今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

アルカネットは鑑賞や切り花として人気!ポプリもオススメ

食用にはできないアルカネットはどう活用する?特徴は?

2017-01-19_171109

アルカネットはヨーロッパ・アジアを原産とするムラサキ科アルカンナ属の多年草でビューグロス、ダイヤーズビューグロスとも呼ばれます。

背丈は50cmから100cmほどでとても鮮やかな色をしており、染料としても活用されていました。ただ、あまり色持ちが良くないということもあり、現在では染料として使われることはほとんどありません。

アルカネットの活用方法

毒性があるものもあることから食用、薬用以外の方法で親しまれています。

例えば、観賞や切り花に活用している方も多いので興味のある方はチェックしてみてくださいね。美しい青や白の小花をたくさん付けます。根茎からはアルカンナ赤と呼ばれる赤色系の染料を作ることもできるので、染物に興味があるという方も育ててみましょう。

アルカネットの香り

ムスクに似た甘い香りが特徴でポプリとしても人気があります。

アルカネットを使ったポプリの作り方

葉を乾燥させたものをポプリとして使います。できるだけ早く乾燥させたいということであれば皿の上にキッチンペーパーを敷いた物に一枚ずつのせ、600ワットで1分~2分ほど加熱しましょう。

あとはお好きな容器に入れて香りを楽しめます。乾燥させた後はそのままにしておくと香りが飛ぶので使わない分は密閉容器に入れておきましょう。

アルカネットの栽培について

暑さと蒸れに弱いという特徴を持っているため、どちらかというと乾燥気味の気候のほうが育てるのに適しています。そのため、水をたくさん与えすぎないように気を付けましょう。過酷な環境の方が育ちやすく、肥料はほとんど必要ないので与えすぎないようにしてくださいね。

寒さにも強いハーブです。夏はできるだけ涼しい場所で育てましょう。栽培に適している気候であればこぼれ種で毎年開花するというのも特徴です。あまり手をかけずにハーブを育てたいと思っている方にも向いているでしょう。

染料として活用することもできるのですが、根から染料を取るためにはある程度大きく太く育てる必要があります。最低でも半年以上は育てなければ染料が取れるほどにはなりません。根をしっかりと育てたら乾燥させてアルコールで抽出することにより染料となります。

アルカネットの注意点

根にはアルカロイド毒があります。根だけでなく葉などもすべて薬用・食用には使わず、ポプリや園芸、クラフトに活用しましょう。

        
        

  関連記事

ホップはビールの原料としてもおなじみ!ハーブとしても優秀な効果が

女性特有のトラブル改善やリラックス作用の高いホップを紹介! ホップとはアジア西部 …

体型、不安、疲れ…自分の体に気を使い始めた3つの瞬間

年齢による体の変化を感じたらエイジングケアを始めよう 若い時はメイクやファッショ …

あずき美人茶を飲むだけでアンチエイジング!値段や効果は?

美容のためにポリフェノールを取り入れたいと思っているけれど、ワインは苦手…チョコ …

マリーゴールドは眼精疲労の改善にも効果的!当キンセンカやカレンデュラという名でも知られるハーブ

目の健康促進や皮膚・粘膜の消炎効果などを持つマリーゴールド マリーゴールドといえ …

関節痛は血流の悪さが原因かも…血行不良改善におすすめの栄養素などを紹介!

血行不良が関節痛に繋がってしまう場合も。症状や対策をご紹介します。 関節痛が起き …

セージは美肌効果・感染予防など効果・効能が盛りだくさん!

人気のハーブ セージは栽培もしやすく料理にも使える! セージはヨーロッパを原産地 …

有名な漢方薬といえば、やっぱり葛根湯!飲み方や効果について改めて知っておこう

風邪に効果があるとして有名な葛根湯。その飲み方や様々な効果について改めてご紹介し …

今大注目のエゴマ油の効果と摂取方法が知りたい!

話題になっているエゴマ油の様々な効果と、摂取方法についてご紹介します。 最近話題 …

チャービルは香辛料としても活躍!高血圧の改善・予防にも。

チャービルは栽培もしやすいハーブとして人気!効果・効能は? チャービルはヨーロッ …

防虫効果があるタンジーは毒性があるので食用はNG!

タンジーはドライフラワーや防虫効果として活躍! タンジーはヨーロッパやアジアを原 …