今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ブラジャーの選び方が胸を台無しに!正しい選び方について

556cbb143ef44210f235072f189cd1c4_s
女性にとってブラジャー選びというのは非常に重要です。近年では可愛らしいデザインのものが多く出回っているため、選ぶ際にも本当に悩んでしまうでしょう。しかし間違ったブラジャー選びをしているとバストの形が悪くなってしまうことや、見た目が悪くなってしまうことも考えられます。

自分がどんな基準でブラジャー選びをしてるのかについて、改めて正しい方法をチェックしていきましょう。

パットの入れすぎはバストが崩れる

バストを少しでも大きく見せたいという思いから、パットをたくさん入れている女性は少なくありません。しかし、パットを良すぎてしまうとバストを圧迫してしまうことになるので最終的にはバストの形が崩れてしまいます。

またお洋服の下にブラジャーを着用し、そこでたくさんのパットを使用するとお洋服の上から見たときにも不自然な膨らみとなってしまうことがあるので注意してください。

自分では上から見ているので不自然さを感じなくても、正面から見た際には明らかに造らじゃとはバストそのものに段差ができているという女性もいます。パットを使用する際にはあまり厚みのあるものは使用せず正面から見た際に不自然ではないものを選びましょう。

近年ではブラジャーの生地の中にパットが縫い付けられているものもありますが、そういったブラジャーに加えてパットを使用すると不自然になってしまうことが多いです。

カップよりもアンダーを優先する

ブラジャー選びをする際にまずは自分のカップで選ぶ女性はとてもたくさんいるのですが、本来はカップの大きさよりもまずアンダーを優先した方が良いと言われています。自分のアンダーを知るためにはフィッティングが必要になりますが、アンダーをしっかりと意識した上でその後カップを選ぶことによって、今まで選んでいたカップより実際には一つ大きかったというケースもあります。

反対に実際には今まで選んでいたカップより小さかったというケースもありますが、この場合であっても、やはりバストのためには最もフィットするものを選ぶことが重要なので、カップが大きいものを選んでパットを詰め込んでしまうのは、間違ったブラジャー選びとなります。

ストラップは基本短めに調整する

ブラジャーを身につける際には基本的にストラップを使いますが、このストラップは基本的に短めの設定にしておきましょう。短めの設定にすると肩に食い込んで痛いという方もいるようですが、その場合には素材選びをしっかり行うことで痛みを感じることは少なくなります。

ストラップを長く調節してしまうと、バストが全体的に垂れ下がるような形なってしまうので、しっかり短めに調節し、さらには背中の後ろ部分を下に引っ張るようにして整えておきます。

常にこのようなブラジャー選びをして、さらに正しい付け方を知っておけば形が崩れてしまうことや、垂れてしまう事も防げるでしょう。またお洋服の上から見た際にも非常に美しいバストの形になります。

        
        

  関連記事

大人女性だからこそおしゃれに浴衣を着こなそう!

夏といえば、やっぱり浴衣です。夏祭りや、花火大会などやっぱり浴衣を着て出かけると …

紫外線はオシャレにカット!自分に合う帽子の選び方

強い紫外線の季節、日焼け止めや日傘もいいけれど、おしゃれに紫外線カットするなら断 …

あなたは平気?男性が見てドン引きする女性のファッションはこれだ

女性は男性に比べるとファッションを意識しなければならない場面が多く、プライベート …

『大人かわいい』を演出する髪型のポイント

大人かわいい髪型は『ふんわり感』がポイント!女性は髪型で若返る 髪型も常に流行が …

白いカラーのパンツを履くときはここに注意すればOK!

白いパンツを素敵に履きこなしたいというのは非常に多くの人々の理想ではないでしょう …

太めでもスキニーが履きたい!カッコよく履きこなせるポイントとは?

タイトなシルエットでコーディネートを引き締めてくれるスキニーパンツ。履きこなせれ …

体型やコンプレックスをカバーした理想のファッション紹介!視覚効果を利用しよう

ファッションは、上手に活用することによって体型やコンプレックスをカバーすることが …

長時間履いていても疲れないのは太いヒールに限る!

ハイヒールは女性にとってマストアイテムといえるのかもしれません。おしゃれをする時 …

間違った着痩せ知識で損してない?ホッソリ見えるコーデ術のおさらいで、薄着シーズンでも怖くない!

いよいよ薄着のシーズン…コーデで損してない? 出典:gu ぽっちゃり女子にとって …

ミニマリストに学ぶ無駄を省いたおしゃれの方法

たくさんのアイテムを持っていても、結局着るのはいつものコーディネートだったりしま …