今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

民間療法でも使われるハーブ カモミールが持つ効果・効能は?

カモミールにはアレルギー改善作用や抗抑うつ効果も!

ef49428fc7478d3737429157f82d8349_s

カモミールはヨーロッパを原産地とするキク科カミツレ属の一年草・多年草です。大きいものだと100cm程まで成長し、可愛らしい白い花を付けます。

古代エジプトでは治癒の秘薬としても活用されており、ギリシャにおいては婦人病の治療薬としても活用されたハーブです。

民間療法で活用されることも多く、ハーブの中でも比較的有名だといえるでしょう。

カモミールの効果・効能

女性特有の病気緩和

古くから女性のための薬として親しまれてきたハーブでもあります。学名では子宮を意味する「Matricaria」というラテン語が使われていることからも女性の不調に働きかける効果が古くから認められていたということがわかりますね。

別名ではマザーハーブとも呼ばれており、生理前のイライラなども抑えられます。更年期障害の症状緩和にも効果的なハーブなので香りを嗅いだり、精油を肌に塗るなどの方法で取り入れてみましょう。

アレルギー改善作用

アレルギーが原因で発生する様々なトラブルを緩和するのにも役立ちます。花粉症や鼻づまりなどに対しても効果が期待できるので活用してみましょう。

カモミールティーを飲んだり、カモミールティーの蒸気を吸い込むだけでも変化を実感できるはずです。

しかし、ブタクサが原因で花粉症になっている方にはカモミールティーはおすすめできません。というのも、カモミールはブタクサと同じキク科の植物なので状態が悪化してしまうこともあるのです。この点は十分に注意しておいてくださいね。

抗抑うつ効果

ちょっとしたことでイライラしたり、心が落ち着かないと感じる方にもカモミールがおすすめです。カモミールには鎮静作用と抗抑うつ効果があるため、イライラしがちな心を鎮めてくれます。

夜なかなか眠れないと感じているのであれば、温かいハーブティーを飲んでみましょう。温かい飲み物を飲むことにより自律神経の副交感神経が優位に立つため、リラックス効果が高まります。

その際に精神を落ち着ける効果のあるカモミールティーを選択するとさらに効果的ですね。

抗炎症作用

カモミールの精油には「アズレン」という成分が含まれています。この成分は抗炎剤としても有名で薬剤などにも使われているのです。

精油を蒸留する際に作られる成分ということもあり、この効果を期待する場合には精油として取り入れる必要があります。

整肌作用

入浴剤の中にもカモミールの成分が含まれているものがありますよね。これは、カモミールに乾燥肌を改善したり、肌のトラブルを抑える働きがあるためです。

バスオイルとして活用する方法も人気があります。

消化促進効果

カモミールの中でも代表的な種類が一年草であるジャーマンカモミールと、多年草であるローマンカモミールです。

ハーブティーではジャーマンカモミールが使われることが多いのですが、効能としてはどちらもそれほど変わりありません。生のままの状態のものと乾燥させたものの両方がハーブティーに使われています。

胃腸の調子が乱れているときにもおすすめです。吐き気を抑えたり、食べ過ぎによる気持ち悪さを改善するのにも役立ちます。

カモミールは女性にとって嬉しい様々な働きを果たすのも魅力です。ホルモンバランスを整える作用もあるため、ホルモンバランスの乱れが原因で発生する不調を抑えるのにも活用してみてくださいね。

作用自体はそれほど強くないため、子供や高齢者でも飲めます。

カモミールの味・香り

りんごのような香りが特徴的です。ギリシャでは地面のリンゴを意味するカマイ・メロンとも呼ばれていました。

味はそれほど濃くありません。やさしい味のハーブが好みという方にもおすすめです。

カモミールの栽培について

とても育てやすいため、ハーブの栽培が初めてという方でも育てられます。見た目がとても可愛らしいハーブということもあり、目で見ても楽しめるでしょう。

日当たりの良い場所を好みますが暑さにはそれほど強くないので夏場の直射日光には注意が必要です。寒さには強いものの、苗が小さいうちは注意しなければなりません。

また、乾燥にもあまり強くないので土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

ジャーマン種の場合は一年草なので植え替えを行う必要はありません。ローマン種は多年草なので何年か育てて花つきや生長が悪くなったと感じた場合は株が老化したのだと判断しましょう。この場合は春に株分けをして植え替えることにより状態を改善できます。

カモミールの注意点

キク科の植物ということもあり、菊にアレルギーを持っている方は避けましょう。また、通経作用があり生理不順の改善効果が期待できるのですが、子宮に働きかける作用ということもあり妊娠初期には使わないほうが安全です。

        
        

  関連記事

レモンバームはハーブティーや料理の香りづけで活躍!健康維持にも。

使い道が多く効果・効能も豊富!優秀なハーブ レモンバーム レモンバームはヨーロッ …

ルバーブの効果・効能は?むくみ改善や美肌効果もあるハーブに注目!

ルバーブはどんなハーブ?栽培しやすく初心者にもおすすめ! ルバーブはヨーロッパ・ …

簡単・手軽に実践できる冷え対策紹介!おうち・食事・外出先でのポイントは?

健康で美しい体を作るために欠かせないのが冷え対策です。誰でも実践できる方法をご紹 …

ミントの鎮静効果や麻痺作用・抗菌作用に注目!虫除け効果も。

天然の虫よけ剤としても活用できるミントの効果・効能を紹介! ミントといえば私たち …

便秘も眠気も全部PMSのせい!生理前を憂鬱にするPMSとは?

PMSで起こる様々な症状と対策法とは? 生理前になると様々な体調不良やイライラ・ …

不食が体に与える影響とは?覚えておきたいメリット・デメリットとは?

「食べなければ痩せる」それは誰でも知っていますが、この“不食”が体に与える様々な …

こんなにすごい!アセロラの美容効果が見逃せない理由とは

美容食材として人気のアセロラ、その効果についていろいろ調べてみました。 昔から美 …

サビない体作りは食べ方や食材選びで決まる

体のサビを予防する食事でアンチエイジング 人間が呼吸をするたび、酸素を取り入れた …

顔がピクピクするのは顔面けいれんかも!原因や症状、治療法は?

顔面けいれんの原因、症状、治療法などについてご紹介します。 突然顔がけいれんする …

黒砂糖で腎機能がパワーアップする!「沈黙の臓器」と言われる腎臓を労わろう

食べ過ぎると胃の心配をしたり、お酒を飲みすぎると肝臓の心配をする方はたくさんいま …