今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

視覚効果でキレイに可愛く、美人度をアップする方法

人間は目で見たものを脳で補整して認識します。その過程でさまざまな錯覚を起こします。たとえば同じ色なのに周囲の色の影響で暗く見えたり明るく見えたり、同じ長さの直線でも矢印マークの付け方で長さが違って見えたり。

そうした視覚効果を利用することで、色白美人をめざしたり、スリムに見せたりすることが可能なんです。いくつかの事例をまとめてみました。

視覚効果でここまでできる!美肌、小顔、スリムボディ

視覚効果で美肌づくり

発色のよい鮮やかリップで美白度アップ

年齢とともにくすみがちな肌。発色のよい鮮やか色のリップを使うと、視覚効果で肌が白く若々しく見えます。濃い色と薄い色が並ぶと、対比で濃い色はより濃く、薄い色はより薄く感じられるためです。

また目線が唇に集中するのでシミやシワからも目がそらせます。逆にベージュ系の口紅やグロスだと唇自体のくすみをカバーできず、顔の印象をぼやけさせてしまい年齢以上に老けて見える恐れあり。

とはいえ、唇や肌になじむ色でなければ悪めだちしそう。自分の年齢肌にあった色を見つけてくださいね。

発色の良い口紅はべったりと塗るのではなく、軽く色が乗るように塗るのがポイント。ティッシュで余分なテカリを落とすと自然に見えます。

肌色より濃いめの色で美白度アップ

自分の肌色よりも少し暗めのベージュの服を着ると、実際より明るい肌色に見えます。逆に自分の肌色より明るいベージュや白は避けましょう。

視覚効果で小顔度アップ

メイクは陰影重視で

ファンデーションは色白効果を狙って全体的に明るめに仕上げると、膨張効果で顔が大きく見えがち。またのっぺり平面的に見えるメイクもNGです。

目頭や頬・顔の輪郭線にシェーディング(陰影)を入れ、眉毛の間〜鼻の頭、目の下といった出ている部分にハイライトを入れましょう。メイクにメリハリをつけ陰影を作ることで顔に立体感が出て小顔に見せることができます。

ヘアスタイルは気になるところをカバー

前髪を多めにすることで顔の面積を小さくし、トップにはちょっとボリュームを出しサイドは抑えめにすることで小顔効果が出ます。またエラが気になる場合は、手前にカールがくるようにしてフェイスラインを包み込むことで小顔に見えます。

小顔ファッション

Vネックやほどよい開襟タイプは、首周りをシャープに見せ、小顔効果を発揮します。また、大きめの襟が付いている等、視点をずらすことで小顔に見せることが可能です。

イヤリングやネックレスなどのアクセサリーをつけても同じ効果を狙えます。首を隠すタートルネックも肌の露出面積が狭くなり、輪郭をはっきりさせるので意外に小顔効果があります。

視覚効果でスリム度アップ

ストライプ柄は細く見える

縦縞のストライプ柄には目線を上下に誘導して縦のラインを強調し、それによって細く見せる効果があります。ワイシャツなどもストライプ柄にすることで着痩せ効果を狙えます。逆にボーダー柄(横縞)を着ると横幅を強調してしまうため、ぽっちゃりさんの場合、余計に太って見えます。

長目のカーディガン、マキシスカートで楯ラインを強調

ストライプ効果と同じく、長目のアイテムは楯ラインを強調することでスリムに見えます。丈が長目の上着、ロングスカートやマキシ丈ドレスなどもスリム効果抜群。

膨張色、収縮色を使い分ける

膨張色とは明度が高く、他の色と比較すると膨らんだり広がってみえる色のこと。明るいホワイトや、レッド、イエローなどの暖色系が該当します。逆に明度の低いブラックや寒色系のブルーなどの色は、実際より縮んだり小さく見えるので収縮色と呼ばれています。

ぱっと考えると痩せて見せたいなら収縮色を着るのが基本ですが、明るい色ほど軽く、暗い色ほど重く見えるという錯覚もあるので、ややこしいですね。長目の黒のカーディガンを着て中に白のブラウスを着る、またはその逆といった長さとのコラボで、上手に縦ライン×軽さを演出してください。

お腹カバーでラインをすっきりと

体にフィットするアイテムは、おなかや二の腕などの余分な脂肪を強調してしまうこともあります。そういった部位は、アイテムにボリュームを持たせて隠し、ボトムにぴったり目のパンツやスパッツ、ロングスカートを合わせることで、ほっそり見せることができます。

ファッション、メイクの色、明度、柄×楯ラインで「キレイ」を演出

美肌、小顔、スリム、女性にとってこれらは女性力を高める嬉しいキーワードですよね。実際に追求するとなると、エステやダイエットなど時間もお金もかかるところですが、視覚効果でこれらが実現できるのなら意識して取り入れたいですよね。

基本は

  • メリハリ、陰影:膨張色、収縮色で立体感をつける
  • 縦ライン:目線を楯のラインに誘導し、長く細く見せる
  • カバー:エラやお腹などコンプレックス部位を隠してしまう

視覚効果の基本ルールを習得して、さまざまに応用してみてくださいね。

        
        

  関連記事

どれを狙う?一生モノ時計はこのブランドで決まり!

一生のうち、ひとつは持ちたい高級腕時計。何より自分のためのご褒美として、そしてそ …

通勤バッグは2個持ちしながらコーディネート♪バッグ選びの注意点は?

近年、通勤バッグの2個持ちコーデが注目されています。働く女性は、持ち歩くものがた …

流行ファッションに踊らされないファッション流儀を身につけよう!

目次1 服が少ないのは、ダサいことじゃない!2 流行ファッションに踊らされないフ …

今こそ欲しい!オシャレでリラックス出来る部屋着の選び方

毎日部屋に帰ってくると、真っ先に部屋着に着替えるという人も多いのでは?リラックス …

海外のオシャレさんに学ぶ!Tシャツの着こなし方

目次1 「Tシャツ+デニム」のお決まりコーデから卒業したいなら、海外のオシャレさ …

30~40代女性におすすめファッション!夏のマストアイテム5選

春から夏に季節が変わり、街を歩く女性のファッションもずいぶんと薄着に変わってきま …

ヘアのトップをふんわりさせて老け防止!そのコツは?

「年々髪のボリュームがダウンしてきた」「トップがぺたんとなる」・・・年齢に比例し …

ベーシックは地味?洋服は流行を選んでいれば間違いないのか?

女性のファッションは季節ごとにくるくると変わり、昨年は大流行したデザインなのに今 …

今すぐ購入できる!この10アイテムで着痩せコーデは完璧!

同じ体型でも、コーディネートや選ぶアイテムによって少しふっくらして見えたりスッキ …

コーディネートにバイカラーを取り入れるべきな理由とは?

最近、大人気となっているのがバイカラーのアイテム。大胆な配色でもバイカラーになる …