今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

サンフラワーは食用&化粧品で人気!ダイエットサポートにも注目

ひまわりとしてお馴染みのサンフラワーは効能がたくさん!


サンフラワーといえば、お馴染みのひまわりのことです。北アメリカを原産地とするキク科ヒマワリ属の一年草で、大きなものだと3メートルほどにもなります。

ひまわりと言われてもハーブとしてのイメージはないですよね。しかし、ひまわりも立派なハーブの一種でハーブとして使われる際にはサンフラワーと呼ばれるのが一般的です。

食用として使われるほか、化粧品に配合することもあります。日本でも多くの地域で親しまれているサンフラワーの特徴などについてご紹介しましょう。

サンフラワーの効果・効能

ダイエットサポート

ひまわりの種には不飽和脂肪酸が含まれておりダイエットをサポートしてくれます。脂肪の蓄積を抑制するのに効果的なトナリンという成分が含まれているということもあり、太りにくく痩せやすい体を目指しているという方にもおすすめです。

冷え性改善

ひまわりの種には血液循環を整えるビタミンEやマグネシウム、不飽和脂肪酸、ビタミンB群など様々な栄養素が含まれています。冷え症に悩んでいるということは血液循環がうまく行われていないということでもあるため、ひまわりの種を取り入れて冷え性対策をしてみましょう。

便秘対策

便通をスムーズにするために役立つ不飽和脂肪酸を含んでいます。便秘で悩んでいるけれど頻繁に便秘薬を使いたくないという方も多いはず。

そういった方も便秘対策のためにサンフラワーを取り入れてみましょう。

美肌効果

マッサージをオイルの中にもひまわり油を使ったものがあります。肌が硬くなるとシワが発生しやすくなったり、毛穴も詰まりやすくなるのですがサンフラワーオイルには肌をやわらかくする皮膚軟化作用があるため、健康な肌に導いてくれるのです。

肌トラブルに悩まされることが多いという方も取り入れてみてくださいね。

また、抗酸化作用があるため、若々しい肌を保ちたいという方にもおすすめです.

サンフラワーオイルの選び方

サンフラワーオイルには大きく分けて高リノール酸タイプと高オレイン酸タイプの2種類があります。このうち、肌質に合わせて自分にとって最適なものを選択しましょう。

例えば、脂性肌でニキビなどの肌トラブルが起きやすいという方におすすめなのが高リノール酸タイプです。一方で高オレイン酸タイプは乾燥肌の方などに向いています。

貧血予防

ひまわりの種には鉄分が豊富に含まれています。特に女性は鉄分が不足しやすいので取り入れてみてくださいね。

イライラの緩和

ちょっとしたことでついイライラしてしまうという方はカリウムが不足している可能性があります。サンフラワーにはカリウムが含まれているため、精神状態を安定させるのにも役立つでしょう。

また、カリウム不足は筋力低下を招くこともあるため昔に比べて筋力が落ちたな…と感じる方はカリウムが不足していないかチェックしてみましょう。

生活習慣病の予防

サンフラワーに含まれているフラボノイドというものが少なくなると生活習慣病のリスクが高まります。近年、フラボノイドが不足している方が増えてきました。その背景にあるのが食生活の変化です。

フラボノイドは野菜類に豊富に含まれているのですが、野菜を食べず主食のみで食事を済ませる方もいますよね。食の欧米化に伴いどんどん野菜の消費量は少なくなってきているのですが、もともとフラボノイドは野菜をたくさん食べたとしても吸収率が低いという特徴を持っています。

これに加えて野菜不足の問題もあり、フラボノイドが不足している方が多いわけです。

免疫力の向上やアレルギーを抑えるのにも役立つものなので、サンフラワーからも取り入れてみましょう。

サンフラワーの味・香り

種はナッツのような味わいを楽しむことができます。香りはほとんどありません。

ただ、花びらを使って作ったハーブティーは少しフルーティーな感じもするので飲みやすいハーブティーを探しているという方もチェックしてみてくださいね。

サンフラワーの栽培について

とても丈夫な花なので初心者でも育てやすいです。ただ、日光を好む花ということもあり日当たりの良い場所で育てられるように注意しましょう。

他の植物の近くに植えようと思っている際には成長したサンフラワーが日陰を作ることもあるので注意が必要です。水はけの良い場所を好むのでこのあたりも注意してみてくださいね。

暑さにも強いので夏の時期にもどんどん成長を続けます。あまり大きくなるのは困るということであれば小さな種類を選択してみましょう。

たくさん花を咲かせるためのポイントは本葉が5~6枚程度になった際に芯を摘むということ。これにより枝数を増やすことができるため形も良くなります。

種を収穫する際には花が下を向いて十分に種が黒くなったのを確認してから取り除くのがポイントです。その後乾燥させてから使いましょう。

花弁を使う場合には開花期に採取して乾燥させたものを使います。

サンフラワーの注意点

キク科の植物ということもあり、キクにアレルギーのある方は避けておきましょう。

        
        

  関連記事

サビない体作りは食べ方や食材選びで決まる

体のサビを予防する食事でアンチエイジング 人間が呼吸をするたび、酸素を取り入れた …

乳がん検診ではどんなことをするの?詳しい検診内容をご紹介

乳がん検診を受けられる場所や検診の内容とは? 乳がんは20代・30代の女性も珍し …

カルシウムは吸収率が低い!?上手な取り入れ方を知って丈夫な骨作り

健康な歯や骨を作るために欠かせないカルシウムの摂取や吸収率について カルシウムと …

桂枝加竜骨牡蛎湯で神経質を改善できる!?不眠症や夜尿症にも効果的

心の不安やストレスに働きかける漢方薬 桂枝加竜骨牡蛎湯とは 桂枝加竜骨牡蛎湯(ケ …

スーパーフルーツ・アサイーの抗酸化作用でアンチエイジング!

アサイーを手軽に摂るなら粉末タイプのグリーンスムージーがおすすめ アンチエイジン …

その爪、体調不良のサインかも?爪のメカニズムを考えてケアしよう

栄養補給で基礎からのネイルケア 爪が割れてしまうと人からの見た目があまりよくない …

秋は食事でアンチエイジング!きのこや秋鮭で身体の中から若返り

きのこや秋鮭がアンチエイジングに効果大!どんなアンチエイジングができるの? アン …

座っているのも辛い!女性ならではの腰痛の原因と対策法

腰痛を予防するためにするべきこと4つ 年齢に関わらず腰痛に悩んでいる女性は多いで …

乳がんってどんな病気?何歳から気を付ければいいの?

12人に1人がかかる乳がん セルフチェックで早期発見・早期治療を! 突然ですが、 …

アロマティカスはハーブティー・料理・アロマテラピーで人気!

香りも人気のハーブ アロマティカスが持つ働きや栽培方法は? アロマティカスは非常 …