今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ソレルは肌荒れの改善も期待できる!ほかにはどんな効果が?

ソレルは使い道・効果がたくさん!美肌効果も大きい!

2017-02-03_142049

ソレルはヨーロッパ・アジアを原産地とするタデ科ギシギシ属の多年草です。大きくなると120cmほどになります。

和名では「スイバ」と呼ばれており、漢字にすると「酸い葉」になることから非常に酸味が強いハーブです。食用としても人気でフランス料理にとっては欠かせない存在となっており、酸味を活かした料理に活用されています。

ピューレ状にしてスープに使ったり、サラダや肉料理、魚料理の付け合せとしても活躍するハーブです。

ソレルの効果・効能

解熱作用

解熱作用を持っているほか、肝機能も整えられるため、風邪をひいて調子が悪い、お酒を飲みすぎてしまったといった場合にも活用できるハーブです。

抗酸化作用

レモンと同じく、抗酸化作用が強いハーブです。いつまでも若々しい肌を保つためにも抗酸化作用を持った食材を取り入れていくことは欠かせません。美容のため、健康のための両方に役立つものなのでチェックしてみてくださいね。

肌荒れの緩和・改善

美肌効果が大きいハーブです。ビタミンCやタンニンといった栄養素が含まれているため、肌荒れの改善だけでなく、美白効果も期待できます。

ビタミンCは肌が老化する大きな原因でもある活性酸素を抑制する働きを持っているため、アンチエイジングにも役立ってくれるでしょう。ビタミンCをしっかり摂取したいけれど酸っぱいのが苦手…という方もサラダに少量まぜる程度であればそれほど気にならないはずです。

内臓のサポート

薬用としてヨーロッパで使われてきたハーブでもあります。内臓の中でも胃や肝臓に働きかける力が強く、内臓の状態を整えたり、健康に導いてくれる成分を含んでいます。

除草剤

ソレルを茹でた際に出るゆで汁は捨てるのではなく、除草剤として活用してみましょう。枯れて困る植物が周囲にないのであれば熱いままかけても問題ないのですが、そうでない場合は枯れて困るものにゆで汁がかからないように注意した上で冷ましてから使いましょう。

利尿作用

女性の中にはむくみに悩む方もいますが、ソレルには利尿作用があるため、むくみ改善にも役立ちます。特に夕方になると足がパンパンで靴がきつくなる…という方も試してみてくださいね。

ソレルの味・香り

夏にかけて酸味が強くなり、独特な酸っぱさを持った味と香りが特徴です。風味づけとしてサラダに使われることもあるため、食用にできるハーブを探しているという方にもおすすめです。

乾燥した状態になると香りがなくなるため、やわらかい若葉を摘み取って使いましょう。サラダとして食べる際には酸味の強いドレッシングをかけるとソレルの酸味も相まってかなり酸っぱくなるので注意が必要です。

酸味には肉をやわらかくする効果があるため、鶏や鴨の中に詰めて肉をやわらかくする目的で使われることもあります。ソレルを取り入れてみたいと思っているけれどあまりにも酸味が強いものは苦手…という方には酸味を抑えた改良種である「フレンチ・ソレル」がおすすめです。

ソレルの栽培について

淡緑色の小さな花が可愛く、栽培もしやすいということで初心者向けのハーブだといえるでしょう。いくつかの種類があるのですが、食用としては「ガーデンソレル」という種類が最も多く使われており、サラダでも食べることができます。フランス料理で使われることが多いのは「ラウンド・リーブド・ソレル」という種類なので気になる方をチェックしてみてくださいね。

半日陰を好み、肥料がたっぷりの土地が向いています。肥料の吸収が激しいため、追肥もしっかり行いましょう。鉢植えには向かない種類の直根なので庭に直接植えてみてくださいね。

他の植物と一緒に植えると土の栄養素がすべてソレルに持って行かれることもあるので注意して土の状態を常に良いものに整えることですくすく育ちます。増やすのはとても簡単です。株分けで増えるので実践してみてくださいね。また、種から育てるのも難しくありません。

葉を収穫するタイミングは花が咲く前の方がおすすめ。花が咲くと一気に葉が硬くなるので気をつけなければなりません。

乾燥を嫌うハーブなので水が切れないように注意してくださいね。乾燥気味の環境で育てると葉が硬くなります。土が乾いてきたら鉢底から染み出るくらいたっぷりと水を与えましょう。寒さには強いため、冬だったとしても特に防寒対策は必要ありません。

ソレルの注意点

酸性が非常に強く、鉄製の包丁でソレルを切ったりするとレモンを切った時と同じように錆びてしまいます。すぐに洗うか鉄製ではない包丁を使うなどの対策をとりましょう。

また、ソレルに含まれているシュウ酸は大量摂取には向きません。食べ過ぎると尿道結石の原因にもなるため、十分に注意しておきましょう。

シュウ酸の摂取量が気になるということであれば煮たり茹でたりすることによりシュウ酸の量を約半分にできます。痛風、リウマチ、関節炎といった症状がある方も控えましょう。妊娠中の方や小さな子供、高齢者も避けた方が良いとされます。

        
        

  関連記事

エイジングケアは根幹的なアプローチと悩み別アプローチの2種類がある

総合的にケアする?それとも悩みケア?エイジングケアの種類について 『エイジングケ …

あっ!ここも!むくみやすい箇所とその理由について知ろう

実は「え?こんなところも?」と思うようなところがむくんでしまうこともあるんです。 …

現代人に急増しているドライアイとは?症状や対策をチェック!

ドライアイを放置してしまうと目にどんどん傷がついてしまうことも…。早めに対策を! …

今大注目の布ナプキン、じわじわ人気が広がってきているのはなぜ?

薬に頼らない生理痛対策、布ナプキンのこんな効果! 出典:nunonaの布ナプキン …

ホップはビールの原料としてもおなじみ!ハーブとしても優秀な効果が

女性特有のトラブル改善やリラックス作用の高いホップを紹介! ホップとはアジア西部 …

プリン体って身体にいいもの?悪いもの?上手な摂取方法が知りたい!

スーパーやドラッグストアのリカーコーナーに行くと、「プリン体ゼロ」という表記をよ …

サントリナは園芸も人気!虫除け効果も優秀なハーブ

たくさんの種類があるハーブ サントリナの効果や効能は? サントリナは地中海沿岸を …

不食が体に与える影響とは?覚えておきたいメリット・デメリットとは?

「食べなければ痩せる」それは誰でも知っていますが、この“不食”が体に与える様々な …

実力発揮するか?健康増進、アンチエイジングに貢献する水素サプリメント

今、水素が熱い!話題の水素サプリメントの評判は? 今や水素は医療の現場でも用いら …

ワインでできる!1日1杯からはじめる体のアンチエイジング

ワインのすごいアンチエイジング効果 ワインを楽しむ人増えましたね。スーパーでも気 …