今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

この夏はこれで安心!小胸でもオシャレで可愛い水着が選べる

eaa7690d08415a1fc3bf1382b86a6db8_s
バストが小さいと気になっている方は水着選びをする際にも、バストがコンプレックスになってしまい可愛らしいデザインや本当に自分が気に入ったデザインを遠慮してしまうことがあります。また、バストが小さいからといって水着そのものを着たくないと思ってしまうこともあるでしょう。ここではそういった悩みを抱える女性におすすめの水着をご紹介していきます。

立体的なデザインの水着を選ぶ

水着売り場には様々なデザインが並んでいますが、比較的胸が小ぶりな方は立体的なデザインの水着を選ぶと良いです。この立体的というのは特にバストの部分にお花のアレンジがしてあるものや、その他にもリボンのアレンジがしてあるものなどが望ましいでしょう。中にはレースアレンジがしてあるものもあります。

このように立体的なデザインのものはバストの大きさをしっかりとカバーしてくれるので実際にはバストが小ぶりであっても、見た目はある程度バストの大きさがあるように見える特徴があります。

もちろんパッドを使用するというのも良い方法ですが、まずは水着のデザインそのものにこだわっていきましょう。

ホワイトよりブラック系が良い

近年ではホワイトカラーやパステルカラーの水着も次々に販売されており、こうしたカラーらとても女性らしいので是非とも購入したいという女性がたくさんいます。しかし、バストに自信のない女性はこのようなホワイトカラーに近いものよりも、ブラックに近いものを選んだ方が良いでしょう。

なぜかというと、ブラックには着やせ効果があるのでブラックでしっかりウエストの見た目を引き締めることによって、トータル的なイメージが変わってくるからです。

ホワイトカラーを選んでしまうとくびれのないイメージなってしまいますが、ブラックカラーなら、くびれのあるイメージを与えることができるため、たとえ胸が小ぶりであっても胸よりもシャープなスタイルそのものに意識が向きます。

ホワイトカラーの水着は凹凸のない印象を与えてしまうので、できるだけブラックカラーに近いものを選んだ方が良いです。どうしても違うカラーが欲しい時には濃いめのカラーを選ぶようにしましょう。

ホックよりリボンタイプをセレクト

ビキニの水着を選ぶ際には胸の後ろ部分でホックを止めるというデザインのものと、首の所で止めるリボンタイプがあります。もちろん首の所で止めるリボンタイプも胸の後ろで結ぶためのリボンがついていますが、こちらの方がお勧めです。

ホックタイプのものは比較的全体的に硬い生地で作られていることがあり、カップからホックを結ぶベルト部分も伸縮性が少なく、前かがみになった時などにはカップそのものが歪んでしまう可能性が高くなります。そうなると万が一の際には大切なバストトップなどが、ふと他人から見えてしまうことになるのでリボンタイプがお勧めです。

リボンタイプであればしっかりバストにフィットさせてバストの後ろで結び、さらに首の下でもホルダー状にして結ぶことができるため、隙間からバストトップが見えてしまうということもありません。

バストを大きく見せたいというだけでなく、こういった部分も女性としてはしっかり意識しておきたいところです。

        
        

  関連記事

結婚式コーデは歳相応に選ぶことが重要!若作りに注意…!

結婚式にお呼ばれする回数というのは人によって違いますが、何10回もお呼ばれする方 …

夏も怖くない!ぷにょぷにょ二の腕をカバーしてくれるファッション術

半袖やノースリーブの服を着る機会の増える夏は、ぷにょぷにょした二の腕が気になる季 …

色の効果を使ってなりたい雰囲気を演出しよう!

服の色で印象が変わる?色のテクニックでイメージを変える! 色には様々な効果があり …

海やプールを楽しもう!気になる胸・お腹・お尻をカバー出来る水着紹介

夏が近づいてくると海やプールへのお誘いが増えたり、子供を連れて海へ遊びに行く機会 …

今ある服で簡単に!お腹をカバーして魅せる着痩せコーディネート

ジーンズのウエストに乗っかるお肉や、タイトなワンピースを着るとお腹だけぽこっと出 …

女性に人気なタトゥーの意味を知る!リスクについてもお忘れなく

おしゃれに強い興味がある女性の中には、タトゥーが気になるという方もいるのではない …

キレイでいたい!1日前髪をキープなら前夜からの対策がカギ

朝念入りに時間をかけて前髪をセットしたものの、午後になるとすぐに崩れてしまうとい …

お気に入りの洋服を長持ちさせる秘訣は洗濯方法にあった!

着やすい、必ずほめられる、着てると楽しい、いいことがある・・・そんなお気に入りの …

ヘナ染め、紅茶、コーヒーなどノンダメージでナチュラルに染める方法とは?

自宅や美容院で髪をカラーリングすると「髪のダメージ」や「かぶれ・かゆみ」が心配で …

キャサリン妃流/セレブな3色ファッションで好感度UPのコーディネートを!

ファッションの色の取り入れかたの基本は3色だと言われているのをご存知ですか?それ …