今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

色の効果を使ってなりたい雰囲気を演出しよう!

服の色で印象が変わる?色のテクニックでイメージを変える!

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s

色には様々な効果があります。その日着ている服の色が、初対面の人からの印象を左右するのも珍しいことではありません。色の効果を利用すれば、自分がなりたい雰囲気を演出することはとても簡単です。

今回は色の持つ効果と、なりたい雰囲気によって何色の服を着ればいいのかをご紹介します。

色の持つ効果でなりたい自分になれる

品が良く見えるブラウン

ブラウンには温もりや安心感を与える効果があります。アースカラーとも呼ばれ、周りのカラーと調和しやすくとても落ち着いた印象になります。また、信頼感や堅実なイメージもあります。

上品で落ち着いた大人の女性に見せたい時に着たい色です。ベージュよりの明るいブラウンだとよりエレガントな印象に、深みのある濃いブラウンは顔色を明るく見せてくれる効果もあります。

女性らしさならピンク

柔らかく軽やかなイメージのピンクは女性らしさの象徴ともいえる色です。ピンクの持つ色の効果には、幸せな、安らぎ、愛情、リラックス効果などがあります。また、ピンク色のものを身に付けていると女性ホルモンの分泌が促されるという研究結果もあります。

誰かに甘えたい、頼りたい、受け身でいたい時におすすめです。ピンクというと「私には似合わないから」と言う女性もいますが、濃い色から淡い色まで幅が広いので合わせてみると以外としっくりはまることが多いです。シンプルなデザインのインナーから試してみるのはどうでしょうか?

セクシーな紫

青系の紫から赤系の紫まで色の幅が広いのが紫の特徴です。高貴で神秘なイメージが強く、セクシーさを強調させたい時におすすめの色。しかし、青と赤という正反対の色が混ざり合っているため周囲のアイテムによってイメージがガラリと変わってしまうちょっと難しい色もあります。

淡いラベンダー系の紫なら気軽に取り入れられますね。また、パーティーシーンで紫色のドレスを選ぶと華やかさもあって良いですね。

ヘルシーなオレンジ

ビタミンカラーとも言われるオレンジ色には、黄色と赤の良いところを取った、温かみ、幸せ、元気、明るい、親しみやすいといったポジティブなイメージがあります。社交的な色なので、飲み会、合コン、パーティーなど人が多く集まったりおしゃべりすることが多い場所へ着ていくのがおすすめです。逆ににあらたまった場所では主張しすぎてしまうのでNG。

オレンジ色はパッと目を引くカラーなので、コーディネートの主役や差し色として使用しましょう。合わせる服は控えめな色にして、オレンジ色を思いっきり目立たせましょう。

クールで知的な青

青は好感度が高く、多くの人から好まれる色の一つです。クールで知的な印象を与える他、ボディラインをスッと引き締めて見せてくれます。気持ちを落ち着ける、集中力を高める、食欲を抑えるといった効果も。

鮮やかで軽やかなトーンの青は夏におすすめのカラー、ダークトーンの青はは冬におすすめです。ワンピースやスカートはもちろん、靴やカバンなどの差し色としても使用できます。

清潔感ならホワイト

白には軽やかで柔らかな印象とともに清潔感を与える効果があります。純粋、誠実、信頼できるといった前向きでポジティブな印象のあるカラーです。相手に信頼感を与えたい時や、素直で純粋なイメージを持って欲しい時におすすめです。

また、トップスを白にすると光を反射して顔色を明るく見せてくれる効果もあります。シンプルなデザインならより清潔感が際立ち、フリルやレースのついたフェミニンなデザインなら女性らしさも強調できます。

どうでしょうか?何気なく取り入れている服の色によって全く印象が違うことがわかりますよね。これからはシーンや相手に合わせて服の色を選んでみてはどうでしょうか?

        
        

  関連記事

必見!美白化粧品を使わなくてもヘアカラーで肌を明るく見せる方法

女性なら誰もが気になる美白!白く美しい肌を保つために、紫外線対策や美白コスメの使 …

この夏はこれで安心!小胸でもオシャレで可愛い水着が選べる

バストが小さいと気になっている方は水着選びをする際にも、バストがコンプレックスに …

プチプラアイテムを厳選!肩幅が広くても似合うコーディネート提案4選

「女の子っぽい肩幅になりたい…」肩幅広い女子集まれ! 「華奢な肩幅は、女性らしさ …

メガネ美人モテ期到来!メガネを楽しむためのアイメイク法はポイント5つ

メガネ女子にモテ期到来!でも似合わないメイクはNG… 出典:e-zakkaman …

夏も怖くない!ぷにょぷにょ二の腕をカバーしてくれるファッション術

半袖やノースリーブの服を着る機会の増える夏は、ぷにょぷにょした二の腕が気になる季 …

ミニマリストに学ぶ無駄を省いたおしゃれの方法

たくさんのアイテムを持っていても、結局着るのはいつものコーディネートだったりしま …

今ある服で簡単に!お腹をカバーして魅せる着痩せコーディネート

ジーンズのウエストに乗っかるお肉や、タイトなワンピースを着るとお腹だけぽこっと出 …

値段は気にしない!安い服を高く見せるテクニック

存分にオシャレを楽しみたいと思っても金銭的な部分から思うようにファッションアイテ …

ベーシックは地味?洋服は流行を選んでいれば間違いないのか?

女性のファッションは季節ごとにくるくると変わり、昨年は大流行したデザインなのに今 …

ゴールド、シルバー、プラチナ?肌に合わせたアクセ選び

おしゃれを意識する際にはアクセサリーでさらなるおしゃれを演出するという方法が良い …