今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

美肌になれる漢方がある!選び方と処方で行われる四診とは?

6c4dc12789d6b3335cb3f0a898e53b90_s

美肌作りの方法はたくさんあります。美容液や美容クリームを取り入れたり、美顔器を導入するという方法も人気です。

しかし、それだけではなかなか効果が現れないという方は体の内側から美しくなるための対策を取るのがおすすめです。中でも漢方に注目してみましょう。

ただ、漢方というとかなりの種類があり、どれを選べば良いのか悩んでしまうという方も多いはず。そこで、美肌作りをする際に自分に合った漢方を選ぶためのポイントなどについてご紹介します。

漢方の処方には四診が用いられる

その人にどのような漢方が合っているのかを判断するためには「四診(ししん)という方法が用いられます。」これはその名の通り次の四つのチェックポイントにより最適な漢方を導き出す診断方法のこと。

漢方薬局などで漢方薬を処方してもらう場合には次のようなことを聞かれるので受け答えについて考えておきましょう。

望診(ぼうしん)

視覚を使った診察です。顔色や表情、体つき、姿勢、舌の状態などから病状を診察します。特に舌の状態確認はかなり念入りに行われ、ここから血液や胃腸などの状態判断が可能です。

問診(もんしん)

患者さんがどのようなトラブルを感じているのか、どのように状態を改善していきたいのかなどを聞きます。ライフスタイルや食生活についても詳細を確認されるので、正しく答えることが大切です。

聞診(ぶんしん)

聴覚と嗅覚を活用して診断を行います。話し方や呼吸の深さ、体臭、口臭などを確認する診断です。

切診(せっしん)

触覚を用いて脈診、腹診などを行う診察です。お腹にさわる腹診(ふくしん)では緊張度や圧痛、動悸などについても確認します。

漢方の診察ではこれらの四つの方法を使ってその人に最適な漢方薬を処方してくれるのです。

自分で美肌になれる漢方を選ぶポイント

漢方には実に多くの組み合わせがあります。

その中でも肌のお悩み別におすすめの漢方薬をご紹介するので美肌になれる漢方を探しているという方は参考にしてみてくださいね。

アンチエイジング

温経湯(うんけいとう)という漢方薬がおすすめです。これは多くの女性を悩ませている冷えを改善する働きを持った漢方のことで、体の血のめぐりを整えてくれます。

ホルモンバランスを整えるのにも役立つため、月経不順や不妊に悩んでいる方に処方されることもあるため、チェックしてみてくださいね。

シミの改善

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は目の下の青いクマを改善するのに役立ってくれます。こちらも女性ホルモンのバランスを整える働きがあり、冷え性の改善にも役立つ漢方です。

それから、加味逍遥散(かみしょうようさん)という漢方は完本によるシミを改善する働きが大きく、外用薬でほとんど薄くならなかったシミにも効果が期待できます。

ニキビの改善

いつまでもニキビが治らないと美肌とは言えませんよね。十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)という漢方は皮膚の腫や化膿を抑える作用を持っています。小さくて赤いニキビがたくさんできているという場合にも効果的です。

排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)や荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)という漢方は悪化したニキビを改善するのにも役立ってくれるため、ニキビができやすい方はこちらをチェックしてみましょう。

漢方薬はどこで手に入る?

皮膚科または漢方専門外来などで処方してもらう方法が一般的です。近年はドラッグストアや薬局でも取り扱っているところが増えてきました。

多くのメーカーが漢方薬を発売しているということからも効果の高さが伺えますよね。漢方薬を取り入れるのが初めてという方でも選びやすいように各漢方薬のパッケージに効き目のある症状が掲載されているため、よく確認した上で購入しましょう。

漢方薬の値段は成分と比例しているともいわれているため、安いものは高い漢方薬に比べると効果が低い可能性が高いです。

どれを選べば良いのか悩んでいるということであれば、漢方薬局などで相談をしながら最適なものを探してみましょう。

生活習慣も整えよう

美肌作りに効果的な漢方薬を飲むだけでも肌の状態を改善させることができます。ですが、それに加え、生活習慣を整えたり、食事から摂取できる栄養素を見直してみるということも効果的なので同時に実践してみましょう。

十分な睡眠時間を確保したり、ストレスを溜め込まないということも大切です。いくら漢方薬を取り入れたとしても生活習慣が乱れていたり、ストレスを溜め込んでいるとなかなか美肌作りの効果が現れないケースも多いので注意してみてくださいね。

西洋薬と違い漢方薬の効果というのは少しずつ現れます。飲んだら次の日に突然肌荒れが改善したというようなことはありませんが、肌荒れしにくい身体に整えることもできるため、肌トラブルに悩むことが多いという方はぜひ取り入れてみましょう。

        
        

  関連記事

【旬の野菜と果物で健康に】9月は夏の間の疲労回復が大切!サトイモや栗を取り入れて栄養補給

9月はまだまだ残暑が厳しく、夏バテを起こしやすい時期です。また、季節の変わり目で …

今こそ取り入れたい美容食材パクチーの魅力

美容と健康に敏感な人たちの間で、話題になっているのがパクチーです。好き嫌いが分か …

塩分過多によるむくみが気になる人はきゅきゅっと小町を試してみよう

体の中の巡りを良くしたいと思っているのであればきゅきゅっと小町が効果的です 出典 …

睡眠障害が急増中!寝つきが悪い時に試したい5つの安眠対策とは?

不眠が引き起こすトラブルと睡眠障害の解消法 皆さんは毎日ぐっすり眠れているでしょ …

エイジングケアは根幹的なアプローチと悩み別アプローチの2種類がある

総合的にケアする?それとも悩みケア?エイジングケアの種類について 『エイジングケ …

ルーは殺虫、殺菌作用が強くハエよけ、ネコよけにも効果的!

ネコヨラズとしても知られるハーブ ルーの効果や効能を紹介 ルーとは南ヨーロッパを …

自分の体温知っていますか?意外にこわい低体温の諸症状

低体温は老化の元! 体を温めるポイント3つ 美容通の友人A「低体温だと早く老ける …

アルカネットは鑑賞や切り花として人気!ポプリもオススメ

食用にはできないアルカネットはどう活用する?特徴は? アルカネットはヨーロッパ・ …

その乾燥、食生活が原因かも?食事でできる乾燥対策

冬場に急増する全身乾燥トラブルを、食事で防ごう! 寒くなってくると乾燥肌が気にな …

アロマティカスはハーブティー・料理・アロマテラピーで人気!

香りも人気のハーブ アロマティカスが持つ働きや栽培方法は? アロマティカスは非常 …