今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

プチプラアイテムを厳選!肩幅が広くても似合うコーディネート提案4選

a91b3e2bbb2e9d6b0ed4e5980a1efb95_s

「女の子っぽい肩幅になりたい…」肩幅広い女子集まれ!

「華奢な肩幅は、女性らしさのシンボル…なのに、どうして私の肩幅はこんなにゴツいの!?」とお悩みの皆さんへ。そのコンプレックスは、コーディネート次第で上手に隠すことも、また長所として活かすことも可能です!

ここでは、肩幅広い系女子の皆さんにぴったり似合う、コーディネートアイディアを紹介します。露出の多い薄着のシーズンも、これでもう怖くない!コンプレックスを自信に変えるコーデ術を覚えて、夏のファッションを楽しませんか。

肩幅が広くても大丈夫!コーディネートアイディア4選

肩幅広い系女子にオススメしたい、春〜夏に使える4つのコーデアイディアを紹介します!

Vネックのトップスで視線をデコルテに集中させる!

 
g16fw3-wsc43-ha-016_161114

check

肩幅広い系女子にイチオシなアイテムはVネック!デコルテの露出が広いほど、視線は首元や胸元に集まります。コンプレックスをごまかしながら小顔効果も期待できる、何ともお得感満載なアイテム!

オフショルダーで思い切って肩だし!も意外とアリなんです…

 
2016-11-18_162549

check

「コンプレックスをさらけ出すなんて!」と思われるかもしれませんが、オフショルダーの洋服で思い切って肩を出すことが、逆に体型の悩みをごまかすテクニックになる事も。女性らしいデザインから男受けもバッチリなアイテムなので、デートにもオススメです!

カジュアルコーデなら、ラグランスリーブで上半身の着痩せ効果を狙うべし!

 
2016-11-18_162841

check

襟ぐりから袖下にかけてナナメに切り替えが入ったラグランスリーブのトップス。ボーイッシュなカジュアルコーデにもってこいの定番アイテムですが、肩や腕を細く見せる着痩せ効果ができる有能な一面も…!アクティブに活動したい日のカジュアルなコーディネートに活躍してくれます。

ドルマンスリーブでゆったりとコンプレックスを隠しちゃう!

 
2016-11-18_163014

check

上半身のラインをゆったり隠す、ドルマンスリーブのトップス。肩の位置をぼかしてくれる上に、ユルっとしたシルエットで細く見せる効果も期待できます。女らしさをアピールできる、淡いカラーをチョイスするのがオススメ。

肩幅が広いのは、チャームポーント!?

「肩幅が広すぎて、洋服が可愛く決まらない…」とお悩みの肩も多いでしょうが、そもそも“洋服は肩で着る”という言葉もあるほど、ファッションにおいて肩幅は重要な存在。ウィークポイントとしてではなく、ぜひチャームポイントとして自信を持ってコーデを楽しんでみるのもオススメです。

デコルテの露出で肩幅の広さをカバーできるのは、薄着のシーズンならでは!今年の夏は、思い切って肩出しコーデにトライしてみてはいかがでしょうか?

        
        

  関連記事

人とは違うファッションセンスを磨くには?必要なのは3つのポイント

Tシャツにジーンズのようなシンプルなコーデでもなぜかオシャレに見える…そんな女性 …

大人でもオシャレに楽しめるペアルック術3つ!

ペアルックに双子コーデ…大人にはハードル高め?そんな事ない! 「ペアルック」と聞 …

もう悩むのはイヤ!季節の変わり目はどんな洋服を着たらいいのか?

季節の変わり目は日中は暑いのに朝晩は寒くて着るものに困ってしまいます。クローゼッ …

どんなショートブーツなら美脚に見えるの?ムートンはNG?

秋から冬にかけてのファッションマストアイテムの一つにブーツがあります。また近年で …

基本的なくるりんぱのHow to、失敗の原因と改善策をご紹介します

くるりんぱって何?失敗の原因は? 出典: sumally.com くるりんぱとは …

髪型・メイクで瞬時に小顔にチェンジ、小顔トリックとは?

ウエストより同性チェックが厳しいのは顔太り。なかなかやせないのに、最初に脂肪がつ …

今年の春も上下デニムコーデでせめる!失敗しがちなポイントとは?

2016年の春に注目されているのが「デニムonデニム」と呼ばれるコーディネートで …

短い爪でかわいく見せるネイルカラーの塗り方とネイルデザイン

元々爪が短くて似合うネイルがわからず悩んでいる方や、仕事柄爪を伸ばすことやチップ …

ストールがあれば一気に小顔スタイルに近づける!そのコツとは?

おしゃれのアクセントとなる小物たち。中でもストールなどの巻き物系は、バランス良く …

30代だってショートパンツを履ける!着こなし術のポイント

30代は20代と違い女性は特に自分の中での変化を感じる年代となります。そのため2 …