今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

好感度UPのメイクポイントをマスターして、めざせオフィス美人!

プライベートはさておき、オフィスでは濃いめのメイクは男性はもちろん女性にも嫌われます。ついつい気合いを入れて頑張りすぎて、濃いめのメイクになっていませんか?

だからといってメイクも社会人のマナーであり、身だしなみの1つなのですっぴんもまた論外です。男性・女性問わずオフィスで違和感なく、好感度がupするメイクをマスターしましょう。

そのメイクひんしゅくかも、オフィスのNGメイクを知っておこう

頑張り過ぎメイクはNG!

あまりにバッチリメイクをしていると「仕事をしに来てるのか?自分を見せに来てるのか?」なんて思われそう。はっきり「不快に感じる」という男性もいるようです。

  • 厚塗りファンデ
  • おてもやんチーク
  • ド派手口紅、テラテラグロス
  • ラメラメアイシャドウ、濃すぎるアイライナー
  • 盛り過ぎマスカラ、バサバサつけまつげ

本人が知らないところで、上記のようなニックネームをつけられないよう、気をつけてくださいね。

ナチュラルメイクのポイントはヘルシーさ

メイクしすぎはNGですが、社会人たるものノーメイクもNG。美しいナチュラルメイクは男性の好感度はもちろん、メイクの達人として同性にも注目されること間違いなしです。

ナチュラルメイクは、決してメイクを省くわけではありません。逆にファンデーションで隠さない分、クマやシミ、くすみなど年齢幅はしっかりカバーする必要があります。そのポイントは健康的に見せること。そのための方法をまとめておきます。

  • 全体に明るめの肌に仕上げる
  • 顔色が明るく見える色のチークを適度に使って健康的に
  • アイメイクはアイシャドウ、アイラインで目力を活かして印象的に
  • マスカラは1度塗り
  • 基本的にベージュやブラウンのアイシャドウでラメなしが自然で使いやすい
  • 口紅はパールが入っていないタイプでナチュラルな色を、顔の血色が良く見えるピンク系・オレンジ系がGOOD!
  • リップクリームで唇のガサガサ防止
  • グロスではなく口紅をきちんとつける
  • 大人ニキビやニキビ跡はしっかりケア&カバー

仕事疲れを顔に残さず、「顔色が悪いね」なんて指摘されないように心がけましょう。

下地も手抜きせず化粧崩れ対策を徹底

オフィスメイクでは化粧崩れしないということも重要ポイント。たびたびお化粧直しができるなら別ですが、「お化粧崩れてないかな」と気になり始めると、仕事にも身が入りませんよね。

化粧崩れを防ぐ方法はベースメイクで手抜きをしないこと。特に乾燥しやすい目元や頬はしっかり保湿を、皮脂が多くてテカリやすいTゾーンは、ベタつかないように余分な油分を残さない、といった基礎化粧品の使い分けが必要です。

朝は時間がないので、つい下地が乾かないうちにファンデを塗ったり、ムラがあるまま塗ったりしてしまいがちですが、それだとメイクが長持ちしません。オフィス美人を目指すには朝に少し余裕を持たせましょう。

横顔チェックでめざそう横顔美人!

どこから見られているかわからないオフィスでは、正面以上に横顔を意識することが大切です。横顔には疲れや年齢が出やすいので、意識してメイクしましょう。

特にファンデーションは、正面だけを見て塗ることが多いのでサイドが甘くなりがち。また顔はしっかりメイクしているのに、首の色とまったく違うとお面をかぶっているように見えます。

髪を結ぶ人は特に要注意。横顔を意識して以下を心がけてください。

  • ファンデーションは、耳のまわり〜フェイスラインから首の部分までスポンジでなじませ、首に行くに従って薄くぼかしこむ
  • ファンデーションはファンデを伸ばす。
  • 口紅は口角が下がって見えないように、リップラインを上向きにひく

大人のナチュラルメイクをマスターして好感度をUP

オフィスでのメイクは、自分だけでなく周囲へのたしなみ・マナーでもあります。同僚が不愉快になる厚塗りや、顔色が悪く見えるすっぴんなどは論外。

またドロドロの化粧崩れもいただけません。プライベートで彼氏や友人に好評でも、オフィスは別なので、しっかり切り替えてオフィスモードのメイクと使い分けてこそ、スキルの高い女性です。

        
        

  関連記事

セルフでも簡単にプロ並み技術!マニキュアをうまくぬるコツとは?

普段はネイルをしないくても、デートやイベントがあればマニキュアを使ってセルフネイ …

洋服はたくさんあるのに着る服がない!原因と対処法とは?

洋服が少ないわけでもないのに、これから出かけるという時になって「どうしよう!着て …

基本的なくるりんぱのHow to、失敗の原因と改善策をご紹介します

くるりんぱって何?失敗の原因は? 出典: sumally.com くるりんぱとは …

失敗しないために!イメージ通りになるヘアカットのオーダーの仕方

美容院は自分磨きのための秘密基地。でも、なかなか自分のイメージ通りにならなくて、 …

ハードになりすぎない革ジャンコーディネート!とにかく女性らしくを意識して☆

出典:titivate.jp 革ジャンを取り入れたいと思っているものの、どうして …

見せすぎはNG!大人の常識肌見せで上品コーデを楽しもう

大人になってもセクシーさや色気のある女らしさを感じるファッションを楽しみたいです …

バストが大きい人はどんな水着を選ぶのが正解なの?

バストの大きい方は、水着選びをする際にあまりバストを強調しない物を選ぶというケー …

市販のヘアカラー剤でキレイに染める!オススメヘアカラー

仕事や子育てで毎日忙しくなかなか美容院に行く時間が取れないと、カラーリングがプリ …

色の効果を使ってなりたい雰囲気を演出しよう!

服の色で印象が変わる?色のテクニックでイメージを変える! 色には様々な効果があり …

短い爪でかわいく見せるネイルカラーの塗り方とネイルデザイン

元々爪が短くて似合うネイルがわからず悩んでいる方や、仕事柄爪を伸ばすことやチップ …