今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

めざせ海外セレブ!海外メーカーファッションで意識UP、駅ビルファッショングッズはNG!

海外のファッション雑誌や各種セレブ情報系サイトのおかげで、海外セレブ事情もデイリーに触れられるようになりましたね。Facebookやインスタグラムで、セレブ本人がデイリーに情報発信していることもあって、意外と身近に感じられるかも。

それにしても海外セレブって、フォーマルだけじゃなくて、ちょっとした普段着でもすごくおしゃれですよね。どうしてあんなにかっこいいのでしょうか?海外セレブに憧れてるあなたにそのヒントを教えます。

駅ビルファッショングッズではなく海外メーカーファッションで自分チェンジ!

海外セレブに駅ビルファッショングッズがNGなわけ

通勤や通学でちょっと立ち寄って買えるのが便利な駅ビルのファッションストリート。そこそこおしゃれでプチプラアイテムが豊富で、気がつけばワードローブに増えていませんか?海外セレブを目指すならちょっとそのワードローブ、見直してください。

駅ビルって不特定多数をターゲットにしているので、「これぞトレンド!」といった人気アイテムを前面に出しています。人気アイテム=誰もが好きなもの、つまり似たようなアイテムになってしまいがち

またスーパーなどの量販店も売れ筋といわれる、万人受けアイテムを販売しているので、無難ではあるけれど画一的というか、“電車の中に同じようなコーディネイトの人が複数いる”“写真を撮るとみんな同じに見える”という残念な傾向が。

セレブファッションに憧れるのなら、駅ビルや量販店で洋服を揃えるのはちょっとストップしてみませんか?せっかくお金を出すのですから、少しでもセレブ感覚が楽しめるお買い物をしましょう。

海外セレブの御用達ファッションを取り入れよう

セレブと同じようなファッション、といっても高級ブランドを買うという意味ではありません。海外セレブもカジュアルラインなどは意外とお手頃価格のアイテムを上手に活用していますよね、たとえばキティちゃんTシャツとか、ユニクロアイテムをプライベートで着ているセレブの写真も見たことがあるのでは?

ネット通販を使えば、海外のセレブ愛用アイテムを日本にいながらにして購入できます。ファッションリーダーのミランダ・カーが専属モデルをつとめたことでも有名な「Victoria’s Secret(ヴィクトリアズ・シークレット)」のような、セレブが愛用する通販ショップのサイトや、愛用ブランドを集めたセレクトショップ型のサイトなど、チェックしてみるだけでも楽しいです。

また、海外から日本に進出している外資系ファストファッションも要チェック。人気のZARAやH&M、Forever21などは、海外テイストに気軽に触れることができます。こうしたアイテムを見ていると、色使いやデザインなど、日本のカジュアル系や国内ファストファッションとは違うことがわかると思います。

正直、今までのワードローブに取り入れるのにはちょっと勇気がいるかもしれませんが、そこで大切なのは脱・無難、ファッション意識改革!今までの“ありふれた”自分を見直す機会を作ることがポイントなのです。インナーやアクセサリーなどの小物からでもいいのでまずはトライ!

海外セレブのファッションスナップなども参考に

もちろん全部を海外メーカーのアイテムに切り替える必要はありません。特徴的なアイテムを組み合わせるだけでもぐっとセレブ感がアップ!とはいえ、駅ビルファッションに慣れてしまっていると、最初はどうコーディネイトすればいいか悩んでしまうかもしれませんね。

そういう場合は、好きなセレブのインスタなどでファッションをチェックしたり、海外セレブのファッションスナップサイトを参考にするのもお薦めです。逆にそこで気になったアイテムやそれに似たデザインのものをゲットするのでもOK!

本当に見ているだけでも楽しいですし、常に先端ファッション情報に触れることでセンスを磨けそう。今までの自分から一歩踏み出して、憧れの海外セレブファッションに近づいてみませんか?

        
        

  関連記事

ボブヘアーでもキレイにまとまる結婚式ヘアアレンジ5選

結婚式の招待状が届く度に髪型はどうしようか悩む女性はとても多いです。特にボブヘア …

若作りNG!痛いファッションに気をつける!よくあるアラサーファッションの悩み

アラサーになると、それまでとは服の選び方のポイントが違ってきます。特に、「痛いフ …

パンツのサイズを上げて脚長効果!な小ワザ術3つ

ちょい大きめサイズのパンツで足が長く見える!? 長らく続いたピチピチローライズパ …

紫外線はオシャレにカット!自分に合う帽子の選び方

強い紫外線の季節、日焼け止めや日傘もいいけれど、おしゃれに紫外線カットするなら断 …

ヘアのトップをふんわりさせて老け防止!そのコツは?

「年々髪のボリュームがダウンしてきた」「トップがぺたんとなる」・・・年齢に比例し …

30代だってショートパンツを履ける!着こなし術のポイント

30代は20代と違い女性は特に自分の中での変化を感じる年代となります。そのため2 …

嫌われ女子の特徴は靴やカバンの“お手入れ”にあった!

革製品のお手入れ上手は女子に好かれる! 洋服に似合った素敵なバッグや靴はおしゃれ …

ヘナ染め、紅茶、コーヒーなどノンダメージでナチュラルに染める方法とは?

自宅や美容院で髪をカラーリングすると「髪のダメージ」や「かぶれ・かゆみ」が心配で …

髪型・メイクで瞬時に小顔にチェンジ、小顔トリックとは?

ウエストより同性チェックが厳しいのは顔太り。なかなかやせないのに、最初に脂肪がつ …

若い人しか着られない? いいえ!大人の女性こそコーディガンに挑戦!

秋冬の不安定な天気には着るものも迷ってしまうもの。そこで今シーズンはコーディガン …