今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

バストが大きい人はどんな水着を選ぶのが正解なの?

278fcfccb59f4480d56ddb8c8383e965_s
バストの大きい方は、水着選びをする際にあまりバストを強調しない物を選ぶというケースと、反対にバストを強調したタイプを選ぶという型に分かれます。バストが大きいことは、女性らしさをアピールすることにもなりますが、やはり他の方々が居合わせるプールや海で着用することが多いため、あまりにも胸元を強調しすぎるものは控えた方が良いでしょう。

バストが大きい方でもいやらしく見えない水着の選び方をご紹介します。

ホールドベルドの太いものを選ぶ

水着には様々なデザインがありますが、肩やアンダー部分のホールドベルトが太いものを選びましょう。細いものだと、どうしてもバストの重みで水着が全体的に下がってしまうことがあるためアンダーバストの部分がちらちらと見えたりする事があります。

また重力によって、全体的なバランスが下にいってしまうことで、かがんだ際にも直接バストが他人から見てしまうような心配もあります。

ホルダーベルトがしっかりと太いものであればこのような心配をせず、思い切り遊ぶことができるでしょう。さらにしっかりとバストを支えてくれるため水着の脇部分からバストのお肉がはみ出してしまうようなこともありません。しっかり水着の中に収まってくれるのでバストの形も綺麗に見せてくれます。

三角形より4分の3カップを選ぶ

水着を着る際に近年ではビキニタイプを選ぶ女性が多くなりました。バストが大きい方はビキニを選ぶ際に三角形のデザインよりも4分の3カップのデザインを選んだ方が良いでしょう。三角形の水着というのは、どうしても前述のように重力が下に下がってしまうため正面から見た場合のバランスが悪くなってしまいます。

また、バストが揺れやすくなるので例えば、ビーチボールで遊ぶ際などにも動きにくく自分のバストを常に意識しながら動かなければなりません。

4分の3カップであれば下からしっかりとホールドしてくれるため、ある程度激しい動きをした時でもバストの揺れもカバーしてくれます。また、バストの下よりも上側にボリュームを持たせることができるので、谷間そのものもY 字に広がってしまうのではなく、I 字にぴったりと寄せておくことができるでしょう。

しっかり露出を控えてキャミタイプもあり

バストが大きいことによって水着を着るといつも多くの視線を感じてしまうという方の場合には、海やプールに出かける際にも気が重くなってしまいます。そういった方の場合には、露出をしっかりと押さえたキャミソールタイプのタンキニと言われている水着を選ぶのもアリでしょう。

このようなタンキニであれば、キャミソールタイプの水着を着た上にもう1枚羽織ることになるので、バストの谷間などが直接他人から見えてしまうことはありません。上に羽織る上着でチャックの上げ下げをすることによって女性らしさや谷間のアピールも自分の思うまま自在になります。

足元やお尻などもしっかりと隠せるタイプのタンキニが多いので、こういったタイプを選べばバストだけではなく、全身の露出を控えて安心したリゾートタイムを過ごすことができます。

        
        

  関連記事

今すぐ購入できる!この10アイテムで着痩せコーデは完璧!

同じ体型でも、コーディネートや選ぶアイテムによって少しふっくらして見えたりスッキ …

視覚効果でキレイに可愛く、美人度をアップする方法

人間は目で見たものを脳で補整して認識します。その過程でさまざまな錯覚を起こします …

人とは違うファッションセンスを磨くには?必要なのは3つのポイント

Tシャツにジーンズのようなシンプルなコーデでもなぜかオシャレに見える…そんな女性 …

服の買い足しいらずの大人スニーカーのオシャレコーデ5選

スニーカーと合わせるコーディネートが流行していますが、カジュアルなアイテムである …

【ファッション初心者さんへ】ハイテンションに夏を彩る、ネオンカラーデビューへの4ステップ!

夏!ネオンのシーズンがやってきた! 出典:e-zakkamania 暖かくなると …

これでカンンペキ!気品のあるブラックフォーマルの選び方

結婚式やお葬式など、人生の中でも大きな出来事の際にはブラックフォーマルが必要にな …

白シャツでいい女を演出するコーデ!シンプルにかっこよくかわいく決める

白シャツのコーデが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。 下手をすると …

大人女性の魅力を最大限に活かすためのワンピース選びとは

年齢を重ねるに従って、可愛らしいワンピースが着れなくなるのは残念だと思う女性はた …

あなたは平気?男性が見てドン引きする女性のファッションはこれだ

女性は男性に比べるとファッションを意識しなければならない場面が多く、プライベート …

「またやってしまった!」買い物の失敗をチャラにする最善策を教えます

あまり好きな色ではない、サイズが微妙に合わない、この刺繍がなければいいのにな・・ …