今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

明日から実践!美脚に見せるためのテクニックをご紹介

876219b14f025d31e1fd86fb30411720_s
美脚に見えるパンツ選びというのは非常に難しいものです。ちょっとしたデザインの違いだけで美脚とは全く違う見え方になってしまうことがあります。自分が選んでいるパンツが美脚に見えないと悩んでいる方は、どこのポイントを重視すればよいのかをまずは知りましょう。

また美脚に見えるための歩き方や靴の選び方などにも意識を向けるとさらに良いです。

美脚に見えるパンツのデザインの選び方

まず第一に、美脚に見えるパンツというのはスリムタイプもしくは裾がフレアタイプのものになります。スリムタイプは足が細く見えるようなデザインとなっているので必然的に履くだけで美脚に見えます。

またこの際パンツの横部分にポケットが付いているものなどを避けて、シンプルなデザインのものを選べば選ぶほど美脚効果は高くなります。

裾がフレアに広がっているものは近年、バギーパンツなどとして人気を集めていますが、これもやはり足のラインが直接的に見えないので美しい脚のラインを想像させるものになります。あくまでも美脚に見えるというのは自分が見た時ではなく他人から見た視線になるので、このようなバギーパンツを選び、全体的なイメージをスタイリッシュかつエレガントなものにすると良いでしょう。

スリムタイプを履く自信がない方はこちらのタイプがおすすめです。

少しでもヒールのある靴を選ぶ

さて、美脚に見えるパンツ選びを行った際には靴選びもセットで行っていく必要があります。例えば前述したようなバギーパンツを履いた際、足元がペタンコのサンダルなどを履いていれば美脚効果は半減してしまいます。そのため、高さ等に関わらず、出来るだけヒールのあるものを選んでください。

このヒールは絶対に高くなければいけないというわけではありません。2cm であっても3cmであってもヒールが付いていれば、それだけでとてもスタイリッシュなイメージになります。

ペタンコの靴はどうしても下半身が太く見えてしまうデメリットがあるので、ヒール付きの靴を選び背が高く見えるような工夫をすると、全体のイメージもスリムに見えるため、大きなメリットに変わってくれます。

意外な落とし穴!歩き方にもポイントがある

自分の歩き方を意識しているという女性は少ないかもしれません。しかし美脚に見えるためにはここも大切なポイント。

何も考えずダラダラ歩いていると、疲れているように見えたり足そのものが非常にだらしなく見えてしまうことがあります。歩くときにはしっかりとお尻に力を入れてつま先を前に押し出すイメージで歩きましょう。

またスマホなどを触りながら背筋を丸めて歩いてしまうのもよくありません。しっかりと前を向いて背筋を伸ばすことも大切。美脚に見えるためのパンツ選びをしても、上記したような靴そして歩き方を意識しなければ美脚効果が薄れてしまうため、最大限に美脚効果を発揮するためこういったポイントも覚えておきましょう。

        
        

  関連記事

あなたは平気?男性が見てドン引きする女性のファッションはこれだ

女性は男性に比べるとファッションを意識しなければならない場面が多く、プライベート …

見つけたら即買い必須!しまむらのお財布ショルダーが大人気

いくつでも欲しい小さめショルダー、しまむらでは高級ブランドに引けを取らない可愛い …

今日から私もミニマリストに!厳選の10着で無駄をなくすポイントとは?

最近よく耳にするミニマリストという言葉。必要最低限のものしか持たないとされるミニ …

流行ファッションに踊らされないファッション流儀を身につけよう!

服が少ないのは、ダサいことじゃない! 突然ですが、「フランス人は10着しか服を持 …

市販のヘアカラー剤でキレイに染める!オススメヘアカラー

仕事や子育てで毎日忙しくなかなか美容院に行く時間が取れないと、カラーリングがプリ …

体型やコンプレックスをカバーした理想のファッション紹介!視覚効果を利用しよう

ファッションは、上手に活用することによって体型やコンプレックスをカバーすることが …

一気に垢抜ける!春夏トレンドをコーディネートに加えてみよう!

毎年様々な流行がある春夏ファッション。シンプルなコーディネートでもちょっと春夏の …

人とは違うファッションセンスを磨くには?必要なのは3つのポイント

Tシャツにジーンズのようなシンプルなコーデでもなぜかオシャレに見える…そんな女性 …

日本人の肌色にぴったりのグリーンで涼しげメイク術に挑戦しよう!

春~夏の暖かい季節になると、アイメイクも青や緑などの涼しげな色に挑戦したくなる方 …

ミニマリストに学ぶ無駄を省いたおしゃれの方法

たくさんのアイテムを持っていても、結局着るのはいつものコーディネートだったりしま …