今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

必見!美白化粧品を使わなくてもヘアカラーで肌を明るく見せる方法

04053849feff416b9dbdb442631e02f0_s
女性なら誰もが気になる美白!白く美しい肌を保つために、紫外線対策や美白コスメの使用など、みなさん色々な工夫や努力をされていると思います。けれど、生まれ持った肌の色よりも肌を白くすることはできません。一生懸命美白をがんばっているのに、どうしても憧れの白肌に近づけない…。そんな悩みを持つ方に試してほしいのが、ヘアカラーで肌を明るく見せる方法です。

ここでは、肌色のタイプ別にどんな髪色にすれば肌色が白く明るく見えるのかをご紹介します。

自分の肌色のタイプを知る方法

肌色のタイプは大きく分けて2つ。黄みの強い「イエローベース」と青みの強い「ブルーベース」に分けられます。以下に挙げる項目で当てはまるものが多かった方があなたの肌タイプということになります。

イエローベースの特徴

  • 肌色は黄色っぽい
  • ファンデはイエローオークルの方がなじみがいい
  • 頬や唇の血色はオレンジ系または肌色と変わらない
  • 日焼けをすると黒くなる
  • 暖色系の服やメイクの方が似合うと言われる

ブルーベースの特徴

  • 肌色は青みがかっている
  • ファンデの色はピンクオークルの方がなじみやすい
  • 頬や唇の血色は濃いピンク~赤
  • 日焼けをすると赤くなった後白くなり、黒くはならない
  • 寒色系の服やメイクの方が似合うと言われる

それぞれの肌タイプに合わせたヘアカラーを選ぶことで、肌と髪の色のバランスが良くなり肌色をキレイに見せてくれます。逆に自分の肌タイプと真逆の色を選んでしまうと肌と髪の印象がちぐはぐになり、肌色がくすんで暗く見えたり、シミやシワが目立ってしまいます。次に、肌タイプ別のおすすめヘアカラーをご紹介します。

イエローベースさんの肌をキレイに見せるヘアカラー

イエローベースには黄みのある色やマットな質感のカラーリングがおすすめです。例えば、オレンジ、イエロー、ゴールド、オリーブ、ナッツ、チョコレート、マロンなど。ピンク系のブラウンにするのなら、オレンジ系に近いサーモンピンクがおすすめです。

色素の薄いタイプのイエローベースさんはツヤのあるソフトなカラーを、肌のくすみが目立ちやすいイエローベースさんにはマットな質感のカラーを選ぶとよりいっそう肌の白さや透明感を引きたててくれます。

ブルーベースさんの肌をキレイに見せるヘアカラー

ブルーベースさんは青みや涼しさを感じるヘアカラーがおすすめです。例えば、ピンク、ローズ、ワインレッド、パープル、バイオレット、アッシュなど。黄みや赤みの少ないブラウンを選ぶのがおすすめです。ピンクやアッシュなどの色味を感じないブラウンにするのなら、ココアブラウンのようなふんわりとした質感のブラウンを選ぶようにしましょう。

色素の薄いタイプのブルーベースさんはパステルやペールトーンのようや柔らかさを感じるカラーが、肌や瞳の色のコントラストがはっきりしているブルーベースさんはパキッとした発色の良いヘアカラーがぴったりです。

透明感抜群!グレー、ベージュは万人受けするカラー

日に透けると白っぽく光って透けたような質感の出るグレー、ベージュ系のヘアカラーは髪をふんわり軽やかに見せてくれる上に、顔周りを明るくして肌色を白く明るく見せてくれる効果があります。また、グレーやベージュ系にするには明るく染めた時に気になりがちな黄みや赤みを消してくれるので、上品な雰囲気にしてくれる色でもあります。10代20代の若い女性はもちろん、30代40代以上の大人の女性でも抵抗や違和感がなく試せるヘアカラーです。

ダークトーンカラーはコントラストで美白効果

黒髪またはダークトーンのヘアカラーは、肌色とのコントラストで肌が白く明るく見える効果があります。ただし、真っ黒な髪はブルーベースの方に似合うカラーで、イエローベースの方が全くカラーリングしていない黒髪にすると顔色をくすませてしまいます。

そのため、イエローベースの方は素のままの黒髪にするのではなく、ダークトーンのヘアカラーをするのがおすすめです。イエローベースの方におすすめの黄みや赤みのあるカラーをのせるとグッと肌なじみがよくなり、ヘアカラーによる美白効果を実感しやすくなります。

自分にぴったりの色を選んでヘアカラーで美白しよう!

多くの女性がしているヘアカラーは、自分の肌タイプに合わせた色の選択をするだけで肌を白く見せる美白効果まであります。今回ご紹介した美白効果のある色は服にも応用できます。ただ、服は毎日変えるのでいつも同じ色を着るというわけにもいきません。職場によっては制服があって自由に色を選べないこともあります。

しかし、髪色なら自分の好きな色が選択でき、ダークトーンのカラーでも色味の違うブラウンを選べばくすみのない透明感のある肌を演出してくれます。せっかく髪を染めるのなら、肌をキレイに見せてくれる色を選んで美白効果を感じてみてはいかがでしょうか?

        
        

  関連記事

【ファッション初心者さんへ】ハイテンションに夏を彩る、ネオンカラーデビューへの4ステップ!

夏!ネオンのシーズンがやってきた! 出典:e-zakkamania 暖かくなると …

太めでもスキニーが履きたい!カッコよく履きこなせるポイントとは?

タイトなシルエットでコーディネートを引き締めてくれるスキニーパンツ。履きこなせれ …

くせ毛でも縮毛矯正は嫌な人必見!プロがオススメするヘアアイロン

ハネがあったりうねりが出たり、思ったようにセットしにくいくせ毛で悩む女性は多いで …

基本的なくるりんぱのHow to、失敗の原因と改善策をご紹介します

くるりんぱって何?失敗の原因は? 出典: sumally.com くるりんぱとは …

『大人かわいい』を演出する髪型のポイント

大人かわいい髪型は『ふんわり感』がポイント!女性は髪型で若返る 髪型も常に流行が …

次のデートでトライしたい!男性の心を動かす魅力的なファッションコーディネート4選

結局気になる、オトコ受け…! 大好きなジャンルのファッションを、自分なりに楽しむ …

今こそ欲しい!オシャレでリラックス出来る部屋着の選び方

毎日部屋に帰ってくると、真っ先に部屋着に着替えるという人も多いのでは?リラックス …

足汗やニオイが気になるけどパンプスを履きたい!そんな時の対処法は?

これから暑い季節になると気になるのが、パンプスを履いた時の「足の汗」です。また、 …

スタイル良く魅せるコーデのポイントを【コンプレックス別】に紹介します!

「スタイルが良くなりたい!」は、すべての女性の総意です! 背が低い、足が短い、下 …

自分にあったベストパンツを見つける方法で、運命の1着に出会う!

本当に自分に似合うパンツ、持ってる? お腹周りやおしり、太もも、足の長さ…。パン …