今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

黒・グレー・ベージュで迷ったら、手持ちの私服を見直そう

黒、ベージュ、グレーのベーシックカラー、けっこうワードローブを占めていませんか?他の色とも組み合わせやすいですし、使い回ししやすい色だけに同じ色ばかりになりがち。だからこそ、何か新しくアイテムを増やす時、黒にするかベージュ、グレーにするか、悩むケースも多いようです。

自分のワードローブを見直して「あなたらしさ」を取り入れよう

どういうイメージにしたいかを考えよう

色にはそれぞれイメージがあります。どういうイメージにまとめたいのかを考えてみるのもいいかも。

黒は権威的で重厚感のある印象や、神秘的な雰囲気などを感じさせる色でシック、スマート、クールといったイメージを持っています。

引き締まって見える収縮色であるとともに重みを感じさせる重量色なので、やせて見える反面、合わせる色によっては重くまた暗く見えます。同時に明るい色を際立たせる効果もあります。

グレー

グレーは、白と黒の間にあるバリエーション豊富な色です。明るい場合は白、暗い場合は黒のイメージ効果が加わります。また茶色がかったチャコールグレーや少し緑がかったモスグレイのように他の色との融合色もあります。

色の特徴として柔軟色、沈静色といった効果があり、穏やかで控えめ、上品で落ち着いた雰囲気を与えます。また他の色との協調性が高いのでどんな色にもなじんで周囲の色を引き立てます。

ベージュ

ベージュは肌色に近いブラウン系で、明るめから暗めまで若干幅があります。白に近い場合はアイボリーとなります。肌に近いだけあって、主張が少なくなじみやすい色です。

ベージュには穏やかで柔和なイメージがあり、黒やグレーに比べて明るい印象を与えます。また生成りのようにナチュラルで自然志向なイメージを与える側面もあります。

黒・ベージュ・グレーに合わせやすい色とは

どんな色とも相性がよいベーシックカラー。合わせる色や、差し色を何色にするかであなたらしさを演出しましょう。個々の色の占める比率でも全体の印象は変わります。

  • 黒×赤:赤のインパクトが全体を引き締めてかっこよくまとまります。おしゃれ上級者向き
  • 黒×白:モノトーンコーデでモード感・トレンド感アップ
  • 黒×ライトグレー:無彩色系のコンビでシック&落ち着いた印象
  • 黒×ネイビー:ダークトーンコーディネートで知的にクールに
  • 黒×パステル:膨張色のパステルカラーを黒で引き締め大人可愛く

グレー

  • グレー×赤:赤のインパクトが全体を引き締めておしゃれ上級者に
  • グレー×白:明るめのモノトーンコーデで清楚で優しい印象
  • グレー×ライトグレー:グレーのグラデーションは決まればモード感大
  • グレー×ネイビー:地味なコーデになりがちですが、決まれば「いい女」度アップ
  • グレー×パステル:ガーリーになりすぎずソフトで可愛い大人女子に

ベージュ

  • ベージュ×赤:キャメルやベージュに赤を入れると大人の可愛らしさアップ
  • ベージュ×白:清楚で優しい印象の組み合わせは男性にも人気
  • ベージュ×ライトグレー:大人のふんわり感、柔らかくソフトな印象
  • ベージュ×ネイビー:補色関係に近く合わせやすいコーデ、優しい上品さ
  • ベージュ×パステル:人気のくすみカラー×パステルカラーコーデは大人キュート

素材とデザインをチェックしよう

黒・ベージュ・グレーはベーシックな色だけに、例えばブラウスを買うにしろ、靴を買うにしろ、カラーバリエーションには必ず含まれています。それがどの色を選ぶか悩む原因でもあります。

そういう時は素材やデザインなどで、今まで持っていないタイプかどうかを考えましょう。同じ黒やベージュでも光沢の有無などを含め素材でまったく印象は異なります。

小物との組み合わせを考えよう

プロの販売員は、黒・ベージュ・グレーの色選びでお客様が悩んでいると靴とバッグを見るそうです。黒・紺・グレーなどのクール系なら黒かダークグレーを、ベージュや茶系のような穏やか系ならベージュをお薦めするのだそうです。

バッグや靴って洋服ほどは買い替えないので、けっこうその人の好みが集約されているそう。あなたも小物チェックしてみてはいかがでしょう。

合わせやすい色だからこそ、自分らしいコーデにこだわろう

同じベーシックカラーでも黒・グレー・ベージュはそれぞれ与える印象が異なります。組み合わせる色でもシックに、クールに、優しげに、と表情が変わります。

それだけにコーディネート力が問われる色でもあります。何枚も集まりがちな色だけに素材やデザイン、またどういう合わせ方をするのかで、あなたらしさをアピールしてくださいね。

        
        

  関連記事

春・夏!白ジャケットをもっと上手に着こなすコーデ4つのアイディア

「白ジャケットを着ると、きちんとしすぎる!」とお悩みの方へ… 出典:titiva …

若い人しか着られない? いいえ!大人の女性こそコーディガンに挑戦!

秋冬の不安定な天気には着るものも迷ってしまうもの。そこで今シーズンはコーディガン …

この夏はこれで安心!小胸でもオシャレで可愛い水着が選べる

バストが小さいと気になっている方は水着選びをする際にも、バストがコンプレックスに …

クローゼットの中はシンプルだった!着回し上手になるためのポイントとは?

たくさん服を持っているのに、なんだかいつも同じようなコーディネートになってしまう …

セルフでも簡単にプロ並み技術!マニキュアをうまくぬるコツとは?

普段はネイルをしないくても、デートやイベントがあればマニキュアを使ってセルフネイ …

コーディネートにバイカラーを取り入れるべきな理由とは?

最近、大人気となっているのがバイカラーのアイテム。大胆な配色でもバイカラーになる …

大人でもオシャレに楽しめるペアルック術3つ!

ペアルックに双子コーデ…大人にはハードル高め?そんな事ない! 「ペアルック」と聞 …

今ある服で簡単に!お腹をカバーして魅せる着痩せコーディネート

ジーンズのウエストに乗っかるお肉や、タイトなワンピースを着るとお腹だけぽこっと出 …

嫌われ女子の特徴は靴やカバンの“お手入れ”にあった!

目次1 革製品のお手入れ上手は女子に好かれる!2 革製品のお手入れ上手になって“ …

流行ファッションに踊らされないファッション流儀を身につけよう!

目次1 服が少ないのは、ダサいことじゃない!2 流行ファッションに踊らされないフ …