今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

キャサリン妃流/セレブな3色ファッションで好感度UPのコーディネートを!

ファッションの色の取り入れかたの基本は3色だと言われているのをご存知ですか?それを実践しているのが、英国のキャサリン妃

おしゃれで着こなし上手な彼女は、世界中のセレブ層にもお手本にされるファッションリーダー。その彼女のおしゃれの基本コーデが「3色ファッション」なのです。キャサリン妃の3色ファッションをマスターして、好感度UPのコーディネート術を取得しましょう。

セレブな3色ファッション徹底解析

キャサリン妃流3色ファッションとは

キャサリン妃のスナップ写真を見ると、洋服、小物や靴までトータルしても合計で3色までしか使用していないのがわかります。色を使いすぎず3色をバランスよく組み合わせることで、無駄のないまとまった上品スタイルを実践しています。

一例をあげると

  • 鮮やかなブルーのワンピース・ダークカラーのジャケットと靴の色
  • バッグとシューズを同じ色にしてフォーマルドレスも上品に
  • クラッチバッグとコートのボタン、ショートブーツとコート、と同系色でまとめる
  • ギンガムチェックのシャツ、ブルージーンズに合わせた同色ブレザー、金ボタンとウェッジソール

フォーマルな日もカジュアルな日も、3色もしくは2色構成でコーディネートしているのです。着こなしが難しそうな色物でも3色以内に抑えることで上品でまとまった印象を与えます。色をあれこれ加えたり重ねるのではなく、できるだけ組み合わせる色数を消去していくことでキャサリン妃流3色ファッションに近づくことが可能です。

なぜ3色なの?それには理由があります

色には同系色だとまとまって見える効果があります。逆に多くの色が入っていると、視点があちこちに飛んでしまいまとまり感が失われてしまうのです。また色には相性のいい色というのがありますが、4色以上になると色の組み合わせも難しくなって、ちぐはぐな印象を与えやすくなります。

いろいろな色が入った柄ものや、またバッグやアクセサリーなどの小物類を含め、無意識にたくさんの色をまぜてしまいがちなので、意識して全体の服の色を3色くらいに収めてみましょう。

3色ファッションを心がけることで、自然にインナーとバッグ、バッグとクツという形で同系色の組み合わせとなり、見た目の統一感がぐっとアップしておしゃれ度が上がるのです。

3色コーディネイト攻略方法

主役カラーを最初に一色決める

まず最初にその日のコーディネイトの主役カラーとなる色を決定します。その色に合わせて他の2色を決めます。

色の組み合わせには、バッグや靴、アクセサリーも含まれます。カジュアル/フォーマル、室内/屋外などのシチュエーションも意識して色選びを行いましょう。

もし主張したいアイテムがある場合、たとえば新しく買った白のジャケットや、緑のバッグを主役アイテムにしたい場合、それを引き立てる色を組み合わせてもよいですね。

配色バランス

配色のバランスとしては以下を参考に組み合わせてください。

ベースカラー(基調色)約6割

コーディネートの中で一番大きな面積を占め、全体のイメージを決める色です。アイテムでは、スーツやワンピース、コートなどに適しています。

アソートカラー(配合色)約3割

ベースカラーとアクセントカラーをなじませる色です。インナー、トップス、またパンツやスカート、小物などに適しています。

アクセントカラー(強調色)約1割

コーディネートに変化をつけたり、ベースカラーを引き立てたてる色です。白に対する黒のように、ベースカラーやアソートカラーと対照的な色を使う場合が多いです。靴やバッグ、ベルトや帽子、アクセサリー等が適しています。

意外と見落としがちなのが髪の色やネイル。日本人の場合は自然と黒髪やブラウン系が多めだと思いますが、それも1色であることを意識しておきましょう。

柄物の場合は?

花柄のブラウスなど柄物のアイテムの場合は、そのアイテムのベースとなっている色を主役カラーにしましょう。白地に花柄なら白がベースカラーとなります。それを基準にまとめることで、トータルバランスが取れます。

トーンを合わせよう

トーンとは「濃い/薄い」「明るい/暗い」「鮮やか/くすんでいる」などの色調のことです。同じ色でも素材などでトーンは異なります。それを合わせることで全体的なまとまり感が出ます。

6:3:1の差し引きで好感度UPをめざそう

キャサリン妃の場合、バッグと靴の色、ドレスと指輪の色を合わせたり、ワンピースのシンプルさを引き立てるような小物使いもしていらっしゃいます。ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの選び方、差し引きの計算も上手なのです。

最初からキャサリン妃クラスはなかなか難易度高いですが、まずは6:3:1を意識しながら、自分に似合う色の組み合わせを見つけてくださいね。そのためにも自分のワードローブを把握しておくことは大切!新しいアイテムを購入する際にも、組み合わせを考えてアイテム選びをすると、無駄なくおしゃれ度を高めることができますよ!

        
        

  関連記事

美的なオールブラックのファッションコーディネートのポイント

黒と言えば、無難で使いやすく誰でも1つは持っている服の色です。シックで落ち着いた …

海外のオシャレさんに学ぶ!Tシャツの着こなし方

目次1 「Tシャツ+デニム」のお決まりコーデから卒業したいなら、海外のオシャレさ …

必見!美白化粧品を使わなくてもヘアカラーで肌を明るく見せる方法

女性なら誰もが気になる美白!白く美しい肌を保つために、紫外線対策や美白コスメの使 …

流行ファッションに踊らされないファッション流儀を身につけよう!

目次1 服が少ないのは、ダサいことじゃない!2 流行ファッションに踊らされないフ …

洋なし体型さんにイチバン似合うコーディネート5選!

出典:titivate 洋なし体型のコンプレックス、洋服で覆い隠してない? 下半 …

アラサー・アラフォーにお薦めカラーリングとNGヘアスタイル

年齢とともに髪質が変化して、やせてボリュームがでにくかったり、パサついたり。また …

プチプラアイテムを厳選!肩幅が広くても似合うコーディネート提案4選

「女の子っぽい肩幅になりたい…」肩幅広い女子集まれ! 「華奢な肩幅は、女性らしさ …

年代別ピンクで魅力的な女性になる♪選ぶ時の注意点はここ

女性らしさを連想させるカラーとして代表的なのがピンクです。ですが、ピンク色のアイ …

長時間履いていても疲れないのは太いヒールに限る!

ハイヒールは女性にとってマストアイテムといえるのかもしれません。おしゃれをする時 …

失敗しないために!イメージ通りになるヘアカットのオーダーの仕方

美容院は自分磨きのための秘密基地。でも、なかなか自分のイメージ通りにならなくて、 …