く合っていない可能性も考えられます。

また、パンプスは長時間履くとどうしても足裏が痛くなってしまうものなので、家に帰ってきたらしっかり足をマッサージしてほぐしてあげることも大切です。

これまでおしゃれのために我慢をしてパンプスを履いていたという方も、今回ご紹介した内容を参考にしながら最適なパンプス選びをしてみてください。

        
        

  関連記事

大人でもオシャレに楽しめるペアルック術3つ!

ペアルックに双子コーデ…大人にはハードル高め?そんな事ない! 「ペアルック」と聞 …

次のデートでトライしたい!男性の心を動かす魅力的なファッションコーディネート4選

結局気になる、オトコ受け…! 大好きなジャンルのファッションを、自分なりに楽しむ …

海外のオシャレさんに学ぶ!Tシャツの着こなし方

「Tシャツ+デニム」のお決まりコーデから卒業したいなら、海外のオシャレさんに学べ …

【ファッション初心者さんへ】ハイテンションに夏を彩る、ネオンカラーデビューへの4ステップ!

夏!ネオンのシーズンがやってきた! 出典:e-zakkamania 暖かくなると …

ゴールド、シルバー、プラチナ?肌に合わせたアクセ選び

おしゃれを意識する際にはアクセサリーでさらなるおしゃれを演出するという方法が良い …

流行ファッションに踊らされないファッション流儀を身につけよう!

服が少ないのは、ダサいことじゃない! 突然ですが、「フランス人は10着しか服を持 …

好感度UPのメイクポイントをマスターして、めざせオフィス美人!

プライベートはさておき、オフィスでは濃いめのメイクは男性はもちろん女性にも嫌われ …

大人女子もプチプラアイテムを活用したい! GUで“安っぽくない安い服”に出会うコツ

プチプラバレを防いで、GUを賢く活用してみませんか? 『UNIQLO(ユニクロ) …

会社でもバレないカラコン選びのポイント!自然なことが鉄則!

近年は、おしゃれの一環としてカラコンを使う方も増えてきました。ですが、会社にして …

簡単なセルフネイル方法!初心者はフレンチデザインがおすすめ!

毎回ネイルサロンに通っているものの、お金も時間ももったいない…もっと節約できれば …