今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

その髪型、老けて見えますよ!こうやって解消しよう

同窓会や女子会にいくと、同い年なのに随分顔の印象が違う。「え?全然変わらない」「むしろ若返ってる」という人と「うわ〜、老けたなぁ」という人いますよね。

そしてあなたはどちらでしょう?自分のことは意外に見えていないもの。後者にならないよう注意したいものです。

女性の老け顔の特徴というのはけっこうはっきりしていて「目尻や顔全体のシワ」「くっきり刻まれたほうれい線」「肌のハリのなさ、くすみ、たるみ」「頬のラインやあごのラインのすっきり感のなさ」などなど、顔の印象が大きいですが、同じくらい髪型の影響も大きいのです。ここでは老けて見える髪型と、その解消法をまとめておきます。

その髪型、老け顔の原因かも?

老け顔をつくる髪型

以下の項目で当てはまるものはありますか?

  • 何年もメイクやへアスタイルを変えていない
  • ベリーショートやロングヘア
  • ボリュームがなく、ペタンとしている
  • 前髪をアップにしている、前髪が作りにくい
  • 真っ黒、もしくは逆にすごく明るいヘアカラー
  • ムースやスタイリング剤でびしっとセットしている
  • いつもきっちりまとめている
  • いつも最先端のヘアスタイルを追いかけている
複数あてはまる方、確実に老け顔化、進んでいます。

若い時は髪自体が健康でボリュームもあって艶やかですが、年齢とともに頭皮も顔と同じように弾力や水分を失い、髪もやせて細くなっていきます。そうした髪(そして顔)の変化に関わらず、ずっと同じ髪型を続けていると、老けてみられる原因になりやすいのです。ボリューム不足や分け目の地肌が目立つ原因にも。

同様に髪(そして顔)の変化に関わらず、20代と同じような最先端のメイクやヘアスタイルを追うのも、ギャプが生じてかえって実年齢が表れてしまいがち。今の自分の髪質や顔にあった、なおかつ欠点をカバーする髪型が大切です。

髪の長さは顔の輪郭カバーを心がけて!

男性のようなベリーショートは手間がかからず人気のヘアスタイルですが、顔の露出度合いが大きくなる分老けた印象を持たせてしまう危険も大きくなります。ショートでも少しシャギーを入れ動きをつけることで、加齢でぼんやりとしがちな顔のラインが解消され、モダンで若々しい印象を与えられます。

またロングヘアも目線が下に引っ張られ、たるんだ感じが強くなりがち。カラーリングをしていると艶やかな髪を保つのも難しいですし、毎回の洗髪も面倒です。

カラーリングを含めたケアのことも考えると、鎖骨くらいまでの長さが便利。また面長に見えるよりは丸いシルエットにした方が若く見えます。

顔の輪郭に沿ってレイヤーをいれたり、少し非対称でラフな感じにして動きを出すことで、たるみもカバーでき、顔のシワなどからも視線をそらすことができます。前髪を作っておでこを隠すのも効果的。

髪のボリュームはあげていこう

若い頃は元気だった髪も、年齢とともに髪自体が細くなり、ぺたんとなりがち。最近は女性の抜け毛問題も急増、髪の量も含めてボリュームがなくなってくると、貧相に見えやすく、またヘアスタイルも作りにくくなります。

ストレートパーマや縮毛矯正も、よりボリュームをなくしてしまうので要注意。反面、少ない髪を多く見せようと、スタイリング剤で持ち上げたりする人もいますが、不自然な盛り髪もかえって古い印象を与えてしまいます。

ボリュームが出せるようなふわっとしたパーマなど自然な動きのある髪型で、輪郭をカバーしながらボリュームアップしましょう。セットする時も根元にドライヤーをあてて、髪を持ち上げるようにブラッシングするだけでも効果があります。抜け毛や髪のやせには頭皮のエイジングケアも心がけてくださいね。

髪の色は暗すぎず明るすぎずツヤ重視で

きれいな黒髪は魅力的ですが、年齢とともに顔色がくすんでくるため、黒すぎる髪はどうしても暗い印象を与えてしまいます。また額縁効果でかえって顔の輪郭のぼやけを強調してしまいがち。少し明るめのカラーのほうが、顔色を明るく優しく見せてくれます。

とはいえ、明るすぎる色もメイクとのバランスで作った感じを強めて、変に若作りな印象を強めますので要注意。ただ、ツヤがある髪は若々しく見えるので髪の色にツヤ感をプラスすることは大切!メイクのことも考えて、自分の肌色にあったカラーリングを心がけましょう。

老け顔脱出は輪郭とのバランス重視で

年齢によって顔や髪質は変化するので、似合う髪型も違ってきます。老け顔防止のポイントは、顔とのバランス

フェイスラインに自信がある方はよいですが、重力負けしてほおやあごのラインのたるみやぼやけが気になってきたら、それをカバーする髪型にしてみましょう。ぐっと顔の印象が変わって、若々しく見えます。

いつもは自分でケアしていると言う人も、たまには美容院にいって専門家の意見を聞いたり、流行のヘアスタイルをチェックするものもよいかも。技術面でも日々進化しているので、あなたの髪質や顔の感じにあったものを提案してもらえると思います。

自分でセットする時は、ナチュラルで動きがある髪で、決めすぎないのがポイント。全体に軽やかな雰囲気で老け顔から脱出しましょう!

        
        

  関連記事

持ち方次第で女度アップ!女性らしい上品なバッグの持ち方とは?

みなさんは普段バッグの持ち方は意識されているでしょうか?毎日使っているバッグは自 …

危険!知っておきたい安くて可愛いレディース靴のリスク

パンプスやブーツ、サンダル、季節やファッションに合わせて靴もいろいろ揃えたいです …

値段は気にしない!安い服を高く見せるテクニック

存分にオシャレを楽しみたいと思っても金銭的な部分から思うようにファッションアイテ …

ボーダーでモテるのはどんなコーデ?おしゃれさんのボーダー術

ボーダーシャツはカラーバリエーションやボーダーの幅そのものも非常に多く、複数枚を …

基本的なくるりんぱのHow to、失敗の原因と改善策をご紹介します

くるりんぱって何?失敗の原因は? 出典: sumally.com くるりんぱとは …

太めでもスキニーが履きたい!カッコよく履きこなせるポイントとは?

タイトなシルエットでコーディネートを引き締めてくれるスキニーパンツ。履きこなせれ …

めざせ海外セレブ!海外メーカーファッションで意識UP、駅ビルファッショングッズはNG!

海外のファッション雑誌や各種セレブ情報系サイトのおかげで、海外セレブ事情もデイリ …

洋服はたくさんあるのに着る服がない!原因と対処法とは?

洋服が少ないわけでもないのに、これから出かけるという時になって「どうしよう!着て …

ピアスホールの膿みは汗をかく夏場に特に注意が必要!その原因や対策とは?

ピアスホールの膿みは悪化する前に適切に対処しよう! 夏場になると、ピアスホールに …

ベーシックは地味?洋服は流行を選んでいれば間違いないのか?

女性のファッションは季節ごとにくるくると変わり、昨年は大流行したデザインなのに今 …