今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ボーダーでモテるのはどんなコーデ?おしゃれさんのボーダー術

ff9fff41d674f1e9c63690487e6bb127_s
ボーダーシャツはカラーバリエーションやボーダーの幅そのものも非常に多く、複数枚を所有しているという方も少なくありません。しかしボーダーシャツはさりげなく着ているつもりでも手抜きファッションに見えてしまうことがあります。

ボーダーシャツをおしゃれに着こなすためにはどのようなポイントに気をつければよいのか、またシャツを選ぶ際の重要視したいポイントについてもご紹介していきます。

ボーダーシャツの形状選びについて

まずボーダーシャツというのは丸襟やV ネックのほかに、襟がついているタイプのものまで様々です。近年ではボーダー模様のタンクトップやキャミソールなども販売されるようになりました。このようにさまざまなボーダーシャツがある中で、襟選びにこだわることが大切です。

例えば全く同じボーダー模様のシャツであっても、丸襟とVネックでは見た目の印象が違ってくるでしょう。自宅用などにして選ぶのであれば、特にここまで意識する必要はありませんが、おしゃれを意識して選ぶのであれば、やはり襟元や袖元などに注意しながら選んだ方が良いと言えます。

丸襟は伸びるとイメージが悪くなる

丸襟タイプのボーダーシャツはアパレル関係の商品を扱っているショップであれば基本的にどこにでも置いてあります。そのため価格もリーズナブルで選びやすい特徴がありますが、おしゃれ意識するのであれば、丸襟は避けた方が良いでしょう。

なぜならば、丸襟ののシャツを着ている間に首周りが伸びてしまう事も多く、少しでも伸びてしまったものを気にせず着てしまうと、それだけでとてもイメージが悪くなるからです。Vネックなどの場合には多少襟元が伸びていてもそういったデザインのシャツもあるためさほどイメージダウンにはつながりませんが、丸襟の場合は完全に古びたシャツを着ているといったイメージを与えてしまうでしょう。

お洗濯をしているうちに伸びてしまうことを防ぐためにも、できるだけ襟元が違うタイプのデザインを選んだ方が良いです。最もオシャレに見えるのは襟付きになりますが、Vネックの場合であってもネック部分にボタンが付いていれば、ある程度はオシャレに着こなすことができます。引き締まった印象でボーダーシャツを着たいのであれば、襟付きタイプを選んだ方が良いといえるでしょう。

素材はさらさらタイプを選ぶとGOOD

Tシャツなどの場合には汗をしっかりと吸い取るために綿100%で作られていることも多いです。しかしこのような素材というのは、やはり汗をかいた時にもヨレてしまうことが多いので、おしゃれに着こなすためにはさらさらタイプの素材を選んだ方が良いでしょう。

さらさらタイプであれば汗をかいた時でもさほどシワにならず、おしゃれな状態のままを維持することができます。

また肌触りも良いので長時間着ていてもストレスになってしまうようなことがありません。光沢に関しては好みによって分かれるところですが、サテン生地やサテン風の生地であれば上品な光沢になるため派手すぎずトレンドを押さえたおしゃれさんのイメージを与えることができます。

        
        

  関連記事

アラサー・アラフォーにお薦め!外見をマイナス5歳若返らせるヘアスタイル

若い時はどんな髪型でも楽しめたけど、アラサー・アラフォーになると紫外線やカラーリ …

女性に人気なタトゥーの意味を知る!リスクについてもお忘れなく

おしゃれに強い興味がある女性の中には、タトゥーが気になるという方もいるのではない …

大人っぽくスニーカーを合わせるための5つのルールとは?

スニーカーは若い世代のアイテムだと思っていませんか?今は、有名セレブや大人セレブ …

この夏はこれで安心!小胸でもオシャレで可愛い水着が選べる

バストが小さいと気になっている方は水着選びをする際にも、バストがコンプレックスに …

ダイエットしなくても痩せて見せることはできる?着痩せテクニックのこと

体型別着やせテクニックでスリムに見せちゃおう! 近年、ぽっちゃり型のお笑い芸人の …

30歳過ぎてもショートパンツを!大人ならではの着こなしコーデ紹介

太ももが丸見えになってしまうショートパンツをそろそろ卒業しないといけないと思って …

【体型別】本当にあなたに似合うワンピースを紹介します!

自分に似合うワンピース、ちゃんと選べてる? 突然ですが、ワンピースを購入する時は …

一気に垢抜ける!春夏トレンドをコーディネートに加えてみよう!

毎年様々な流行がある春夏ファッション。シンプルなコーディネートでもちょっと春夏の …

日本人の肌色にぴったりのグリーンで涼しげメイク術に挑戦しよう!

春~夏の暖かい季節になると、アイメイクも青や緑などの涼しげな色に挑戦したくなる方 …

ヘナ染め、紅茶、コーヒーなどノンダメージでナチュラルに染める方法とは?

自宅や美容院で髪をカラーリングすると「髪のダメージ」や「かぶれ・かゆみ」が心配で …