今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

バストが大きい人はどんな水着を選ぶのが正解なの?

278fcfccb59f4480d56ddb8c8383e965_s
バストの大きい方は、水着選びをする際にあまりバストを強調しない物を選ぶというケースと、反対にバストを強調したタイプを選ぶという型に分かれます。バストが大きいことは、女性らしさをアピールすることにもなりますが、やはり他の方々が居合わせるプールや海で着用することが多いため、あまりにも胸元を強調しすぎるものは控えた方が良いでしょう。

バストが大きい方でもいやらしく見えない水着の選び方をご紹介します。

ホールドベルドの太いものを選ぶ

水着には様々なデザインがありますが、肩やアンダー部分のホールドベルトが太いものを選びましょう。細いものだと、どうしてもバストの重みで水着が全体的に下がってしまうことがあるためアンダーバストの部分がちらちらと見えたりする事があります。

また重力によって、全体的なバランスが下にいってしまうことで、かがんだ際にも直接バストが他人から見てしまうような心配もあります。

ホルダーベルトがしっかりと太いものであればこのような心配をせず、思い切り遊ぶことができるでしょう。さらにしっかりとバストを支えてくれるため水着の脇部分からバストのお肉がはみ出してしまうようなこともありません。しっかり水着の中に収まってくれるのでバストの形も綺麗に見せてくれます。

三角形より4分の3カップを選ぶ

水着を着る際に近年ではビキニタイプを選ぶ女性が多くなりました。バストが大きい方はビキニを選ぶ際に三角形のデザインよりも4分の3カップのデザインを選んだ方が良いでしょう。三角形の水着というのは、どうしても前述のように重力が下に下がってしまうため正面から見た場合のバランスが悪くなってしまいます。

また、バストが揺れやすくなるので例えば、ビーチボールで遊ぶ際などにも動きにくく自分のバストを常に意識しながら動かなければなりません。

4分の3カップであれば下からしっかりとホールドしてくれるため、ある程度激しい動きをした時でもバストの揺れもカバーしてくれます。また、バストの下よりも上側にボリュームを持たせることができるので、谷間そのものもY 字に広がってしまうのではなく、I 字にぴったりと寄せておくことができるでしょう。

しっかり露出を控えてキャミタイプもあり

バストが大きいことによって水着を着るといつも多くの視線を感じてしまうという方の場合には、海やプールに出かける際にも気が重くなってしまいます。そういった方の場合には、露出をしっかりと押さえたキャミソールタイプのタンキニと言われている水着を選ぶのもアリでしょう。

このようなタンキニであれば、キャミソールタイプの水着を着た上にもう1枚羽織ることになるので、バストの谷間などが直接他人から見えてしまうことはありません。上に羽織る上着でチャックの上げ下げをすることによって女性らしさや谷間のアピールも自分の思うまま自在になります。

足元やお尻などもしっかりと隠せるタイプのタンキニが多いので、こういったタイプを選べばバストだけではなく、全身の露出を控えて安心したリゾートタイムを過ごすことができます。

        
        

  関連記事

短い爪でかわいく見せるネイルカラーの塗り方とネイルデザイン

元々爪が短くて似合うネイルがわからず悩んでいる方や、仕事柄爪を伸ばすことやチップ …

不器用さんでも大丈夫、忙しい30〜40代向けの大人のグラデーションネイル

多忙な30代・40代は自分の時間がなく、なかなかネイルにまでは手が回らないかも。 …

服選びに疲れたあなたにオススメのファッション楽しみ方

ファッションには敏感でいたいと思っていても次々に新しいファッションが誕生するため …

足汗やニオイが気になるけどパンプスを履きたい!そんな時の対処法は?

これから暑い季節になると気になるのが、パンプスを履いた時の「足の汗」です。また、 …

マスクの選び方チェック!女性におすすめの製品も紹介

マスクの種類が多すぎて迷っている人も選び方・オススメをチェック 空気が乾燥する季 …

どんなショートブーツなら美脚に見えるの?ムートンはNG?

秋から冬にかけてのファッションマストアイテムの一つにブーツがあります。また近年で …

自分にあったベストパンツを見つける方法で、運命の1着に出会う!

本当に自分に似合うパンツ、持ってる? お腹周りやおしり、太もも、足の長さ…。パン …

疲れ顔・老け顔にさせているのはメイクのせい?!NGメイク5つ

きちんとメイクしているのになぜか素顔より老けて見えることに悩んでいる方も多いので …

もう悩まない!パンツと靴の鉄板コーデとは?

悩む人も多いのがパンツスタイルの場合の足元です。なんとなく毎回ワンパターンな靴を …

コーディネートにバイカラーを取り入れるべきな理由とは?

最近、大人気となっているのがバイカラーのアイテム。大胆な配色でもバイカラーになる …