今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

乙字湯は痔の悩みにも効果的!味や飲みやすさはどうなの?

実は痔に悩んでいる女性ってたくさん!そんな皆さんにオススメの漢方です

2017-02-10_120840

出典:株式会社ツムラ

 

実は悩んでいる人が多い……痔に効果的な漢方

「痔なんてオジサンがなる病気じゃないの?」と思っているそこのあなた。いえいえ、それは大きな間違い。実は痔って日本人の3分の1、あるいは2分の1がなっているほどとっても身近な病気なんですよ!

でも痔っておしりの病気だから恥ずかしくてなかなか人には言えないもの……。女性なら余計に恥ずかしくて、薬を買うのや病院に行くのだってちょっと迷ってしまいますよね。

そんな女性の皆さんにオススメしたいのが漢方の乙字湯(オツジトウ)。乙字湯は江戸時代から存在する漢方薬の一つで、痔の炎症を抑えてくれる効果があるんです。しかも便の通りを良くして排便時の痛みなどを和らげる効果があるので、女性の多くが抱えている便秘のお悩みも一緒に解決!まさに女性にとっては嬉しい効果だらけの漢方になっているんです。

乙字湯の特長

乙字湯は痔の炎症を抑え、痛みを軽減してくれる効果のある漢方。江戸時代日本の医師によって作られたものですが、現在でも病院での痔の治療の際によく処方されたりしています。従来の痔の治療用の一般医薬品と何が違うかというと、それは治療する部分。従来の一般医薬品は痛み止めやかゆみ止め・炎症を抑える成分などが配合されたものがほとんどで傷に対してアプローチする形になっていますが、乙字湯は「血の巡り」にアプローチするようになっているんです。

そもそも昔から漢方では痔は肛門の血の巡りが悪い状態であることが原因だと考えられ、その理論を基に乙字湯が作られました。そのため乙字湯には血の流れを良くし痔の傷の治りを早め、うっ血をとり腫れを抑える効果があるんです。

また痔の原因としてよく「便が固い」「便秘気味なのでトイレで力んでしまう」といったものも挙げられますが、乙字湯はこれも解消。便の通りを良くすることで排便時の痛みや圧迫を和らげ、痔になるリスクを減らすことができるんです。

味、飲みやすさは?

乙字湯は顆粒剤タイプのもので見てみると淡黄褐色の見た目で味は甘めになっていますが、ちょっと特異のニオイがするのでそれが気になって飲みにくいという方が多いかもしれません。

ただ薬局やドラッグストアに置かれている商品の中にはなるべくニオイを抑えて作られている錠剤タイプなどもあるので、苦手という人はそちらを試してみてはいかがでしょうか?ちなみに飲み方としては、成人の場合1日7.5gを2~3回に分割して、食前または食間に水かぬるま湯で経口服用します。

ただし年齢・体重・症状により適宜増減されることもあるので、そこは同封している説明書を読んだり医師の説明を聞いて、かならず指示された通りに服用するようにしてくださいね。

乙字湯の6種類の生薬

乙字湯に配合されているのは下記の6種類の生薬。主薬となっているのは「トウキ」で、これには乙字湯の特長である血の巡りを改善する効果があり、同時に便通を良くする働きも持っています。

月経不順・月経痛といった婦人科の疾患の治療にもよく使われているようです。「サイコ」と「オウゴン」には熱を冷ます薬効があり、気のうっ滞や水分の滞りを除く作用も。

「カンゾウ」には緊張を和らげる働きがあり、疼痛緩和作用にも有効となっています。また「ショウマ」には発汗作用と解毒作用、さらに痔核(いぼ痔)を治す作用も。「ダイオウ」には同じく乙字湯の特長となっている便秘を改善する下痢の作用が入っています。

  • トウキ
  • サイコ
  • オウゴン
  • カンゾウ
  • ショウマ
  • ダイオウ

服用する人によっては様々な副作用の可能性も

どちらかというと体力の充実している人のために処方された漢方なので、虚弱体質の人には向きません。食欲不振や胃腸の弱い人なども慎重に服用する必要があるでしょう。

また便秘改善のために作られ、基本的には下痢傾向へとなっていく漢方なので、元々下痢・軟便体質の方も注意が必要。その他、皮疹(発疹や赤みなど)や食欲低下・胃部の不快感・腹痛といった副作用が起こる可能性もありますよ。さらに配合されている生薬の1つ、ダイオウには子宮収縮作用や骨盤内臓器の充血作用があるとも認められています。

大量に服用しなければ大丈夫という意見もありますが、最悪深刻な問題に発展するかもしれないことなので、妊娠中の女性は必ず服用の前に医師に診断してもらうようにしてくださいね。

        
        

  関連記事

釣藤散は朝方からの頭痛や頭重感の悩みをサポート!ストレス性の高血圧による諸症状にも効果的

慢性頭痛に効果を発揮!高血圧による不眠や抑うつにもおすすめの漢方 高血圧にともな …

長引くむくみ、しびれ、ふるえ、だるさ、もしかしたらそれ病気のサインかも?

慣れてしまうからこそこわい、ちょっとした変化を見過ごさないで! むくみ、ふるえ、 …

その乾燥、食生活が原因かも?食事でできる乾燥対策

冬場に急増する全身乾燥トラブルを、食事で防ごう! 寒くなってくると乾燥肌が気にな …

白ごま油うがいで美しく健康に!やり方と効果は?

ごま油といえば独特な香りで食欲をそそりますよね。大好きで料理に活用しているという …

【ヒトパピローマウイルス(HPV)】子宮頸がんとの関係やワクチンの副作用について

子宮頸がんとの関係や、ワクチンの副作用についてなど、すべての女性に知ってほしい予 …

黒砂糖で腎機能がパワーアップする!「沈黙の臓器」と言われる腎臓を労わろう

食べ過ぎると胃の心配をしたり、お酒を飲みすぎると肝臓の心配をする方はたくさんいま …

ショウガのパワーをさらに倍増ざせる!蒸し生姜の驚くべきパワーとは?

体にいい食材として知られている生姜ですが、さらにその効果をアップさせる方法がある …

かかとが乾燥してガサガサ!その原因と潤わせる方法を教えて!

夏になりサンダルを履く機会が増える季節は特に、かかとケアに頭を悩ませる女性が多い …

本当はコワイ「プチうつ」、自分でできる予防策を!

体が重い、だるい、10時間以上寝てしまう、キレやすい、それって「プチうつ」かも …

知らないと怖い!「遅延型フードアレルギー」の症状や検査費用

目次1 慢性的な下痢や頭痛、原因は遅延型フードアレルギーかも2 遅延型フードアレ …