今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

カレーの香りが特徴的なカレープラントとはどんなハーブ?

痛みの緩和や精神鎮静作用を持つカレープラントについて紹介!

2017-01-30_154140

カレープラントとは西ヨーロッパを原産地とするキク科ムギワラギク属の常緑低木です。実際ものだと30cm程度、大きいものでも60cm程度となっており、料理に使われることもあります。

エバーラスティングとも呼ばれており、古くから親しまれているハーブに比べると歴史はそれほど長くはありません。香水や化粧品の香料として使われることもあり、少し漢方薬のような香りがするのも特徴です。

そのため、好みが分かれる香りだともいえるでしょう。

カレープラントの効果・効能

痛みの緩和

神経痛や筋肉痛、頭痛といった痛みの改善に役立ちます。体内の気の流れをスムーズにする働きがあるハーブで気の流れの悪さが原因で発生している様々な不調に働き掛けてくれるのも特徴です。

呼吸器系の不調を改善するのに用いられることもあり、痰が切れやすくなったり咳を抑える働きもあるので呼吸器系の不調を感じている方にも向いています。

精神鎮静作用

ストレスを落ち着かせる働きがあり、感情を安定させる作用を持っています。小さなことでイライラしてしまう、不安な事があり落ち着かないという方もカレープラントを取り入れてみましょう。

トラウマなどの感情を和らげる働きもあるため、思い当たることがある方もチェックしてみてくださいね。

消臭作用

カレープラントには消臭作用があるため、芳香用としても活躍します。ニオイが気になるところにカレープラントの鉢植えを置いてみたり、ポプリを多くのも良いですね。

トイレや靴箱などニオイが強くなりやすいところで活躍してくれるでしょう。

抗炎症作用

傷の治りを早める効果があるとされており、ニキビができやすいという方にもおすすめです。

香りが強いため、肌への刺激も強いのでは…と思うかもしれませんが、敏感肌の方でも使えるほど刺激の少ないハーブなので肌トラブルを改善させるのにも役立ててみましょう。

かぶれや火傷の改善にも効果があり、アンチエイジングにも効果的です。傷の治癒能力を高める働きがあるため、なかなか治らない傷跡に悩んでいるという方も取り入れてみましょう。様々なスキンケア商品にも使われていることからもその効果の高さが想像できます。

血流改善効果

葉や茎から抽出される成分には血行を促進する働きがあります。特に女性の中には冷え症に悩んでいる方も多いですよね。手と足の指先が冷えて冬場は大変という方もいるのではないでしょうか。

カレープラントは末端神経の血行を良くするのに役立つハーブでもあるため、指先や手足の冷えに悩んでいるという方も取り入れてみましょう。

また、血行が悪くなると頭痛や体調不良に繋がることもありますよね。そういったトラブルを改善に導いてくれます。

カレープラントの味・香り

カレープラントといった名前からもわかる通りまるでカレーのような香りが特徴的なハーブで様々な料理に活用できます。カレーの香りを演出したいけれどカレー味にはしたくない…というときにも香りづけに役立ってくれるでしょう。

かなり強い香りがするのですが、カレーの原料として使われることはありません。また、香りが強いわりにはほとんど味がないのも特徴です。ピクルスの香りづけに使われることが多いハーブではありますが苦味があるため、カレープラント自体を食用にすることはそれほど多くありません。どちらかというと風味を楽しむためのハーブだといえるでしょう。

また、エッセンシャルオイルにするとハチミツの香りがします。極上のハチミツとまで言われるほど気品のある香りが特徴なのでぜひチェックしてみてくださいね。

エッセンシャルオイルは非常に高価ではありますが、ホホバオイルなどで希釈されたものなどであれば比較的価格を抑えて購入可能です。

カレープラントの栽培について

小さな黄色い花がとても可愛らしい植物です。観賞用としても人気があり、育てている方もたくさんいます。

乾燥には強いのですが、過湿に弱い特徴を持っているため水やりには注意が必要です。なかなか花が咲かない場合、日当たりが十分ではない可能性があります。日陰でも育てることは不可能ではありませんが、花を咲かせるためには日当たりの良い場所に移動しましょう。

寒さにはそれほど強くありません。冷たい風が吹き抜けるようなところに置いてしまうと枯れることがあるため、暖かいところで育ててあげてくださいね。種から育てるよりも苗から育てた方が成功しやすいです。寒冷地の場合は冬は室内で冬越しさせるのがおすすめ。収穫した花はドライフラワーやポプリにして楽しんでみましょう。乾燥させても花の色が変化しないため、長く楽しめるハーブです。

カレープラントの注意点

キク科のハーブということもあり、菊アレルギーの方は避けましょう。また、てんかんの方と妊娠中の方、授乳中の方は使用できません。

        
        

  関連記事

青汁ビギナーさんなら「極の青汁」で、失敗しない青汁デビューを!

老舗大手メーカーが手がける信頼感バツグンの青汁「極の青汁」について、詳しく紹介し …

高けりゃいいわけじゃない!正しい歯ブラシ・歯磨き粉の選び方は?

歯ブラシ選びのポイント・歯磨き粉選びで避けたい成分とは? 歯ブラシや歯磨き粉を選 …

この悩みにはコレ! 症状から選ぶ漢方薬のいろいろ

さまざまな種類があり、自分に合うものを処方してもらうのが一番の漢方薬。とりあえず …

尿漏れに悩んでいるなら手軽にできる膣トレが効果的!

膣トレをすることによって尿漏れが改善できます。やり方は? 尿漏れと言えば、加齢に …

レモンバーベナはポプリやハーブティーにオススメ!美容効果も。

香りがよく、料理の香りづけとしても大活躍のハーブ レモンバーベナ レモンバーベナ …

黒砂糖で腎機能がパワーアップする!「沈黙の臓器」と言われる腎臓を労わろう

食べ過ぎると胃の心配をしたり、お酒を飲みすぎると肝臓の心配をする方はたくさんいま …

歯ブラシは毛先で交換時期を見極めよう

交換時期がよくわからない歯ブラシ。実は毛先に注目すればはっきりわかるのです。意外 …

月桂樹とも呼ばれるローリエは料理で大活躍!その他の働きは?

ローリエには食欲増進効果やリラックス効果も!栽培方法もチェック ローリエは南ヨー …

花粉症対策総まとめ。ズルズルグズグズ…症状に悩む前にチェックしよう!

花粉症対策として具体的にどのようなことを行うべきかご紹介します。 花粉症に悩む方 …

おなじみアロエの効果・効能は?栽培方法や注意点もチェック

食材としても使われるアロエはどのような植物?働きや魅力 アロエといえば、観葉植物 …