今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

おなじみアロエの効果・効能は?栽培方法や注意点もチェック

食材としても使われるアロエはどのような植物?働きや魅力

0a3cdd6180dc95e2b4a9c280320e8254_s

アロエといえば、観葉植物や食材として幅広く活用されていることから日本人にとってもお馴染みの植物ですよね。南アフリカや北アフリカを原産地とするユリ科アロエ属の多年草です。

種類は非常に豊富で、食用として活用されているのは主にアロエベラ、薬用にはキダチアロエが使われます。

アロエの効果・効能

ダイエットサポート

キダチアロエを使って作るアロエ茶にはダイエットや肥満防止作用があります。アロエボランという成分が含まれており、新陳代謝を高めてくれるのが魅力です。

昔に比べて太りやすくなった、ダイエットをしているものの効果がなかなか出ないということであれば新陳代謝が低くなっている可能性があります。ダイエットサポートとしてアロエ茶を取り入れましょう。

ただ、アロエ茶はおいしいとは言えません。いくらダイエットのためといっても美味しくないものを飲み続けるのはストレスにもつながるため、他の茶葉とブレンドするなどして楽しみましょう。

肌トラブル改善

アロエベラのゼリー成分には高い保湿作用があることから多くの化粧品に使われています。古代エジプトの女王であるクレオパトラも美容に役立てていたそうです。

火傷の治療

アロエベラの葉の内側にある透明なゼリーには肌の炎症を抑える効果があります。そのため、アロエベラの葉を折ると出てくるゼリーを火傷や日焼けをした部分に塗ると治りが速まるのです。

便秘の解消

アロエの主成分であるアロインには、腸を刺激する働きがあるため、便秘改善効果があります。

アロエの味・香り

ヨーグルトに入っているアロエを食べたことがあるということも多いかもしれませんが、アロエの葉肉自体に味はありません。

青臭い香りが特徴です。アロエ茶も青臭く、苦いお茶なので苦手な方は注意しておいてくださいね。

アロエの栽培について

アロエは様々な所で販売されていますよね。管理が非常に楽なので、初心者にもおすすめの植物です。ただし、花を咲かせたいと思ったら慎重な管理が必要になります。

また、アロエベラは寒さに弱い特徴を持っているため温度には注意が必要です。

アロエの注意点

便秘に効果があるのですが、作用が強いこともあり、食べ過ぎると効果が強く出すぎることがあります。

また、キダチアロエには子宮収縮促進作用があるため、妊婦にはおすすめできません。お茶として楽しむ場合は生食に比べて摂取できる成分が多くないためそれほど気にする必要はないとされていますが、生理中の方も控えておきましょう。

        
        

  関連記事

リンデンはとにかく効果・効能が豊富!高いリラックス効果にも注目

木と葉や苞では働きが違う!リンデンは美容&健康対策にオススメ リンデンはヨーロッ …

風邪は冷えや乾燥が原因になることも…今すぐできる対策は?

体が冷えると様々な病気のリスクが上がる!その一つである風邪の対策についてご紹介し …

たんぽぽもタンデライオンというハーブ!効果・効能は?

タンデライオンは女性にうれしいハーブ!母乳の出を良くする働きも タンデライオンは …

早起きが美女のもと!毎日を充実させるメリットを紹介!

早起きがもたらす5つのメリット、早起きしたら身に付けたいルーティン、また、早く起 …

コンフリーは別名ニットボーンとも呼ばれている!その理由とは?

骨折が早く治る!?肥料としても活用できるコンフリーとは コンフリーはヨーロッパ・ …

体質改善のヒントの宝庫!今だから知りたい、東洋医学の素晴らしさ

なんとなく体の調子が悪いけど病院に行くほどでもない、という人には是非とも試しても …

そのほくろ、大丈夫?知っておきたいほくろと病気の関係

ほくろと病気の関係性~急な変化が現れたら要注意! 魅力的に見えるものもある一方、 …

マシュマロウは吐き気や食べ過ぎに効く!?マシュマロの原料となるハーブの効能とは?

栄養豊富なハーブでもあるマシュマロウはどんな働きがある? マシュマロウとはヨーロ …

話題の「アンチエイジングドック」とは?内容や料金を解説

アンチエイジングドックはどんなことをするの?料金は? 皆さんは「アンチエイジング …

【ヒトパピローマウイルス(HPV)】子宮頸がんとの関係やワクチンの副作用について

子宮頸がんとの関係や、ワクチンの副作用についてなど、すべての女性に知ってほしい予 …