今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

自分に似合うフレーム選びで、メガネをファッションとして楽しもう!

1日の大半をメガネをつけて過ごしてる人も多いと思いますが、メガネの有無で顔の印象って変わりますよね。せっかくならメガネをつけることで、素顔とは異なる魅力をプラスしませんか?というわけで、自分に似合うフレーム選びのチェックポイントをまとめてみました。

似合うメガネ選びの基本ルールを抑えよう

顔の輪郭や大きさによって、似合うメガネは異なります。

顔の横幅に合わせる

メガネが顔の横幅より大きいと、耳の位置との関係もあってかけていてもズレやすくだらしなく見えてしまいます。また小さすぎると、顔の大きさが強調されてしまいがち。顔幅の9割あたりを目安にして選ぶと、かけやすく見た目にもフィットしやすく、まや小顔効果も期待で来ます。

顔の縦幅に合わせる

デザインの流行もあって、レンズが大きすぎるものは今はちょっと流行遅れ。懐古趣味をあえて楽しむ上級者もいますが、できればレンズの楯幅は最長でも鼻の長さ以内におさめるようにしましょう。

リムのトップラインを眉と揃える

メガネのフレームのトップ部分と眉のラインが似た形を選びましょう。フレームの角度が眉より上に向いているとキツイ感じ、下向きだとちょっと間が抜けて見えます。眉ラインとフレームのラインが揃っている方が顔にナチュラルになじみやすいのです。

顔の輪郭別フレームの選び方

輪郭は人それぞれ。メガネもそれぞれに異なります。

大きめ顔

縦幅が広い太フレームタイプのフレームで、色は寒色系のほうが顔が引き締まって見えるのでおすすめです。もしエラがはっている場合は、スクエア型は角張りを強調してしまうので、オーバル型で和らげて。

小さめ顔

大きなフレームや縦幅があるデザインは、顔がメガネに負けてしまうので、細めで立て幅も小さく、で丸みを帯びたフレームを選びましょう。明るくて淡い膨張色も似合います。

面長顔

ウエリントン型のように縦幅があって丸みを帯びたデザインの方が、顔の長さを解消できます。スクエア型は顔の長さが目立つかも。

丸顔

直線的でシャープなスクエアタイプで、寒色系のフレームが顔を引き締めて、顔の丸みをカバーしてくれます。オーバル型はふっくら感を強調してしまう恐れあり。

三角顔

オーバル型の小ぶりで細いフレームがオススメです。逆に、ウエリントン型はフレームだけが目立ちすぎてしまうことがあるのでオススメしません。

色で選ぶ時のチェックポイント

メガネ選びで意外と悩むのがフレームの色ではないでしょうか?

フレームの色選びの基本

フレームの色選びの基本は、自分の顔の中にある色に合わせることです。

  • 肌:同系色のベージュ系や茶系
  • 唇や頬:赤系統
  • 眉や髪の色:黒やグレー

などが相性がよいとされています。濃淡バリエーションを入れるとけっこうな色数になりますね。

ベージュ系やゴールドのツヤ消し系は、顔なじみがよくナチュラルに見えます。少し主張を持たせたいなら茶系や黒。

またレッド系も女性らしくていいですね。顔色を明るく血色よくみせる効果もあります。濃い色ほどフレームが目立ちますが、フレームの幅でも印象が違うので鏡でかけてみてチェックするのが確実です。

カラーレンズも要チェック

アウトドア用やサングラス系はもちろん、普段使いでもカラーレンズはおしゃれ度をアップ。

  • ブラウン・ピンク系:肌色と同系色でなじみやすい
  • ブルー・パープル系:肌のくすみ・黄ばみをカバー
  • グレー系:遮光性・防眩効果

などの特徴もあります。フレームのカラーと合わせて、カラーコーディネイトを楽しんでください。

色で遊ぶ

女性の場合はメイクとの相性も大切。よく使うファンデーション、アイメイクやルージュ等と合わせやすい色を選びましょう。色鮮やかなものやカラフルなフレームをかける時は、お化粧のトーンを落とすなどしてケンカしないように気をつけてください。

フレームの幅や色は、自分の顔の輪郭や色に合わせると失敗なし

お店には形や色を含め様々なデザインのメガネがあって、どれを選べばいいか迷ってしまいますね。上記のポイントをふまえてあらかじめフレームのデザインや色を決めて行くと、目安になると思います。

意外と気に入ってるメガネが基本条件にあってる、というケースも多いかも。ただ、似合うからといって同じようなメガネばかりというのもちょっとつまらないですよね。

そういう場合は色味で遊ぶのもよいかもしれません。流行や好き嫌いもあるので、参考にしながら自分にあったものを見つけてくださいね。

        
        

  関連記事

あなたは平気?男性が見てドン引きする女性のファッションはこれだ

女性は男性に比べるとファッションを意識しなければならない場面が多く、プライベート …

気を抜かない!女子力の高い部屋着コーディネート!足元にもこだわろう♪

急な来客があった際などに困ってしまうのが部屋着です。普段はかわいく、おしゃれに決 …

30代だってショートパンツを履ける!着こなし術のポイント

30代は20代と違い女性は特に自分の中での変化を感じる年代となります。そのため2 …

洋服はたくさんあるのに着る服がない!原因と対処法とは?

洋服が少ないわけでもないのに、これから出かけるという時になって「どうしよう!着て …

どんなショートブーツなら美脚に見えるの?ムートンはNG?

秋から冬にかけてのファッションマストアイテムの一つにブーツがあります。また近年で …

この夏はこれで安心!小胸でもオシャレで可愛い水着が選べる

バストが小さいと気になっている方は水着選びをする際にも、バストがコンプレックスに …

持ち方次第で女度アップ!女性らしい上品なバッグの持ち方とは?

みなさんは普段バッグの持ち方は意識されているでしょうか?毎日使っているバッグは自 …

春夏秋冬ストライプアイテムで魅せる上級おしゃれさんファッション

ストライプファッションは、性別や年齢を問わず一年中活躍するアイテムです。デザイン …

ボーダーでモテるのはどんなコーデ?おしゃれさんのボーダー術

ボーダーシャツはカラーバリエーションやボーダーの幅そのものも非常に多く、複数枚を …

【低身長さん必見!】スラっと背が高い美人に魅せるためのポイント

出典:e-zakkamania 低身長さんでも、スラッと魅せるコツがあります! …