今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

エイジングケアは根幹的なアプローチと悩み別アプローチの2種類がある

総合的にケアする?それとも悩みケア?エイジングケアの種類について

811ed6cf72b64b296afa4837c61ca735_s1

エイジングケア』『アンチエイジング』は当たり前のスキンケアになりました。化粧品を使ったホームケアはもちろん、エステ、美容皮膚科でもエイジングケアの施術が行われています。

アンチエイジングには2つのアプローチ方法がある

さて、そんなエイジングケアには、肌の老化に対するアプローチ方法が大きくわけて2つあることをご存知でしょうか?今回はアンチエイジングのアプローチ方法について見ていきましょう。

老化の仕組みを知る根幹的なアプローチ

抗酸化成分で老化の原因を取り除く

抗酸化作用は、老化の大きな原因と言われている活性酸素を取り除くアプローチです。活性酸素は体内に侵入したウイルスなどを攻撃して退治してくれる存在なのですが、増えすぎてしまうと正常な細胞まで攻撃して老化を進めます。

この活性酸素の発生を抑制する、もしくは発生した活性酸素を取り除く働きをするのが抗酸化成分です。代表的な成分に、ビタミンA、C、E、ポリフェノール、プラセンタ、コエンザイムQ10などがあります。

肌細胞を活性化させる成長因子

人が老化していくのは20歳前後で生成されなくなる成長因子によって、細胞が衰えていくからです。成長因子の役割は細胞の生まれ変わり、(ターンオーバー)をサポートして体の成長を促すこと。成長因子を補うことで細胞レベルで肌を若返りができます。

肌の老化に効果的と言われているのがEGF(上皮細胞成長因子)とFGF(繊維芽細胞成長因子)です。EGFは肌の再生能力をサポートする成長因子で、ターンオーバーの正常化やうるおいのある肌へ導いてくれます。FGFはコラーゲンやエラスチンといった肌のハリとうるおいを支える成分の生成を促します。

悩みにスポットを当てた悩み別アプローチ

乾燥やシワには保湿ケア

肌の老化の一番最初に感じたのが乾燥という女性も多いのではないでしょうか?
年齢を重ねた女性の乾燥肌は、肌内部の水分も、水分にフタをする油分も足りていないことがほとんどです。保湿効果の高いスキンケアに変えることで改善、予防ができます。

代表的な成分に、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどがあります。また、油分を補うなら肌なじみの良いオリーブオイルや椿油を使用するのもおすすめです。

たるみや毛穴にはコラーゲンでハリと弾力をアップ

肌のたるみや毛穴が縦に開いた状態は肌を内側から支える成分の減少が原因です。コラーゲン、エラスチンなどの弾力を支える成分を積極的に取り入れましょう
化粧品で補う他、サプリメント、美容ドリンクなどコラーゲンを摂取する方法はたくさんあります。

シミ予防や改善には美白ケア

多くの美白化粧品は、シミを予防するケアを目的としています。ビタミンC誘導体、カモミラET、プラセンタエキスなど、どれもメラニンの生成を抑制する効果がメインです。

シミは一度できてしまうとなかなか消せないので、美白をしたいと思った時から美白化粧品でシミのない透明感のある肌をキープするケアがベスト

もしできてしまったシミを薄くしたい、消したいという場合は、ハイドロキノンやアルブチンなどのシミを薄くする働きのある美白成分を配合したものを選びましょう。

どうでしょう?一口にエイジングケアと言っても色々なアプローチ方法があって、アンチエイジング成分もここには書ききれないほどあります。

この中から1つを選んでじっくりケアするのも良いですし、逆に色々と組み合わせてみるのもおすすめです。例えば、化粧品はEGF配合のものを使って、スポット美容液でしっかり美白、最後は保湿力の高いクリームでフタをするというのもアリです。

エイジングケア化粧品なら何でも良いというわけではなく、自分の肌悩みにあったものを選んで効果的なケアをしていきましょう。

        
        

  関連記事

安中散で年末のつらい胃痛や胃もたれを解消しよう!

ついつい食べ過ぎてしまって胃痛や胃もたれが…そんな時はこの漢方がオススメ 出典: …

現代人に急増しているドライアイとは?症状や対策をチェック!

ドライアイを放置してしまうと目にどんどん傷がついてしまうことも…。早めに対策を! …

ハイビスカスは美容効果も高いハーブ!効果・効能を紹介

花がかわいいハイビスカスもハーブ!栽培の注意点は? ハイビスカスはアフリカを原産 …

今こそ取り入れたい美容食材パクチーの魅力

美容と健康に敏感な人たちの間で、話題になっているのがパクチーです。好き嫌いが分か …

気をつけて!気・血・水が滞るとこんな不調が現れる

東洋医学では、体を巡る3つの気・血・水が最も大切です。この流れが悪くなると、体の …

BABY葉酸は美容成分&健康成分も多数配合!妊活中・妊娠中に

ベビ待ち・妊娠中に飲みたいBABY葉酸の特徴・成分とは? 妊娠中は赤ちゃんに栄養 …

乾燥すると喉の痛みがあるひと必見!マスクの効果について

乾燥する季節になると喉に痛みを感じるひとが増えるはずです。そして乾燥による喉の痛 …

今晩の夕食にプラスワン!11月に食べるべき食材はこれ!

11月は本格的な寒さが到来して、地域や時間帯によっては冬のような寒さを感じること …

高音が聞き取りにくくなった…それは聴力低下の可能性が

聴力がどの程度あるのかをまずは確認すること 聴力の低下は年齢とともに自覚する人が …

花粉症対策の新定番”鼻にワセリン”はイギリス発だった!? その効果と方法を紹介

ヴァセリンの効果的な使い方をご紹介します 肌の乾燥などに効果的なヴァセリン、実は …