今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

クローバーレッドはせき止めや更年期障害の緩和など女性の悩み改善に役立つハーブ

美容効果が高く女性らしい体づくりにも役立つクローバーレッドとは

e9c83c154b2c8b52d76adb235dc36560_s

クローバーレッドはアカツメクサとも呼ばれるヨーロッパを原産地とするとするマメ科シャジャクソウ属の多年草でレッドクローバーと呼ばれることもあります。

女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれていることから女性向けのハーブとしても親しまれているのでぜひチェックしてみてくださいね。

実に様々な働きを持っているため、美容の悩みや健康の悩みなどを幅広くカバーしてくれるハーブです。何か悩んでいることがあり、それを改善するための薬を飲んでいるけれどできるだけ薬に頼りたくない…という方もハーブを取り入れてみましょう。

クローバーレッドの効果・効能

せき止め効果

クローバーレッドを乾燥させたものを楽しむハーブティーではせき止め効果が期待できます。それだけでなく喉の痛みを和らげる働きも持っているため、呼吸器系のトラブルを感じている際にもおすすめです。

風邪だけでなく、インフルエンザにかかったという場合にもクローバーレッドを取り入れてみましょう。古代ローマ時代から薬用として取り入れられていたハーブでもあります。

更年期障害の緩和

女性ホルモンのバランスを調整する効果があるため、ホルモンバランスの変化が原因で起こる様々なトラブルを改善するのに役立ちます。更年期障害もホルモンバランスが乱れて発生するトラブルなのでこれを抑える効果も期待できますね。

また、PMS症状の緩和にも効果的なので生理前に不調を感じる方も取り入れてみましょう。近年は女性向けのサプリメントにクローバーレッドの成分が配合されているものも増えてきました。

骨粗しょう症予防

閉経を迎えた後に骨粗しょう症に悩まされる女性が増えます。これは >カルシウムが溶け出すのを抑える働きを持ったエストロゲンの分泌が減るということが大きな原因です。 クローバーレッドにはエストロゲンと似た作用を持つイソフラボンが大豆の10倍~20倍も含まれており、骨粗鬆症の予防にも役立ってくれます。 カルシウム不足が原因で骨粗鬆症になるのであればカルシウムを摂取すれば良いのでは?と思うかもしれませんが、エストロゲンが不足しているとカルシウムも留める力も弱くなるため、効率よく骨粗鬆症の予防をするためにはしっかりとエストロゲンに変わるイソフラボンを取り入れる必要があるのです。

美容効果

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする成分を含んでいます。この女性ホルモンは美肌作りに欠かせないホルモンでもあるため、肌トラブルに悩んでいる方も取り入れてみてくださいね。クローバーレッドのエキスには抗炎症作用もあるため、ニキビを改善したり予防をするのにも役立ちます。

むくみの改善・予防

血流を改善する成分が含まれていることからむくみの改善や予防効果が期待できます。夕方になると足がむくむという方も取り入れてみましょう。むくみを改善するためにはカリウムが大切なのですが、クローバーレッドにはカリウムも含まれているため、効率よくむくみを予防できます。

また、セルライト対策として効果的な血液の流れを良くするクマリンも含まれているため、ダイエットにも役立ててみましょう。

それから抗酸化物質であるアントシアニンやイソフラボンなどを含んでいるためアンチエイジングにも役立ちます。肌の透明感をアップさせたいと思っている方もコラーゲンを作る上で重要な役割を果たすイソフラボンを含んだクローバーレッドを活用しましょう。普段から肌トラブルが起こりやすいという方にも向いています。

女性らしい体づくり

バストアップを望んでいるのならば豆乳などのイソフラボンを多く含むものを取り入れた方が良いと言われますよね。女性らしいくびれやバストを作るためにイソフラボンは欠かせません。

クローバーレッドにはイソフラボンが豊富に含まれているため、女性らしい体を目指しているという方もチェックしてみましょう。

クローバーレッドの味・香り

花はサラダでも楽しめます。草の香りがしますが、甘みもあるためハーブティーとしても飲みやすいハーブだといえるでしょう。

クローバーレッドの栽培について

卵形や丸形に咲く花がとても可愛らしく、ガーデニングでも人気があります。栄養豊富な土で育てましょう。日当たりの良い場所の方がよく育つので明るいところに置いてくださいね。栽培の難易度は非常に低く、ほぼ放置のような状態でも勝手に増えます。

クローバーレッドの注意点

長期間にわたる使用は避けた方が良いとされています。妊娠中や授乳中の方も避けましょう。

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする成分が含まれているため、ホルモン療法などを受けている方は必ず医師に確認した上で取り入れる必要があります。

        
        

  関連記事

頭皮の油、口臭、体臭……。女性の加齢臭 原因と対策方法とは?

女性にも加齢臭がある!?臭いオバサンにならないために……。 『加齢臭』というと男 …

猫背や悪い姿勢で引き起こされる影響はあるの?それを改善する方法は?

猫背を改善するストレッチを習慣にしよう! 外出先で、猫背のひとを見る機会が多いと …

体にたまった毒素を排出するにはどうすればい?毒素がたまる原因とは

体にたまる毒素対策!排出方法紹介 風邪をひきやすくなった、便秘が続く、肌トラブル …

「エナジードリンク」って何?「栄養ドリンク」とは違うの?

エナジードリンクにはどんな効果があるのか? コンビニや駅の売店でもよく見かける「 …

レモンバームはハーブティーや料理の香りづけで活躍!健康維持にも。

使い道が多く効果・効能も豊富!優秀なハーブ レモンバーム レモンバームはヨーロッ …

アサイーの5倍!?最新スーパーフード“マキベリー”のスゴさに注目!

スーパーフードの決定版!マキベリーで健やか美女を目指しませんか? 今やすっかり健 …

体型、不安、疲れ…自分の体に気を使い始めた3つの瞬間

年齢による体の変化を感じたらエイジングケアを始めよう 若い時はメイクやファッショ …

頑固な便秘にもおすすめ!「カイテキオリゴ」で善玉菌を活性化させてスッキリ

善玉菌を活性化させて腸内環境を整えるオリゴ糖で便秘解消! さまざまな調査を見ると …

女性は7の倍数に注意!東洋医学が言う女性の体の曲がり角とは?

7の倍数の年齢は美容と健康のトラブルに気を付けよう テレビCMで「女性は7の倍数 …

体内からアンチエイジング!「血液バイオフォトセラピー」で美容も健康もケア

目次1 注目のアンチエイジング「血液バイオフォトセラピー」の効果や費用2 血液バ …