今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

いくつ持ってる?女性なら持っていたいジュエリーはどんなもの?

174332c06dfd009520a1de55b3b36b36_s
貴金属をあまり好まない女性もいるようですが、女性としては最低一つから2つ程度のジュエリーを持っていたほうが良いです。TPO に合わせながらオシャレを意識する際にジュエリーの一つを身につけているか否かで洗練されたイメージにも違いが出てきます。どんなジュエリーを持っていれば重宝するのが、ライフスタイルに合わせながら考えてみましょう。

ネックレスは最低一つ持っておきましょう

主にネックレスは最低一つ持っていたほうが良いです。欲を言えばネックレスのトップがシンプルなものと比較的大きくてインパクトを与えるものの2種類あった方が良いでしょう。そうすればファッションに合わせながら使い分けることができます。

基本的にはシンプルなものを常に身につけ、さらにファッションそのものがシンプルな時には大きめのネックレスをつけることによって、とてもおしゃれなイメージになります。

またお洋服を着た際にデコルテ部分がさみしく感じられてしまうので、ネックレスで華やかさを加えるというのが良い方法になります。金属アレルギーの方はステンレスで作られたネックレスを選べばかゆみや湿疹などが出てしまう事もなく、安心して身につけることができます。

リングはシンプルなものがあると便利

リングに関しては指輪そのものが非常に苦手だという女性もいますので絶対にというわけではありませんが、シンプルなものがいくつかあると便利です。こちらもやはりファッションに合わせながら中指、親指そして小指のピンキーリングなど使い分けるようにすると、こまめなおしゃれに気を配っている人だと言ったイメージを与えることができます。

どうしても苦手で身につけているだけで強いストレスを感じてしまう場合には仕方がありませんが、ある程度身につけているうちに慣れてしまう部分もあります。女性の場合には派手なデザインのものよりシンプルなものを選んでおく方が非常に多くのTPO に合わせることができるので重宝してくれます。価格や素材に関わらず、自分の手に似合うものを選んでおくと良いでしょう。

ベルトはマストアイテムなので数本を用意

オシャレをアピールするためのファッションアイテムとして、ベルトはマストアイテムといえます。太いものから細いものまで様々なものを持ち合わせておくと良いです。また場合によっては太いものと細いものを組み合わせて使用するということもできるため、数本所持していると助かります。

ベルトはお洋服が落ちないように止めるといったイメージや、パンツを支えるために使用するといったイメージをお持ちの方もいるようですが、余裕のあるブラウスなどを着る際にウエストに巻くとふんわりとした女性らしいイメージで着こなすことができます。

その他にもさりげなくカットソーの上に細いベルトを巻くだけでもウエストが引き締まった印象を与えることができます。派手なものではなく、シンプルなものを太さの違う数本揃えておくと本当に様々な場面で活躍してくれますよ。

        
        

  関連記事

必見!美白化粧品を使わなくてもヘアカラーで肌を明るく見せる方法

女性なら誰もが気になる美白!白く美しい肌を保つために、紫外線対策や美白コスメの使 …

オシャレ上級者の必須アイテム!ガウチョパンツの攻略法!

今シーズン大人気のアイテム、それがガウチョパンツ。何と言ってもはき心地が良くてオ …

【体型別】本当にあなたに似合うワンピースを紹介します!

自分に似合うワンピース、ちゃんと選べてる? 突然ですが、ワンピースを購入する時は …

どれだけ使いこなしてる?サングラスのおしゃれ活用法

サングラスはメイクをせず女性が外に出る際やその他にも男性がヘアスタイルを整える際 …

春夏ヘビロテ間違いなしのファッションアイテム!トレンドをチェック!

出典:gu 年によって流行るものは違いますが、今年の春夏に大活躍すること間違いな …

人とは違うファッションセンスを磨くには?必要なのは3つのポイント

Tシャツにジーンズのようなシンプルなコーデでもなぜかオシャレに見える…そんな女性 …

海外のオシャレさんに学ぶ!Tシャツの着こなし方

目次1 「Tシャツ+デニム」のお決まりコーデから卒業したいなら、海外のオシャレさ …

今ある服で簡単に!お腹をカバーして魅せる着痩せコーディネート

ジーンズのウエストに乗っかるお肉や、タイトなワンピースを着るとお腹だけぽこっと出 …

大人女性の魅力を最大限に活かすためのワンピース選びとは

年齢を重ねるに従って、可愛らしいワンピースが着れなくなるのは残念だと思う女性はた …

今こそ知りたい!ブローチの素敵な活用法とは?

最近なかなか目にする機会のないブローチ。子供の頃は母親のドレッサーの奥にしまって …