今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

シソもハーブの一種!育てやすく効果・効能も魅力!

シソは健康維持や美肌作りに役立つ優秀なハーブ!

シソは日本でも薬味などとして非常に高い人気がありますよね。日常的に取り入れている方も多いのではないでしょうか。

シソはハーブの一種であり、中国や日本を原産地とするシソ科シソ属の一年草です。スーパーなどで販売されているものを見るともともとの植物がどのような形になっているのかわからない方もいるかもしれませんが、大きいものだと草丈は1メートル程度になります。

日本では青ジソのほか、赤ジソも一般的ですよね。料理などで目にするのは主に青ジソではありますが、効能にすぐれているのは赤ジソの方です。

シソの効果・効能

健康維持

シソにはビタミンが豊富に含まれています。ビタミンといえば健康な体や美しい肌を作るためにも欠かせません。

体調を崩しやすい方もビタミンが不足している可能性があるので、シソを取り入れてみましょう。

鎮咳効果

シソには咳を抑える効果があります。風邪をひきやすい方などもチェックしてみましょう。風邪だけでなく感染症の予防にも効果的で肺の疾患を予防したり改善する効果も期待できるのが魅力です。

発汗作用

風邪のひき始めなどに役立つ機能として発刊作用がげられます。風邪はできるだけ早いうちに退治したいですよね。その際にも役立ててみてくださいね。

食欲促進作用

シソのように香りの強いハーブは食欲増進作用を持っているものが多いです。夏バテなどでどうしても食欲がわかない…という方は食前にハーブティーを飲んでみましょう。

暑い時期に夏バテに悩まされる人もいますが、夏といえばそうめんがおいしい季節でもありますよね。シソはそうめんの薬味としても相性が良いので、食欲増進のためにもシソを食べるのがおすすめです。

美肌作り

シソに含まれているポリフェノールやビタミンCには美肌を作る働きがあります。美肌を作るためには肌のくすみなどもすべてケアしたいですよね。

シソに含まれているポリフェノールやαリノレン酸は血液をサラサラにするのにも役立つので、血行を良くして肌のくすみを取り除けます。

抗酸化作用

シソにはポリフェノールの一種であるルテオリン・ロズマリン酸が含まれています。ポリフェノールは高い抗酸化作用を持っており、老化を防ぐためにも欠かせません。

体内で活性酸素が増えてしまうとどんどん老化が進んで肌だけでなく体の内部も若々しさを失うので、抗酸化作用を持ったシソを取り入れてみましょう。

精神安定効果

シソは気持ちの落ち込みを抑える働きがあります。ちょっとしたことで情緒不安定になるという方もシソの持つ精神安定効果に注目してみましょう。

ストレスを抑えるのにも役立ってくれます。ストレスをため込むと精神的にもよくありません。心の病気につながることもあるので、普段の食生活でも取り入れやすいシソを献立にも組み合わせてみるのがおすすめです。

ハーブの中ではカモミールが持つ安眠作用も有名ですよね。シソはカモミールとの相性も良いので、精神的な心配事があって眠れないという方はブレンドティーを飲んでみましょう。

疲労回復

疲労回復に効果があるビタミン、カルシウムなどのカルシウムが含まれています。

抗菌・防腐作用

シソといえば刺身に添えてあるイメージが強いですよね。これはシソが持っている抗菌・防腐作用により食中毒を予防する働きが期待できるからです。

日本は魚を生で食べる文化が根付いているので、シソは食卓に欠かせない食材ともいえるでしょう。

シソの味・香り

香りは多くの方が想像できるのではないでしょうか。味というよりも香りのインパクトが強いですよね。
香りにもリラックス効果があるので、精神的に疲れている時やストレスをため込んでいるタイミングで取り入れると効果的です。

シソの栽培について

初心者向けでもあり、簡単に増やすことができます。庭先でも育てやすいので、小さな庭で育てられるハーブを探しているという方からも人気です。

料理などに活用したいと思っている場合にも栽培をしておくととても便利ですよね。種をまいて適当に世話をするだけでも勝手にどんどん増えることも珍しくありません。

ハーブを育てたいと思っているけれどあまり手のかかるものはちょっと…という方でもシソならば安心です。

注意しなければならないのが赤ジソと青ジソの両方を栽培しようと思っているのであればできるだけ離しておくということ。というのも、それぞれの種類が交雑するとお互いの良さを消し合うような種子ができてしまうのです。

香りなども弱くなるので十分に注意してくださいね。また、ハーブを育てている方の中にはバジルを栽培しているという方もいるはず。バジルもシソ科の植物なので同じことがいえます。

シソの注意点

妊婦が取り入れる際も特に問題はありません。母乳促進作用もあります。妊婦用のレシピの中にもシソを使ったものが数多くあるので、妊娠中や授乳中にもおすすめです。

        
        

  関連記事

売上100万袋突破!琉球素材が原材料のアイサプリ「一望百景」の特徴や効果

ブルーベリーの4倍のアントシアニンを含む紅イモ使用アイサプリ 年代を問わず悩まさ …

ビストロで美味しく食べて美肌もGET!旬の味を楽しんで美しくなろう!

家ではできるだけ自炊を心がけ、野菜を積極的に摂取しているという女性もたくさんいま …

妊活って何をすること?妊娠を望む女性に欠かせない「妊活」とは?

最近よく聞く「妊活」の具体的な方法とは? 大島みゆきさんや東尾理子さんが公表した …

セサミン摂取で健康な生活を実現!理想的な摂取方法は?

サプリで話題!セサミンの魅力や特徴とは? セサミンという栄養素について聞いたこと …

芸能人も注目している寝かせ玄米!普通の玄米と何が違うの?

寝かせ玄米を食べると、アンチエイジングの効果をはじめ、健康維持の効果も得られると …

健康な体の3つの土台は自律神経・内分泌ホルモン・免疫

健康でいるために欠かせない3つの土台とは? いくつになっても健康でいたいと思うの …

【保存版】便秘解消は美肌作りに欠かせない!美と健康のための対策をご紹介!

便秘を解消することで様々なメリットがあります。そこで、便秘の原因や種類、対策につ …

ルーは殺虫、殺菌作用が強くハエよけ、ネコよけにも効果的!

ネコヨラズとしても知られるハーブ ルーの効果や効能を紹介 ルーとは南ヨーロッパを …

自分の体温知っていますか?意外にこわい低体温の諸症状

低体温は老化の元! 体を温めるポイント3つ 美容通の友人A「低体温だと早く老ける …

突然やって来るあのズキズキ・ガンガンからの解放!新習慣サプリ「ズキラック」

8種類の自然系素材でズキズキをスッキリ!薬に頼らない毎日へ 気圧の変化やホルモン …