今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

お気に入りの洋服を長持ちさせる秘訣は洗濯方法にあった!

着やすい、必ずほめられる、着てると楽しい、いいことがある・・・そんなお気に入りの洋服ってありますよね。でもお気に入りだけに出番が多くて、そのためお洗濯回数も増えてしまい、他の洋服以上に早くよれよれになってしまいがち、ってことありませんか。そんな大切なお気に入り服を長持ちさせる方法、お教えします。

お気に入りの洋服を長持ちさせるなら洗濯を極めよう!

洗濯する度に繊維が疲れてへたってきたり、色落ちたり。クリーニングに出せばよいのでしょうが、出番が多い服だとコスト過多になってしまいますね。洗濯方法を工夫することで、服の劣化を防ぐことができるのでぜひマスターを!

洗濯表示をしっかり把握する

洋服を長持ちさせる条件は「その衣類に適した洗濯方法で洗う」、つまり洗濯表示に従って洗うことです。

基本は手洗い

洗濯機は人の手以上に汚れをしっかり落とすために、摩擦やこすれが生じやすく、それが生地を傷めます。長持ちさせたいなら手洗いが基本です。

汚れが主に汗や皮脂程度ならゴシゴシ洗う必要はありません。分解力の高い洗剤なら浸しているだけでも十分落ちます。

事前にシミ対策

シミが付着した場合は、ついたその時にできるだけケアしましょう。しょうゆやケチャップなどの食べものシミの場合、台所用洗剤をシミ部分につけ、もみ洗いしたあと全体を手洗いすればほとんどの場合は大丈夫です。

ファンデーションや口紅なども意外とつきやすい汚れ。これはベンジンで落ちますが、クレンジングオイルに中性洗剤を混ぜて使用してもOKです。いずれも、どうしても取れない場合は漂白剤を使いますが、色落ちしやすいものは注意してください。

洗濯機は上手に使おう

洗濯機を使う時も一工夫することでダメージを軽減できます。

洗濯ネットを使う

洗濯ネットには下記のような効果があります。

  • 洗濯時の摩擦やもみ作用から衣類を守る
  • 型崩れを防止する
  • からまりを防止し、衣類同士が引っ張り合うのを防ぐ
  • ボタンやホックなどが他の洗濯ものに引っかかりるのを防ぐ
  • 糸くずやゴミなどが再付着するのを防ぐ
  • 色移りを防ぐ

洗濯ネットはスーパー、ドラッグストアや100円ショップで購入できます。メッシュの大きさ、ネットの大きさなどでいくつかの種類を揃えておくと便利です。ただし、洗濯ネットに入れると汚れ落ち自体は悪くなるので、汚れがある場合は下洗いをして洗濯ネットに入れてください。

裏返しにする

色が濃い目の衣類や染料の素材によっては、洗濯時の摩擦で色落ちが起きます。裏返して洗うことで、直接衣類の表面に刺激が当たらないようにすれば、少しでも色落ちを防ぐことができます。スパンコールやラインストーン、また刺繍などの細やかな細工があるものも裏返しすれば、他の洗濯物に与えるダメージも含めて回避できます。

洗濯コースを最適アレンジする

洗濯機の洗い方にもいろいろなコースがあります。手洗いコースやドライコースを選べば、通常コースよりも洗い方がマイルドになります。また、洗濯時間やゆすぎの時間、脱水回数なども細かくアレンジできます。

手洗いでも手絞りには限界があるので、脱水だけは洗濯機の力を借りるなどうまく組み合わせて使うことで、長持ち洗いが可能になります。脱水の時だけでも洗濯ネットを忘れずに!

洗剤も要チェック

洗剤も粉末、液体、おしゃれ着洗いと種類があり、洗浄力も異なります。弱アルカリ性は中性に比べて洗浄力が高いですが衣類にかかる負担が多く、中性その逆ということを覚えておきましょう。

また、パステルカラーや生成りなど淡い色の衣類の場合、蛍光剤の入っていない洗剤を選んでください。蛍光剤は白いものをより白く見せる効果がありますが、同時に色あせを起こす危険があります。

正しい干し方/保管で型くずれを防ぐ

干し方も大切です。今はハンガーにかけて干す人が多いと思いますが、首の部分が伸びたり、肩が落ちてしまったり型崩れの元になりがち。物干竿に2つ折りにして干す方法が最適です。

また、色褪せや日焼けを防ぐために直射日光を避けて陰干しにしましょう。日が暮れてくると湿度が高まるので、お天気がよくても干すのは12時~15時までの間がベストだそうです。

保管する時もぎゅうぎゅう詰めにならないよう、ゆとりのある引き出しやクローゼットに保管しましょう。ハンガーで保管する場合も型くずれに気をつけて。

日々のお洗濯の一工夫で長持ち!

手洗い、ネット、手洗いコース、また干し方・保管の仕方などなど、普段のお洗濯をちょっと工夫するだけで、お気に入りの洋服への洗濯ダメージを一気に減らすことができます。

高額アイテムはクリーニングに出す方が安心ですが、「そこまではちょっと」と言う場合は心がけてみてはいかがでしょうか?お気に入りへの愛着がいっそう深まるかも。

        
        

  関連記事

もう悩むのはイヤ!季節の変わり目はどんな洋服を着たらいいのか?

季節の変わり目は日中は暑いのに朝晩は寒くて着るものに困ってしまいます。クローゼッ …

パンツのサイズを上げて脚長効果!な小ワザ術3つ

ちょい大きめサイズのパンツで足が長く見える!? 長らく続いたピチピチローライズパ …

痛々しいヘアスタイルしてませんか?アラサー・アラフォーのアレンジポイント

美肌ケア力がアップして、見た目年齢マイナス5歳、10歳というアラサー・アラフォー …

ゴールド、シルバー、プラチナ?肌に合わせたアクセ選び

おしゃれを意識する際にはアクセサリーでさらなるおしゃれを演出するという方法が良い …

大人の女性なら揃えておくべき!流行に左右されない定番トップス6選

「一目惚れ衝動買い」で増えた洋服たち…使えてる? ショッピングはいくつになっても …

スキニーをマンネリ化させない!【テイスト別】コーデ紹介

出典:e-zakkamania 目次1 スキニーがマンネリ化してるなら、ワードロ …

真のお洒落は洋服収納が上手!センスの良い女子が実践する収納術とは?

仕事や育児をしていると、どうしても朝は忙しくバタバタしてしまいます。遅刻しそうで …

若作りNG!痛いファッションに気をつける!よくあるアラサーファッションの悩み

アラサーになると、それまでとは服の選び方のポイントが違ってきます。特に、「痛いフ …

オシャレ上級者の必須アイテム!ガウチョパンツの攻略法!

今シーズン大人気のアイテム、それがガウチョパンツ。何と言ってもはき心地が良くてオ …

40代でも美しい女性でいるための日常生活の過ごし方とは?

「美魔女」という言葉もすっかり定着しましたが、本当に実年齢を聞くと驚く女性が増え …