今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

長時間履いていても疲れないのは太いヒールに限る!

9ad4c35580b181a89d35766ec14b4ce5_s
ハイヒールは女性にとってマストアイテムといえるのかもしれません。おしゃれをする時をはじめとして、美脚に見えるといったメリットもあり、大人の女性としての象徴でもあります。しかし選び方を間違えてしまったり、正しい歩き方を知らなければ、脚や体全体に負担かけてしまうことになるので注意しましょう。

ヒール部分が太いものを選ぶ

まずハイヒールを選ぶ際にはできるだけヒール部分が太いものを選んだ方が良いです。ピンヒールなように非常に細いものは、その分足に負担がかかってしまうので立っているだけでも足全体が痛くなってしまう事や、むくんでしまうことがあります。

また、上手にバランスを取りながら歩くことができなければヒールが折れてしまうこともあるので、特に慣れないうちは必ず太いヒールのものを選んでください。

太いものであればしっかりと安定するので歩きやすいのはもちろんですが、負担そのものが足全体的に分散されていくため痛みを感じる事も少なくなります。

柔らかい素材なら負担が少ない

ヒールの部分に気を配るだけではなく、靴の素材そのものもできるだけ柔らかく柔軟性を持っている方が望ましいと言えます。

柔軟性の無いビニールなどを選んでしまうと徐々に負担が大きくなり、足の形さえ変わってしまうこともあります。

一方、柔らかい素材のものであれば履くほどに自分の足の形にフィットしてくれるため負担がかかることも少なく長時間でも歩くことができるようになるでしょう。

あまりにも素材が硬く、負担をかけてしまうものは骨の変形による外反母趾になってしまうことや、その他骨盤まで負担をかけて全身の歪みを引き起こしてしまうことがあるので注意してください。ネット通販などで購入した靴の素材が硬くて痛いと感じる時には、市販されているジェルパッドなどを活用し足に当たる部分が痛くないような工夫をする必要があります。

先の尖ったタイプは避けると良い

ハイヒールには様々なデザインがありますが、できるだけ先の尖ったタイプは避けた方が良いです。先の尖っているタイプは足の指に最も大きな負担がかかり、前述したような外反母趾をはじめとして、巻き爪になってしまうこともあります。

特に巻き爪になってしまうと痛みが強いため短時間でも歩くだけで激痛がはしってしまうようになるので注意。

先の丸いタイプを選んだ方が良いでしょう。また、ハイヒールを履いている時にはできるだけ膝をまっすぐに伸ばし歩くことを意識した方が良いです。
慣れていないと膝を曲げた状態で歩いてしまうことになりますが、これは思いのほか足に大きな負担をかけていることになります。
足を曲げた状態で膝がカクンカクンしながら歩いている女性もいますが、このような女性の場合には常に負担がかかり最終的には大きなトラブルになってしまうことがあります。

サイズもしっかりとフィットするものを選び、万が一少しでも大きいのであればかかとが前に滑らないようにジェルパッドなどを使うと良いでしょう。
背筋を伸ばすことと膝をしっかり伸ばすことを意識しながら歩けば、足そして体に対する負担も少なくなります。

        
        

  関連記事

白シャツでいい女を演出するコーデ!シンプルにかっこよくかわいく決める

白シャツのコーデが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。 下手をすると …

【低身長さん必見!】スラっと背が高い美人に魅せるためのポイント

出典:e-zakkamania 低身長さんでも、スラッと魅せるコツがあります! …

次のデートでトライしたい!男性の心を動かす魅力的なファッションコーディネート4選

結局気になる、オトコ受け…! 大好きなジャンルのファッションを、自分なりに楽しむ …

通勤バッグは2個持ちしながらコーディネート♪バッグ選びの注意点は?

近年、通勤バッグの2個持ちコーデが注目されています。働く女性は、持ち歩くものがた …

基本的なくるりんぱのHow to、失敗の原因と改善策をご紹介します

くるりんぱって何?失敗の原因は? 出典: sumally.com くるりんぱとは …

結婚式コーデは歳相応に選ぶことが重要!若作りに注意…!

結婚式にお呼ばれする回数というのは人によって違いますが、何10回もお呼ばれする方 …

この夏はこれで安心!小胸でもオシャレで可愛い水着が選べる

バストが小さいと気になっている方は水着選びをする際にも、バストがコンプレックスに …

不器用さんでも大丈夫、忙しい30〜40代向けの大人のグラデーションネイル

多忙な30代・40代は自分の時間がなく、なかなかネイルにまでは手が回らないかも。 …

会社でもバレないカラコン選びのポイント!自然なことが鉄則!

近年は、おしゃれの一環としてカラコンを使う方も増えてきました。ですが、会社にして …

クローゼットの中はシンプルだった!着回し上手になるためのポイントとは?

たくさん服を持っているのに、なんだかいつも同じようなコーディネートになってしまう …