今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

コモンマロウは喉の痛みやニキビ改善にも効果的!栽培は難しい?

水分補給をコモンマロウティーにすれば美容&健康対策にも。

91affddbb12c93a956f2ae6811d1c67c_s

コモンマロウはヨーロッパを原産地とするアオイ科ゼニアオイ属の多年草です。色のキレイなハーブティーを楽しみたいという方からも選ばれています。特に女性からの人気が高く、可愛らしい花をつけることからガーデニングにもおすすめです。

乾燥した花を使ってハーブティーを作ると鮮やかな濃青色からグレーになり、そこにレモン汁やレモンスライスを加えるとこちらも鮮やかなあかね色に変わります。あまりにもはっきりとした色が出るため、驚くかもしれません。

こういった変化を楽しめるハーブとしてサプライズティーと呼ばれることもあります。色の変化を楽しめるハーブティーを探しているという方にもおすすめです。

コモンマロウの効果・効能

喉の痛み緩和

花を使って作るハーブティーは喉の痛みを和らげる働きがあります。普段タバコを吸っている方も気づかないうちに喉や気管にダメージを与えているため、コモンマロウでいたわってあげてくださいね。呼吸器系の症状緩和に役立つハーブティーとしても人気があるので、頻繁に咳をする方や気管支炎を抱えている方にも向いています。

肌の引き締め効果

葉から抽出した液は肌の引き締め効果を持っています。少し濃いめに入れて活用してみてくださいね。化粧品にコモンマロウの成分が含まれているものもあります。肌をやわらかくする効果のある粘液質が含まれており、保湿効果も高いです。

ニキビの改善

炎症を抑える働きを持っているため、ニキビの予防や改善に効果的です。美肌効果も高いハーブなので女性はぜひ取り入れてみましょう。

粘膜保護

尿道炎や胃炎、膀胱炎といった炎症が起こると粘膜が傷つきます。コモンマロウには粘膜を保護する働きがあるため、こういった症状に悩んでいる方も取り入れましょう。粘液質は根や花に含まれており、傷ついた粘膜を早く修復するのにも役立ちます。

疲れ目の緩和

普段からパソコンをよく使う方は疲れ目を感じることが多いですよね。頻繁に目薬をさしているという方もいるはず。そういった方にもコモンマロウがおすすめです。コモンマロウは非常に鮮やかな色をしたハーブなのですが、これは天然色素であるアントシアニンによるもの。アントシアニンといえば目に良い成分としても有名ですよね。

ポリフェノールの一種であり、視機能を改善する働きを持っています。パソコンやスマホを長時間操作するという方は休憩時間の水分補給としてコモンマロウのハーブティーを取り入れてみましょう。

コモンマロウの味・香り

色はとてもはっきりしているのですが、味と香りはそれほど強くありません。見た目の印象が強いものの、癖のない味のハーブティーが好きという方でも納得できるでしょう。

そのままでは少し飲みにくいと感じるかもしれませんが、レモン汁を少量加えると飲みやすくなるので試してみてくださいね。味はほとんどないため、甘さがないと飲みにくいという方は蜂蜜を入れるのもおすすめです。色の変化も楽しみましょう。

ハーブティーでは味をまろやかにする働きがあるためブレンドにも向いている種類です。ただ、ブレンドするとキレイな色を出せません。

色を楽しむためにコモンマロウを取り入れたいと思っているのであれば水のような感覚で水分補給用のアイテムとして選択するのもおすすめ。濃い色が出るのを楽しみにハーブティーを作ってみたものの、それほどはっきり色が出なかった…という方は熱湯を使っている可能性があります。ぬるま湯で作った方がはっきりとした色が出るので実践してみましょう。

花をサラダに入れて食べる方法も見た目が可愛らしく人気なのでおすすめです。色鮮やかな抽出液ができるということもあり、カクテルに活用する方もいます。また、しっかり色を出して作ったハーブティーで氷を作るのもおすすめ。ただ水に浮かべるだけでも楽しめます。若葉は天ぷらでも食べられるので試してみましょう。

コモンマロウの栽培について

冬になると土から出ている上の部分(地上部)が枯れるので焦るかもしれませんが、根は無事です。寒さにはとても強く、土が凍結するような地域でなければ問題なく育てられるでしょう。土の凍結を防ぐためにも冬場の水やりは控えるのがポイントです。日当たりの良い場所で育てましょう。

注意しなければならないこととして非常に移植を嫌う植物です。植え替えを行うと一気に状態が悪くなることもあるため、初めから植えつける場所に種を撒いて育てましょう。株が大きくなることもあり、鉢やプランターで育てるのはなかなか難しいです。肥料も特に必要なく育てやすいハーブだといえるでしょう。

植え付けた年はそれほど花がつかないため、ハーブティーで色の変化を楽しみたいと思っていた方は2年目から楽しんでみてくださいね。条件の良い土地ではかなり大きく育ちます。

        
        

  関連記事

腸内に老廃物がたまるとどうなるの?改善する方法とは?

最近、腸内環境を整えるヨーグルトや飲みもの、サプリメントのCMを見かけることが増 …

へそのゴマは放置しちゃダメなの!?正しい取り方は?

へそのゴマを取るときに気をつけたいこと みなさんは、へそのゴマをどうしていますか …

BABY葉酸は美容成分&健康成分も多数配合!妊活中・妊娠中に

ベビ待ち・妊娠中に飲みたいBABY葉酸の特徴・成分とは? 妊娠中は赤ちゃんに栄養 …

【旬の食材で美力UP】8月は栄養と水分たっぷりな食材を選んで夏バテ知らず!

体の余計な熱をとることが夏の健康につながります 暑い日が続くと食欲もなくなってし …

花粉やPM2.5から体を守る食べ物とは?

体の中から花粉、PM2.5の対策をしよう! 花粉やPM2.5による体への影響 日 …

嘔吐から感染するウイルスがある!その症状と対処法について

世の中には、感染力の高い病気がいくつかあります。飛沫感染や空気感染、経口感染とと …

コロンハイドロセラピー(腸内洗浄)が及ぼす美容・健康への好影響がスゴい

コロンハイドロセラピーの仕組みや、メリットについてお話しします。 目次1 コロン …

不食が体に与える影響とは?覚えておきたいメリット・デメリットとは?

「食べなければ痩せる」それは誰でも知っていますが、この“不食”が体に与える様々な …

六君子湯は腸の調子が悪く軟便などをどうにかしたい人に試してもらいたい漢方薬!

実は女性特有の冷え性にも効果あり!お通じの悩みも解決してくれる漢方 冷え性、便秘 …

ウコンに含まれるクルクミンは心臓のアンチエイジングに効果!

クルクミンはカレースパイスでおなじみのウコンに含まれている成分です。ウコンといえ …