今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

失敗しないために!イメージ通りになるヘアカットのオーダーの仕方

美容院は自分磨きのための秘密基地。でも、なかなか自分のイメージ通りにならなくて、美容院ジプシーとなっている話もよく耳にします。

コストと時間をかけるのだから、それに見合った成果は得たいところですが、逆に出来上がりにガッカリすることも少なくない模様。ここではあなたのイメージ通りに仕上げるための、上手なヘアカットのオーダーの仕方をまとめてみました。

イメージはなるべく具体的に、詳細に、関連情報も伝えよう

イメージがはっきりしている場合

イメージはできる限り具体的に、詳細に

なりたいイメージが決まっているなら、美容師さんにできる限り具体的に細かく伝えましょう。長さや雰囲気などどうしても譲れない部分もはっきりと!思いっきりイメチェンしたいのか、あまり変えたくないのか、どうなりたいかを最初に伝えることが大切です。

雑誌の切り抜きを持って行く

昔ながらの方法ではありますが、なりたいイメージの雑誌の切り抜きやネットの画像を持参すると、具体的なイメージが伝えやすくなります。

「恥ずかしい」「厚かましいと思われそう」と懸念する声もありますが、美容師さんサイドからすれば言葉で説明されるより、最終的な仕上がりが把握しやすいので確実に助かっているそうです。できればいくつかの希望スタイルをもっていくと、より仕上がりイメージの精度があがります。

美容院のサイトで見本を選ぶ

美容院によっては、ホームページに各美容師さんの作品が掲載されている場合があります。その中にイメージに近いものがあれば、その美容師さんを指名することで実現率はぐっと高まります。

イメージが定まっていない場合

目的を伝える

友人の結婚式に出席するから、同窓会だから、旅行に行くから・・・など目的も一緒に伝えると、そのシチュエーションによりふさわしい髪型を提案してもらえます。

イメージする髪型にあった服装で美容室に行く

美容師さんは髪型だけでなく、顔の雰囲気、メイクの傾向や、着ている服などからもあなたのイメージを考えて、トータルに似合う髪型を提案してくれます。

たとえばオフィスでのスーツや、お出かけ用ワンピ等、その髪型で着たい洋服があったら、それを着て美容室に行きましょう。イメージしてるメイクがあればそれもしっかりと。

相談しやすい美容師さんを探す

あなたの専任がいたらいろいろ相談しやすいと思いますが、そうでない場合は、できれば同世代の美容師さんにお願いしましょう。その方が共通の話題もあって話がしやすく、細かなニュアンスや流行の傾向を含めてイメージを伝えやすいと思います。

長さとカラーリングの注意点

「◯センチ位カットしてください」「少しだけ切って」はNGワード

「少し短めでお願いしたらベリーショートにされた」「肩ぐらいまでといったら思ったよりずっと短かったた」・・・カットで長さにまつわる失敗談はよく聞きます。

通常私たちは髪型を鏡で見ている真正面のイメージで考えがちですが、髪型は左右前後・立体的なので、美容師さんにとっては、どこを何センチ切るかで全体のバランスが大きく変わってくるのです。

顔の大きさによっても長さのイメージは違います。あらかじめ長目にいっておいて、微調整でイメージに近づけるという方法も「あり」かも。

普段の手入れのしやすさも相談

仕上がった時だけでなく、翌日以降もその髪型を再現できるかは重要なポイント。ドライヤーやカーラー、スタイリング剤の使い方もレクチャーしてもらいましょう。

また手入れのしやすさも大切です。「朝は忙しくてセットする時間がない」「会社ではポニーテールが多い」「子供と一緒なのでシャンプーが大変」といった普段の生活についても伝えておくとケアがしやすい髪型を提案してもらえます。

カラーはいつも行っている美容院で

ヘアカラーは、髪質によって染まりにくかったり、逆に強く染まったり、赤みが出やすかったり等、差が出てしまいがち。髪質やカラーの入り具合を把握している美容院で定期的に行うのがベストです。はじめての美容院では、染まり方や希望する色味をしっかり伝えましょう。

基本はコミュニケーション、美容院とのいいつきあいを育てよう

最初から最高・最適な仕上がりだと嬉しいですが、100点満点中85点、70点くらいで満足することも多いと思います。何度か通ううちに髪のクセや髪質、あなたの好みやライフスタイルなども理解してもらうことができ、より100点に近づきます。もしかしたら120点ということもあるかも。

残念ながら相性がよくないな、と思ったら思い切って美容院をチェンジしましょう。美容院に遠慮してストレスをためる、なんてことがないように!たくさんある美容院、美容師さんの中であなたにぴったりの美容院が必ず見つかりますよ。

        
        

  関連記事

人とは違うファッションセンスを磨くには?必要なのは3つのポイント

Tシャツにジーンズのようなシンプルなコーデでもなぜかオシャレに見える…そんな女性 …

ベーシックは地味?洋服は流行を選んでいれば間違いないのか?

女性のファッションは季節ごとにくるくると変わり、昨年は大流行したデザインなのに今 …

大人っぽくスニーカーを合わせるための5つのルールとは?

スニーカーは若い世代のアイテムだと思っていませんか?今は、有名セレブや大人セレブ …

スタイル良く魅せるコーデのポイントを【コンプレックス別】に紹介します!

目次1 「スタイルが良くなりたい!」は、すべての女性の総意です!2 【悩み別】ス …

アクセサリーもファッションのうち!美人度を上げる必須アイテム5選

アクセサリーはファッションの一部。添え物程度にしか思っていない方も多いですが、あ …

キレイでいたい!1日前髪をキープなら前夜からの対策がカギ

朝念入りに時間をかけて前髪をセットしたものの、午後になるとすぐに崩れてしまうとい …

「ワンピにON」はさようなら!デニムシャツ・Gジャンをもっと2016年っぽく着こなすアイディア4選

定番のデニムシャツ・Gジャン、甘辛コーデばかりでマンネリになったら… 出典:gu …

日本人の肌色にぴったりのグリーンで涼しげメイク術に挑戦しよう!

春~夏の暖かい季節になると、アイメイクも青や緑などの涼しげな色に挑戦したくなる方 …

洋服はたくさんあるのに着る服がない!原因と対処法とは?

洋服が少ないわけでもないのに、これから出かけるという時になって「どうしよう!着て …

アラサー・アラフォー向け、タイプ別お薦めフレグランス

香水は嗅覚に働きかけ、リラックスさせたり、気持ちを華やかにしたり、落ち着かせたり …