今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

この夏はこれで安心!小胸でもオシャレで可愛い水着が選べる

eaa7690d08415a1fc3bf1382b86a6db8_s
バストが小さいと気になっている方は水着選びをする際にも、バストがコンプレックスになってしまい可愛らしいデザインや本当に自分が気に入ったデザインを遠慮してしまうことがあります。また、バストが小さいからといって水着そのものを着たくないと思ってしまうこともあるでしょう。ここではそういった悩みを抱える女性におすすめの水着をご紹介していきます。

立体的なデザインの水着を選ぶ

水着売り場には様々なデザインが並んでいますが、比較的胸が小ぶりな方は立体的なデザインの水着を選ぶと良いです。この立体的というのは特にバストの部分にお花のアレンジがしてあるものや、その他にもリボンのアレンジがしてあるものなどが望ましいでしょう。中にはレースアレンジがしてあるものもあります。

このように立体的なデザインのものはバストの大きさをしっかりとカバーしてくれるので実際にはバストが小ぶりであっても、見た目はある程度バストの大きさがあるように見える特徴があります。

もちろんパッドを使用するというのも良い方法ですが、まずは水着のデザインそのものにこだわっていきましょう。

ホワイトよりブラック系が良い

近年ではホワイトカラーやパステルカラーの水着も次々に販売されており、こうしたカラーらとても女性らしいので是非とも購入したいという女性がたくさんいます。しかし、バストに自信のない女性はこのようなホワイトカラーに近いものよりも、ブラックに近いものを選んだ方が良いでしょう。

なぜかというと、ブラックには着やせ効果があるのでブラックでしっかりウエストの見た目を引き締めることによって、トータル的なイメージが変わってくるからです。

ホワイトカラーを選んでしまうとくびれのないイメージなってしまいますが、ブラックカラーなら、くびれのあるイメージを与えることができるため、たとえ胸が小ぶりであっても胸よりもシャープなスタイルそのものに意識が向きます。

ホワイトカラーの水着は凹凸のない印象を与えてしまうので、できるだけブラックカラーに近いものを選んだ方が良いです。どうしても違うカラーが欲しい時には濃いめのカラーを選ぶようにしましょう。

ホックよりリボンタイプをセレクト

ビキニの水着を選ぶ際には胸の後ろ部分でホックを止めるというデザインのものと、首の所で止めるリボンタイプがあります。もちろん首の所で止めるリボンタイプも胸の後ろで結ぶためのリボンがついていますが、こちらの方がお勧めです。

ホックタイプのものは比較的全体的に硬い生地で作られていることがあり、カップからホックを結ぶベルト部分も伸縮性が少なく、前かがみになった時などにはカップそのものが歪んでしまう可能性が高くなります。そうなると万が一の際には大切なバストトップなどが、ふと他人から見えてしまうことになるのでリボンタイプがお勧めです。

リボンタイプであればしっかりバストにフィットさせてバストの後ろで結び、さらに首の下でもホルダー状にして結ぶことができるため、隙間からバストトップが見えてしまうということもありません。

バストを大きく見せたいというだけでなく、こういった部分も女性としてはしっかり意識しておきたいところです。

        
        

  関連記事

明日から実践!美脚に見せるためのテクニックをご紹介

美脚に見えるパンツ選びというのは非常に難しいものです。ちょっとしたデザインの違い …

30~40代女性におすすめファッション!夏のマストアイテム5選

春から夏に季節が変わり、街を歩く女性のファッションもずいぶんと薄着に変わってきま …

痛々しいヘアスタイルしてませんか?アラサー・アラフォーのアレンジポイント

美肌ケア力がアップして、見た目年齢マイナス5歳、10歳というアラサー・アラフォー …

お気に入りの洋服を長持ちさせる秘訣は洗濯方法にあった!

着やすい、必ずほめられる、着てると楽しい、いいことがある・・・そんなお気に入りの …

男ウケの悪いワーストフッァッション3つと、改善ポイントの説明!

女子が大好きなトレンドの中にも、男ウケの悪いワーストファッションが… ネイルアー …

どれだけ使いこなしてる?サングラスのおしゃれ活用法

サングラスはメイクをせず女性が外に出る際やその他にも男性がヘアスタイルを整える際 …

30歳過ぎてもショートパンツを!大人ならではの着こなしコーデ紹介

太ももが丸見えになってしまうショートパンツをそろそろ卒業しないといけないと思って …

今年の春も上下デニムコーデでせめる!失敗しがちなポイントとは?

2016年の春に注目されているのが「デニムonデニム」と呼ばれるコーディネートで …

オシャレは足元から!靴の寿命を延ばす、靴の素材別管理のコツ

オシャレな人はコーディネートのセンスはもちろん、いつも新品のようにキレイな靴をは …

ヘナ染め、紅茶、コーヒーなどノンダメージでナチュラルに染める方法とは?

自宅や美容院で髪をカラーリングすると「髪のダメージ」や「かぶれ・かゆみ」が心配で …