今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

スキニーをマンネリ化させない!【テイスト別】コーデ紹介

33566-1401336-s-11-dl

出典:e-zakkamania

スキニーがマンネリ化してるなら、ワードローブと相談しなおしてみよう!

美脚効果もあり、はき心地も抜群!使い勝手のいいスキニーパンツは、愛用者も多い定番アイテムです。「長年使い続けている!」という方も少なくはないはず。

しかし、いつも履いているからこそ「コーデがマンネリ化してきた…」という悩みが発生しやすいデメリットも。せっかく使えるアイテムでも、飽きて来ればテンションも上がりません。せっかくなら、毎日コーデを楽しみたいものです。

そこで今回は、定番アイテムであるスキニーの着こなし方をテイスト別に紹介!

お手持ちのアイテムで、もっとオシャレにスキニーコーデを楽しめるかもしれません。ありふれたアイテムを、今年っぽく着こなしましょう。

テイスト別!スキニーの着こなしアイディア

スキニーコーデのアイディアを、テイスト別に紹介します!

《デニムスキニー》

今年持っておきたいデニムは「インディゴブルー」!ノンウォッシュでパキっと濃いめカラーのデニムスキニーがオススメです。

デニムシャツを合わせて、トレンドに着こなす!

トレンドのデニム×デニムコーデをオシャレに着こなすポイントは、腰に細ベルトで差し色を入れること!サラリと決まる、垢抜け感満載のコーディネートです。

カジュアルなアイテムだから…足元はヒールでレディ感を!

使い勝手のいいデニムスキニー!ついつい気を抜いたコーデで着まわしがちですが、女らしさは忘れたくないところです。足元にはレディ感のあるヒールを合わせて、ラフだけど「きちんと感」を出しましょう。

《黒スキニー》

何にでもマッチする黒スキニーをマンネリ化から救うには、足元の一工夫がオススメ!いつもと違う力の入れ方を覚えて、手持ちのアイテムで新しい着まわしを楽しんでみましょう。

白トップスで大人に決めるなら、シューズにアクセント!

黒×白のモノトーンコーデを楽しむなら、小物の差し色で表情をつけるのがオススメ!ビビットカラーのヒールを合わせるだけで、マンネリコーデから脱却できるはずです。

黒いゴツめブーツを合わせて韓国チックなオシャレさん!

黒いスキニー×黒いゴツめブーツを合わせれば、細くて長い足が魅力的な韓国チックオシャレさんに!

《白スキニー》

暖かい時期にぴったり!で、キレイ目な印象から男受けも◎な白スキニー。長所を生かして、思いっきりお姉さんなコーデで楽しみましょう。

爽やかなジャケットやカーデガンで、お姉さん度UPを狙う!

清潔感のあるジャケットで、女性らしさをアピールしたお姉さんコーデがオススメ。足首を見せてヒールを履けば、美脚効果もバッチリです。肩からカーデガンを掛けても素敵!

全身ホワイトコーデに挑戦!

セットアップやワントーンコーデは流行っている今だからこそ!挑戦して欲しいのは「全身ホワイトコーデ」!ハードルが高めに思われがちですが、とびきりスタイリッシュに見せることができるメリットは捨てきれません。ぜひ今年、トライしてみては?

《カラースキニー》

薄着のシーズンに活躍してくれるカラースキニーは、差し色で使うのが大人のお約束。他アイテムの主張を抑えることで、目を引くオシャレさんの完成です!

ビビットなカラースキニーには、グレーや白トップスがオススメ!

トップスや靴も主張のあるアイテムで揃えてしまうと、とかく子供っぽくなってしまいがち…。他アイテムで大人っぽさを演出すれば、「あえて」のビビットカラーもカッコよくきまります。

お馴染みのスキニーも、トレンドと合わせれば新しい楽しみ方が!

繰り返し使っているうちに、組み合わせ方が定番化してしまう問題は、実はどのアイテムにも潜んでいます。使い勝手のいいスキニーであれば、なおさら「お馴染みのコーデ」に収まってしまうケースが多いでしょう。

当然ですが、流行はその時々で違うもの。今年のトレンドは、これまで着回せなかった組み合わせを楽しめるチャンスだとも受け取れます。

今年の夏は、いつもと違う組み合わせで心新たにスキニーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

        
        

  関連記事

今年の春も上下デニムコーデでせめる!失敗しがちなポイントとは?

2016年の春に注目されているのが「デニムonデニム」と呼ばれるコーディネートで …

スタイル良く魅せるコーデのポイントを【コンプレックス別】に紹介します!

目次1 「スタイルが良くなりたい!」は、すべての女性の総意です!2 【悩み別】ス …

髪型・メイクで瞬時に小顔にチェンジ、小顔トリックとは?

ウエストより同性チェックが厳しいのは顔太り。なかなかやせないのに、最初に脂肪がつ …

若い人しか着られない? いいえ!大人の女性こそコーディガンに挑戦!

秋冬の不安定な天気には着るものも迷ってしまうもの。そこで今シーズンはコーディガン …

痛々しいヘアスタイルしてませんか?アラサー・アラフォーのアレンジポイント

美肌ケア力がアップして、見た目年齢マイナス5歳、10歳というアラサー・アラフォー …

ヘナ染め、紅茶、コーヒーなどノンダメージでナチュラルに染める方法とは?

自宅や美容院で髪をカラーリングすると「髪のダメージ」や「かぶれ・かゆみ」が心配で …

この夏はこれで安心!小胸でもオシャレで可愛い水着が選べる

バストが小さいと気になっている方は水着選びをする際にも、バストがコンプレックスに …

もう悩まない!パンツと靴の鉄板コーデとは?

悩む人も多いのがパンツスタイルの場合の足元です。なんとなく毎回ワンパターンな靴を …

服選びに疲れたあなたにオススメのファッション楽しみ方

ファッションには敏感でいたいと思っていても次々に新しいファッションが誕生するため …

ゴールド、シルバー、プラチナ?肌に合わせたアクセ選び

おしゃれを意識する際にはアクセサリーでさらなるおしゃれを演出するという方法が良い …