今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

30代だってショートパンツを履ける!着こなし術のポイント

f62454a72d6e19ed4abf49ca17b0fb79_s
30代は20代と違い女性は特に自分の中での変化を感じる年代となります。そのため20代までは着用していたファッションが30代になったとたん着用できなくなってしまうというケースも少なくありません。自信を持って20代に負けないファッションを取り入れていくためには、やはりショートパンツで勝負。

30代でもショートパンツを履きこなすためにどの工夫が必要なのでしょうか?

30代でショートパンツを履くための準備

anjr2077_d02

出典:titivate

すまず最初にも記述したように、20代と30代では体にも様々な変化が出てきます。

そのため、体全体のたるみを感じてしまうこともあるでしょう。

30代でショートパンツが履きたいと思っているのであれば、たるみを見せないように自分の中で努力することも大切です。

毎日簡単なストレッチをすることや、お肌の乾燥を防ぐためスキンケアをすること、さらにはムダ毛の処理などに関してもしっかり細かく行っておくことが最優先となります。たるんだお尻や足でショートパンツを履いても絶対にオシャレに見えることはありません。おしゃれに履くためには、自分の中での努力も必要になることを覚えておきましょう。

お尻を隠さず上下でメリハリをつける事



やはり30代になるとお尻のたるみが気になってくるので、ショートパンツを履く際にもなんとなくお尻を隠してしまいたくなります。

そのため丈の長いトップスなど合わせてお尻を隠してしまいがちですが、このようにショートパンツを履くと明らかに無理をしておしゃれになってしまうことがあります。

そのため、お尻を隠さずしっかり上下でメリハリをつけたファッションを選ぶようにしてください。襟付きタイプのチェックシャツなどは組み合わせるのにとても良いアイテムとなってくれます。ロングタイプではなく、比較的ショートタイプをセレクトしてショートパンツに合わせましょう。

また足元に関しては冷えを防ぐためタイツを履いてしまうことや素足を隠すためにもタイツを履いてしまう女性がいますが、ここはタイツではなく素足または薄手のレギンスを着用すると良いです。

今の若者はストッキングを着用することが少ないため、年齢がばれないようにするためにも、レギンスなどを活用していきましょう。薄手のレギンスであれば伸縮性もあり窮屈に感じてしまう事がありません。

自信を持ちカラーは無難なものを選ぶ



自分の中で年齢を意識していると、それが表面にも表れてしまいます。そのため、せっかくショートパンツを履いていてもスタイルに対する自信が無く堂々とした姿に見えなくなってしまうでしょう。

30代になってからでもショートパンツを履きたいと思っているのであれば、まずはショートパンツを履く際にしっかり自信を持ちましょう。

そして選ぶカラーについては、派手なものを避け、無難なものを選んでおくと良いです。デニムはもちろんのこと、ホワイトやブルーといったカラーであれば、年齢に関わらず多くの女性が好むカラーとなっています。

反対にオレンジやピンクのように10代や20代前半の女性が好むものを履いてしまうとバランスも悪くなり、無理をしたイメージが強くなるので気をつけてください。

上記した部分にしっかり気を配りながらショートパンツを履けば30代になってからでも少年齢相応でさらにオシャレなファッションを楽しむことができます。20代までと同じ感覚でファッションを選んでしまうのではなく、30代になり、大人の女性としてショートパンツそして組み合わせるトップス選びをしてみましょう。

        
        

  関連記事

“ちょっとだらしない”オシャレが海外モデルに人気ってホント?

最近はフェイスブックやインスタグラムなどで、気軽に憧れの女優さんやモデルさんのデ …

結婚式コーデは歳相応に選ぶことが重要!若作りに注意…!

結婚式にお呼ばれする回数というのは人によって違いますが、何10回もお呼ばれする方 …

海やプールを楽しもう!気になる胸・お腹・お尻をカバー出来る水着紹介

夏が近づいてくると海やプールへのお誘いが増えたり、子供を連れて海へ遊びに行く機会 …

コーディネートにバイカラーを取り入れるべきな理由とは?

最近、大人気となっているのがバイカラーのアイテム。大胆な配色でもバイカラーになる …

通勤バッグは2個持ちしながらコーディネート♪バッグ選びの注意点は?

近年、通勤バッグの2個持ちコーデが注目されています。働く女性は、持ち歩くものがた …

ストールがあれば一気に小顔スタイルに近づける!そのコツとは?

おしゃれのアクセントとなる小物たち。中でもストールなどの巻き物系は、バランス良く …

ベーシックは地味?洋服は流行を選んでいれば間違いないのか?

女性のファッションは季節ごとにくるくると変わり、昨年は大流行したデザインなのに今 …

男ウケの悪いワーストフッァッション3つと、改善ポイントの説明!

女子が大好きなトレンドの中にも、男ウケの悪いワーストファッションが… ネイルアー …

「ワンピにON」はさようなら!デニムシャツ・Gジャンをもっと2016年っぽく着こなすアイディア4選

定番のデニムシャツ・Gジャン、甘辛コーデばかりでマンネリになったら… 出典:gu …

妊娠中もオシャレしたい!オススメのマタニティウェア

妊娠中の女性はおしゃれを楽しみたいと思っていても、お腹が大きくなるにしたがって着 …