今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

アンチエイジングや精神安定作用を持ったハーブ タラゴンの特徴

女性特有のトラブル改善にもおすすめ!タラゴンの効果・効能

タラゴンとはシベリヤや北アメリカ、南ヨーロッパを原産地とするキク科ヨモギ属の多年草です。大きいものだと100センチほどになります。

フレンチタラゴンとロシアンタラゴンという2種類があるのですがこのうちフレンチタラゴンがハーブとして使われているのでチェックしてみてくださいね。

細い葉をしており、それがドラゴンの牙に似ているということからフランス語で小さいドラゴンという意味を持つ「エストラゴン」と名付けられたことに由来しています。

タラゴンの効果・効能

アンチエイジング

タラゴンにはアンチエイジングに効果的な抗酸化成分が含まれています。そのため、若々しい肌を維持したいと思っている方も取り入れてみましょう。

精神安定作用

緊張したり気分の浮き沈みが激しいという方にもおすすめのハーブです。疲れた心に活力を与える際にも役立ってくれます。

血行促進効果

冷え症に悩んでいる方もタラゴンを取り入れてみましょう。血行を促進する働きがあるため、肩こりや筋肉痛の予防・改善にも効果が期待できます。

また、タラゴンを取り入れたところ神経性の痛みが改善したという方もいるようです。

タラゴンにはチャビコールメチルエーテルというものが含まれており、強い鎮痙作用があります。この働きと血行促進作用のダブルの働きによって血行不良が原因で発生している肩こりの解消にも役立つわけです。

花粉症予防・改善

タラゴンには抗菌・抗アレルギー作用があります。そのため、花粉症や感染症の予防にも役立つのです。

風邪やインフルエンザの予防にも効果的なので体調を崩しがちな方は取り入れてみましょう。抗アレルギー作用は精油として取り入れた際に大きな働きを持つため、デュフーザーでアロマオイルとして取り入れるのもおすすめです。

利尿作用

利尿作用があるため、むくみに悩んでいる方にもおすすめです。また、デトックス効果もあるのでむくみを改善して体の内側から美しくなりたいという方にも向いています。

女性特有のトラブル改善

生理不順やPMS、無月経などのトラブルを改善させるのにも役立つ通経作用を持っています。前述したように血行促進作用もあるわけですが、女性特有のトラブルの中には血行不良が原因で発生しているものもあるため、様々な方面からトラブル改善に役立つハーブだといえるでしょう。

タラゴンの味・香り

とても香りが良いことからハーブティーとして活用されています。ほのかな苦みと甘い香りがあり、疲労回復効果も期待できるので日々の水分補給に活用するのもおすすめです。

ハーブティーとして取り入れる際にはこちらを主役にするというよりも他のハーブティーを入れる際にブレンドし、味わいをまろやかにする目的で使われることもあります。

タラゴンの栽培について

暑さに弱いハーブです。また、フレンチタラゴンは種ができないという特徴を持っているため増やす場合には挿し木などの方法を選択する必要があります。

肥料はしっかり与える必要があるのですが水やりのしすぎはNGです。どちらかというと乾燥気味の土を好むので水を与えすぎないように注意しましょう。

また、日当たりも飲むので植える位置には注意が必要です。苗を植えてからは2週間に1回ほど液肥を与えましょう。

収穫した葉は乾燥させると香りが飛んでしまいます。そのため、乾燥させるよりも洗ってから冷凍保存するのがおすすめです。日本の環境ではほとんど開花することはありません。花が咲いたとしても種を結ぶことはないので種を収穫して育てるということはできないと思っておきましょう。

難易度については初心者向けのハーブとは言えません。夏の厚さに弱いことからしっかり対策が取れる方でなければ成長させるのは難しいでしょう。

夏越を成功させるためには肥料の与え方も重要です。春の段階である程度成長させておかないと暑さに耐えられないので十分に注意しておきましょう。

また、冬はしっかり寒さに当てることも重要です。寒さを気にして室内に取り組む方もいるようですが、寒さに当てることが重要なハープなので室内に入れるのはおすすめできません。

防寒しすぎてしまうと春に芽が出ないケースもあるため様々な注意をしながら育てていく必要があります。

寒さには強いのですが寒冷地域で育てる場合は霜除けも必要です。冬には地上部がなくなるということもあり、うっかりしていると水やりを忘れてしまうこともあるので気をつけてくださいね。

根腐れにも注意が必要なハーブで水はけの悪い土地で育てるとすぐに根腐れを起こして枯れてしまうこともあります。

タラゴンの注意点

キク科の植物ということもあり菊アレルギーを持っている方は使用を避けましょう。通経作用があるため妊娠中の方は使用を控えましょう。また、他のハーブに比べると少量でも強い働きを持ちます。そのため、使用量には注意してくださいね。

        
        

  関連記事

ゴシゴシしすぎてつらい…花粉で目がかゆい時にまずどうしたらいいの?

我慢できない花粉症による目のかゆみ、どのように対策したら効果的なのでしょうか。 …

【旬の野菜と果物で健康に】9月は夏の間の疲労回復が大切!サトイモや栗を取り入れて栄養補給

9月はまだまだ残暑が厳しく、夏バテを起こしやすい時期です。また、季節の変わり目で …

ブルーライトとは?良くない理由と対策について

目に良くないとされているブルーライトについてご紹介します。 ブルーライトとは目に …

アンチエイジングに注目の新成分、アロエステロールがすごい!

お肌を若々しく保つために是非とも取り入れておきたい成分、アロエステロールをご紹介 …

早起きを努力ではなく習慣に!光で目覚めるエナジーライトinti(インティ)

専門医もすすめる光の目覚ましでつらい寝起きをスッキリと 朝起きるのがつらい、早く …

花粉症対策総まとめ。ズルズルグズグズ…症状に悩む前にチェックしよう!

花粉症対策として具体的にどのようなことを行うべきかご紹介します。 花粉症に悩む方 …

サントリナは園芸も人気!虫除け効果も優秀なハーブ

たくさんの種類があるハーブ サントリナの効果や効能は? サントリナは地中海沿岸を …

腸内に老廃物がたまるとどうなるの?改善する方法とは?

最近、腸内環境を整えるヨーグルトや飲みもの、サプリメントのCMを見かけることが増 …

ディルは安眠作用の他にもしゃっくりを止める作用も!辛いお腹の張りにも効果的

たくさんの効果・効能を持つハーブ!ディルの特徴は? ディルは地中海沿岸や西アジア …

エキナセアはガーデニングでも人気!免疫力アップにも効果的

エキナセアの効果・効能、栽培方法や摂取の際の注意点紹介 エキナセアはアメリカ東部 …