今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

サフランには冷え性改善やデトックス効果が!

サフランは月経不順の改善など女性に嬉しい働きがいっぱい!

サフランは料理にも使えるハーブということで人気があります。地中海東部沿岸や西南アジアを原産地とするアヤメ科サフラン属の多年草です。

漢方薬としても使われており、パエリアなどの料理にも使われます。パエリアといえば特徴的な黄色いお米の料理ですよね。あの黄色はサフランで色を付けているのです。

サフランの効果・効能

冷え性改善

サフランには体を温める働きがあります。そのため、冷え性に悩んでいる方も取り入れてみましょう。入浴剤として使っても体を温める効果が期待できます。精神安定効果も加わり、リラックスしながらお風呂を楽しめるでしょう。

記憶力の増進

記憶力を高める働きがあるスパイスとしても知られています。これはサフランに含まれているクロシンという成分が中枢神経の活性化に役立つためです。サフランは漢方の分野でも使われることがあるのですが、認知症や物忘れの緩和・治療に取り入れられることも多いです。

デトックス効果

サフランには血管を広げる働きを持っています。細くなった血管では血液の流れがスムーズに行われず、体内に老廃物を溜め込みやすい状態になるので、それを改善させることによりデトックス効果も期待できるでしょう。

サラサラの血液を目指しているという方もサフランをチェックしてみてくださいね。体内の毒素が排出されれば高血圧やうつ症状の改善に繋がるケースも多いため、たくさんの健康効果も期待できます。

イライラしがちだったもののサフランティーを飲むようになってからはヒステリーが解消された、うつの症状が治まったという方もいるようです。

月経不順の改善

サフランには通経作用があるため経験を促進にも役立てられます。また、生理痛が悪化する原因の一つに体の冷えもあげられるのですが、サフランの持つ血行促進効果により生理痛の改善も期待できるでしょう。

精神安定効果

ホルモンの一つに幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンというものがあります。セロトニンの分泌量が増えると幸せを感じるのですが、サフランにはセロトニンの分泌量を調整するという働きがあるのです。

イライラして夜なかなか眠れない、ささいなことで気持ちが落ち込んでしまうという方もサフランを取り入れてみましょう。

ダイエットサポート

サフランには食欲や脂肪の吸収を抑制する働きがあるヒドロキシクエン酸というものが含まれています。ダイエットする際にスパイスを取り入れると効果的といわれますよね。

サフランにもそういった働きが期待できるので、ダイエットサポートハーブとして役立ててみましょう。ダイエット中は食事制限やストレスのせいで気持ちが落ち込んだりイライラすることもありますが、サフランの持つ精神安定効果によりこういったトラブルも押さえながらダイエット成功を目指せます。

サフランの味・香り

サフランの味は好みが分かれると言われます。香りにも特徴があり、苦味があるハーブです。まずは少量から試してみると良いですね。

サフランティーも人気です。雌しべを乾燥させたものを使って作るので、自分で栽培しているという方はぜひハーブティーにも挑戦してみましょう。

サフランの雌しべは一つの花から3本しか取れないということもありとても貴重です。そのため、ショップによってはかなり高値がついていることもあるので価格をよく確認しておきましょう。

花など雌しべ意外の部分はスパイスやハーブには使われません。

サフランの栽培について

とても可愛い花をつけるため、サフランを自宅で栽培している方も多いです。

できるだけ簡単に育てられるハーブを探しているという方もいるはず。そういった方にもサフランがおすすめです。

どちらかというと乾燥気味の土を好むハーブでもあるため水やりには注意しておきましょう。耐寒性にすぐれているので寒い地域でも問題なく育てられるでしょう。

日当たりの良い場所を好むハーブです。ハーブとして使う際には花の中の雌しべを使うわけですが、日照不足の状態になると花付きが悪くなるので注意してくださいね。

害虫などの被害もほとんどないのでたくさん虫がついてしまってだめになったというトラブルもないでしょう。

サフランの注意点

摂取しすぎてしまうとのぼせやほてりといった不調を感じる方がいます。料理などに使う際には一度に大量に使ってしまうこともありますが、使用量には注意しておきましょう。

一日0.3g程度までを上限としておき、それ以上は使わないようにすると安心ですね。

ハーブティーを作る際には雌しべを使います。その際に、つい何本も入れるようなことがないように注意しておいてくださいね。5g以上摂取すると重篤な副作用が現れる危険性があります。

万が一12g以上摂取した場合には致死量に値するとも言われているので十分な注意が必要です。

また、サフランには子宮収縮作用があるため妊婦にはおすすめできません。妊娠中だけでなく授乳中の使用も避けましょう。

        
        

  関連記事

よく聞く「ピンクリボン」って何? どんな活動をしているの?

乳がんの啓発活動を世界規模で行う「ピンクリボン運動」とは? “皆さん …

乳がん、子宮筋腫・・・女性の疾患について知っておこう!

女性の疾患 セルフチェックで早期発見しよう 女性の疾患には、乳がんや子宮内膜症な …

50代以降は気をつけたい動脈硬化、物忘れ、ロコモティブシンドローム

アンチエイジングドックを活用して、「老化度」と「老化危険因子」をチェック! 人生 …

気になる二の腕のブツブツの原因は?改善する方法はないの?

夏になり薄着になると、二の腕のブツブツが気になる女性がたくさんいるはずです。では …

顔がピクピクするのは顔面けいれんかも!原因や症状、治療法は?

顔面けいれんの原因、症状、治療法などについてご紹介します。 突然顔がけいれんする …

食べ過ぎを帳消しにしてくれるストレッチがあるって本当?そのやり方は?

食べ過ぎ帳消し以外の効果にも着目しよう! 仕事やプライベートの付き合いで、つい食 …

寝る前に10秒すれば効果があるって本当?その内容と効果とは?

寝る前にするアンチエイジング3選 年齢を重ねることでしか、得られない美しさがあり …

風邪のひき始め、不調を長引かせない対処法4つ!

お薬より効く!?風邪の初期症状に試してほしい対処法を紹介します。 「明日は絶対に …

抗酸化成分のある食事で老化と加齢臭を予防!抗酸化作用の高い食材とは?

年齢を重ねる時になってくるものの一つが「加齢臭」です。加齢臭とは、体が衰えること …

食後の飲み物が実は貧血を招いているのかも?

貧血改善に食事を気をつけている人も多いのですが、実は飲み物にも注意が必要です。 …