今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ロングとショートの髪型はどちらがモテるのか、男性の本音を知っておこう

ロングとショートの髪型はどちらがモテるのか・・・女性にとって永遠の課題といってもいいかもしれません(男性にとっても?)。

イメージチェンジしたくても、失敗を恐れて結局同じような髪型をし続けてる方も多いのでは?でもそれであなたの美しさ・可愛らしさの可能性を狭めてる恐れも。ここではズバリ、男性の本音をまとめてみました。

美しいロングヘアは男性にとっても憧れ、だからこそチェックは厳しめ

男性にはない魅力の宝庫

美しいロングヘアを見るとドキドキしてしまうという男性は多いです。一般的に、男性が女性のように髪を伸ばすことはあまりありません。ミュージシャンやアーティストなどで伸ばしている人もいますが、女性とは髪質が異なるため、柔らかくてサラサラにはならず、そこが憧れになるポイントでもあります。

  • 「無条件で女の子らしくを感じられる」
  • 「艶やかな髪に触ってみたくなる」
  • 「髪がなびいた時、いい匂いがするとくらっとくる」

など、男心を刺激する要素満載のようです。

とはいえ、あくまで美しいロングヘアであることが第一条件。長ければいい、というのではないので、気をつけてくださいね。

いろんなヘアアレンジが楽しい

ヘアアレンジが豊富なのも、ロングならではのメリット。巻き髪や編み込みなど、一工夫した髪型にも魅力を感じる男性は多いようです。

なかでもポニーテールは、清楚感・キュート感があり、男性から高い支持を得ているヘアアレンジの1つ。最近は初音ミクのような人気キャラの影響でツインテールもブームだったりします。

逆にいつもは髪を結んでいる女性が、アフター5でおろした髪型でくるとドキドキする男性も。ギャップに魅かれるという点では、いろいろ変化をつけられるロングヘアーは強い武器かもしれません。

こんなロングヘアはNG!

当然ですが傷んでバサバサの毛先、毛が伸びてはげてきたカラーリング、ツヤがなく清潔感がない髪は男女を問わず敬遠されます。忙しくて髪をケアする時間がない方はロングは不向きかも。

また前髪が重すぎると「座敷童っぽい」と一気に不評です。黒髪は重く見えがちなのでロングだと要注意。全般的に髪の量が多い人はシャギーを入れるなど軽さを心がけてください。

個性が活きるショートヘアはおしゃれポイント高め、でも個性的すぎるのはNG

ギャップで見せる女性らしさ

ロングヘア優性に思えますが、実はショートヘアの女性が大好きな男性もたくさんいます。

  • 「表情が明るく見える!」
  • 「親しみやすい印象で話しかけやすい」
  • 「見た目がボーイッシュなのに女性らしさに参った!」

ショートヘアは女性らしさとのギャップが演出しやすい髪型でもあるのです。またフェイスラインや表情がよく見えるので、うなじや耳元などに男性の注目を集めること間違いなし!

おしゃれ上級者イメージあり

ショートヘアが似合う女性って、モデルさんや女優さんに多いこともあって、どこかおしゃれ上級者のイメージありますよね。そのため自分もおしゃれを楽しむという男性にはウケがよいようです。

人と差もつけやすくその分個性的にも見えます。とはいえ、刈り上げなど個性的すぎるヘアスタイルは、やはり一般的には敬遠されます。

アクティブな清潔感

手入れしやすいショートヘアは、枝毛などの心配も少なく、ツヤサラ髪をキープしやすい髪型でもあります。軽快でさわやかなイメージが持たれ、そこに魅かれる男性も多いようです。

スタイリングで簡単に動きのある毛先を作れるのもよいですね。またヘアアクセサリーやピアスなども目につきやすいので、アイテムで遊ぶこともできます。

ロング、ショート、どちらにしても髪質ケアは最重要課題

ロング、ショート、男性の好みも千差万別。ターゲットがいる方はヘアチェン気する前に、なにげなく好みを聞き出しておくといいかも。そのうえで、以下を抑えた髪型であることが大切です。

  • 自分の髪質に合っているかどうか
  • 自分の顔かたち、頭の形にあっているかどうか
  • 生活スタイルにあっているかどうか
  • きちんとケアできるかどうか

自分の髪質に合っていないと、ヘアメイクに時間がかかりますし、髪型が決まらないと1日憂うつになりがち。似合うかどうかはなかなか自分では見極めにくいと思うので、家族や友人、またプロである美容師さんの意見を参考にしてみましょう。

結論!あなたに似合っていればどちらでもOK!

男性の意見、いかがでしたでしょうか?「男ウケ」というと語弊があるかもしれませんが、同性でも納得できる内容ではないでしょうか?

ロング、ショートに関わらず、あまりに髪型だけが目立っていたり、傷んだ髪のままだったりすると、敬遠されてしまいがち。それはヘアスタイルにその人の性格やライフスタイルが反映されるからに他なりません。

ベースは、あなたに似合う髪型×美しい髪をしっかり守って、時には結び方やスタイリング剤などで遊ぶ余裕を持つ。美しさに手を抜かない女性を男性は評価するのかもしれません。そしてその手間が彼のためだったら男性もものすごく嬉しいのではないでしょうか?

        
        

  関連記事

キャサリン妃流/セレブな3色ファッションで好感度UPのコーディネートを!

ファッションの色の取り入れかたの基本は3色だと言われているのをご存知ですか?それ …

基本的なくるりんぱのHow to、失敗の原因と改善策をご紹介します

くるりんぱって何?失敗の原因は? 出典: sumally.com くるりんぱとは …

30歳過ぎてもショートパンツを!大人ならではの着こなしコーデ紹介

太ももが丸見えになってしまうショートパンツをそろそろ卒業しないといけないと思って …

コーディネートにバイカラーを取り入れるべきな理由とは?

最近、大人気となっているのがバイカラーのアイテム。大胆な配色でもバイカラーになる …

海外のオシャレさんに学ぶ!Tシャツの着こなし方

「Tシャツ+デニム」のお決まりコーデから卒業したいなら、海外のオシャレさんに学べ …

海やプールを楽しもう!気になる胸・お腹・お尻をカバー出来る水着紹介

夏が近づいてくると海やプールへのお誘いが増えたり、子供を連れて海へ遊びに行く機会 …

「ワンピにON」はさようなら!デニムシャツ・Gジャンをもっと2016年っぽく着こなすアイディア4選

定番のデニムシャツ・Gジャン、甘辛コーデばかりでマンネリになったら… 出典:gu …

値段は気にしない!安い服を高く見せるテクニック

存分にオシャレを楽しみたいと思っても金銭的な部分から思うようにファッションアイテ …

いくつ持ってる?女性なら持っていたいジュエリーはどんなもの?

貴金属をあまり好まない女性もいるようですが、女性としては最低一つから2つ程度のジ …

バストが大きい人はどんな水着を選ぶのが正解なの?

バストの大きい方は、水着選びをする際にあまりバストを強調しない物を選ぶというケー …