今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

カレープラントはカレーの香りが特徴的!どんなハーブか知っておこう

痛みの緩和や精神鎮静作用を持つカレープラントについて紹介!

2017-01-30_154140

カレープラントとは西ヨーロッパを原産地とするキク科ムギワラギク属の常緑低木です。実際ものだと30cm程度、大きいものでも60cm程度となっており、料理に使われることもあります。

エバーラスティングとも呼ばれており、古くから親しまれているハーブに比べると歴史はそれほど長くはありません。香水や化粧品の香料として使われることもあり、少し漢方薬のような香りがするのも特徴です。

そのため、好みが分かれる香りだともいえるでしょう。

カレープラントの効果・効能

痛みの緩和

神経痛や筋肉痛、頭痛といった痛みの改善に役立ちます。体内の気の流れをスムーズにする働きがあるハーブで気の流れの悪さが原因で発生している様々な不調に働き掛けてくれるのも特徴です。

呼吸器系の不調を改善するのに用いられることもあり、痰が切れやすくなったり咳を抑える働きもあるので呼吸器系の不調を感じている方にも向いています。

精神鎮静作用

ストレスを落ち着かせる働きがあり、感情を安定させる作用を持っています。小さなことでイライラしてしまう、不安な事があり落ち着かないという方もカレープラントを取り入れてみましょう。

トラウマなどの感情を和らげる働きもあるため、思い当たることがある方もチェックしてみてくださいね。

消臭作用

カレープラントには消臭作用があるため、芳香用としても活躍します。ニオイが気になるところにカレープラントの鉢植えを置いてみたり、ポプリを多くのも良いですね。

トイレや靴箱などニオイが強くなりやすいところで活躍してくれるでしょう。

抗炎症作用

傷の治りを早める効果があるとされており、ニキビができやすいという方にもおすすめです。

香りが強いため、肌への刺激も強いのでは…と思うかもしれませんが、敏感肌の方でも使えるほど刺激の少ないハーブなので肌トラブルを改善させるのにも役立ててみましょう。

かぶれや火傷の改善にも効果があり、アンチエイジングにも効果的です。傷の治癒能力を高める働きがあるため、なかなか治らない傷跡に悩んでいるという方も取り入れてみましょう。様々なスキンケア商品にも使われていることからもその効果の高さが想像できます。

血流改善効果

葉や茎から抽出される成分には血行を促進する働きがあります。特に女性の中には冷え症に悩んでいる方も多いですよね。手と足の指先が冷えて冬場は大変という方もいるのではないでしょうか。

カレープラントは末端神経の血行を良くするのに役立つハーブでもあるため、指先や手足の冷えに悩んでいるという方も取り入れてみましょう。

また、血行が悪くなると頭痛や体調不良に繋がることもありますよね。そういったトラブルを改善に導いてくれます。

カレープラントの味・香り

カレープラントといった名前からもわかる通りまるでカレーのような香りが特徴的なハーブで様々な料理に活用できます。カレーの香りを演出したいけれどカレー味にはしたくない…というときにも香りづけに役立ってくれるでしょう。

かなり強い香りがするのですが、カレーの原料として使われることはありません。また、香りが強いわりにはほとんど味がないのも特徴です。ピクルスの香りづけに使われることが多いハーブではありますが苦味があるため、カレープラント自体を食用にすることはそれほど多くありません。どちらかというと風味を楽しむためのハーブだといえるでしょう。

また、エッセンシャルオイルにするとハチミツの香りがします。極上のハチミツとまで言われるほど気品のある香りが特徴なのでぜひチェックしてみてくださいね。

エッセンシャルオイルは非常に高価ではありますが、ホホバオイルなどで希釈されたものなどであれば比較的価格を抑えて購入可能です。

カレープラントの栽培について

小さな黄色い花がとても可愛らしい植物です。観賞用としても人気があり、育てている方もたくさんいます。

乾燥には強いのですが、過湿に弱い特徴を持っているため水やりには注意が必要です。なかなか花が咲かない場合、日当たりが十分ではない可能性があります。日陰でも育てることは不可能ではありませんが、花を咲かせるためには日当たりの良い場所に移動しましょう。

寒さにはそれほど強くありません。冷たい風が吹き抜けるようなところに置いてしまうと枯れることがあるため、暖かいところで育ててあげてくださいね。種から育てるよりも苗から育てた方が成功しやすいです。寒冷地の場合は冬は室内で冬越しさせるのがおすすめ。収穫した花はドライフラワーやポプリにして楽しんでみましょう。乾燥させても花の色が変化しないため、長く楽しめるハーブです。

カレープラントの注意点

キク科のハーブということもあり、菊アレルギーの方は避けましょう。また、てんかんの方と妊娠中の方、授乳中の方は使用できません。

        
        

  関連記事

香蘇散は妊婦さんや胃腸が弱い人でも飲める!風邪の初期症状やじんましんに効く漢方薬

鼻づまりから、頭痛、発熱まで効果を発揮!葛根湯で胃がもたれてしまう人にも 香蘇散 …

キャウェイは精神安定やゴキブリ対策など幅広い効果が期待できる!

気力回復効果や消化促進作用にも注目!キャラウェイの特徴は? キャラウェイは西ヨー …

「あれそれ」が多くなった…それは脳の老化の第一歩かも?

筋肉と同じく脳も使わないと低下する 30歳くらいを過ぎたころから、人物の顔や物は …

今日から始めたい!パワーサラダのススメ

野菜不足やビタミン不足を美味しく補ってくれるパワーサラダが今大注目です。 毎日の …

麻杏ヨク甘湯はつらい関節痛や神経痛の痛みにおすすめの漢方薬

麻杏ヨク甘湯は、どこの場所の痛みにも高い効果を発揮する漢方薬です。 目次1 麻杏 …

長引くむくみ、しびれ、ふるえ、だるさ、もしかしたらそれ病気のサインかも?

慣れてしまうからこそこわい、ちょっとした変化を見過ごさないで! むくみ、ふるえ、 …

時短でも簡単にできちゃう!塩レモンの作り方・おいしいレシピを紹介します

おいしくて美容にも健康にも効果的! 簡単に作れるのに何にでも使えちゃうと噂の塩レ …

セサミン摂取で健康な生活を実現!理想的な摂取方法は?

サプリで話題!セサミンの魅力や特徴とは? セサミンという栄養素について聞いたこと …

甘麦大棗湯はパニックになりやすく不眠に悩む人に素早い効果的!

ひどい不安や、イライラしてしかたがない時の頓服として使える漢方 精神からくる症状 …

へそのゴマは放置しちゃダメなの!?正しい取り方は?

へそのゴマを取るときに気をつけたいこと みなさんは、へそのゴマをどうしていますか …