今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

たんぽぽもタンデライオンというハーブ!効果・効能は?

タンデライオンは女性にうれしいハーブ!母乳の出を良くする働きも

タンデライオンは北半球を原産地とするキク科タンポポ属のハーブです。タンデライオンというと馴染みがありませんが、これは日本のどこにでも咲いているたんぽぽのこと。誰でも一度は目にしたことがありますよね。

ありふれている花でもあるのでその効能に注目したことがある方は少ないのではないでしょうか。しかし、非常に有用なハーブのひとつとして知られています。

まるでライオンの歯のような葉の形をしていることからこの名前が付けられました。葉の部分はダンデライオン・リーフ、根はダンデライオン・ルートと呼ばれとても人気の高いハーブです。

タンデライオンの効果・効能

デトックス効果

肝臓や胆のうの働きが弱まった際に機能回復の目的で取り入れられることもあります。肝臓はデトックスを行うためにも欠かせない臓器なので老廃物の蓄積などが原因と思われる肌荒れが発生している方はタンデライオンを取り入れてみましょう。

便秘の解消

イヌリンという便秘の解消に効果的な成分を含んでいます。ただ便通を良くするだけでなく便の硬さを整える効果もあるため、お腹の調子を崩しがちな方にもおすすめです。

また、腸内環境を整える働きを持っているため便秘の予防にも役立ちます。

消化機能の改善

タンデライオンには苦味成分が含まれています。この苦味成分であるタラキサシンなどには胃酸の分泌を促進する働きがあるため消化機能を向上させるのにも役立ってくれるのです。

つい食べ過ぎてしまう方も取り入れてみましょう。

利尿作用

フランス語ではおねしょを意味する「ピ・サン・リ」と呼ばれることもあります。ここからもわかる通り、利尿作用の強いハーブです。

体内に水分が溜まってるせいでむくみがひどくなり悩んでいるという方も取り入れてみてくださいね。

母乳の出を良くする

タンデライオンで作るハーブティーには母乳の出が良くなる働きがあるということで授乳中の女性からも選ばれています。

また、母乳分泌促進・乳腺炎の予防にも効果的なので女性にとって嬉しい働きをしてくれるハーブだといえるでしょう。

生活習慣病の予防

生活習慣病の中でも糖尿病の予防に効果的とされています。これはタンデライオンに含まれている水溶性食物繊維が糖の吸収速度を緩やかにしてくれるからです。

特に甘いものが好きな方や身内に糖尿病の方がいる場合は糖尿病のリスクが高いためタンデライオンに注目してみましょう。

また、肝臓の機能を強化する働きを持っているため、サラサラの血液を目指すこともできます。血液がドロドロした状態だと詰まりやすく、重篤な病気に繋がるリスクも高まるので健康のためにも役立ててみましょう。

増え過ぎると病気の原因にもつながる悪玉コレステロールを抑える効果もあります。

タンデライオンの味・香り

たんぽぽコーヒーというものを聞いたことはないでしょうか。ハーブティーとして使うのは主に根の部分でコーヒーのような風味を持っていることからたんぽぽコーヒーとも呼ばれています。

コーヒーといえばカフェインが含まれているわけですが、たんぽぽコーヒーはコーヒーのような味わいが魅力的ではあるもののノンカフェインの飲み物なのでカフェインを避けた方が良いとされる妊娠中の方や授乳中の方からも選ばれています。

たんぽぽコーヒーの作り方

作り方はとても簡単です。まずはたんぽぽの根を用意しましょう。だいたい5本くらいで1杯分のコーヒーができ上がります。

根は切れやすいので注意してくださいね。

続いてたわしを使ってよく洗います。それを包丁を使って薄く切ったらザルなどに広げて5日程よく乾かしましょう。十分に乾燥したらフードプロセッサーやミルサーで粉砕します。

最後にフライパンに入れて弱火~中火でゆっくりと乾煎りしたら完成です。口当たりが気になる方はコーヒーフィルターを使って抽出したものを飲みましょう。

実際に作ってみるとかなり根を用意してもそれほど量ができません。市販のたんぽぽコーヒーは価格が高いものも多いのですが、必要になるたんぽぽの根の量を考えると仕方のない値段だといえるかもしれません。

タンデライオンの栽培について

タンポポを想像すればわかる通り、自生で増える力を持っているための育てるのは難しい事ではありません。ただ、日当たりの良いところを好むハーブなのでよく陽のあたる明るいところで育ててあげましょう。

自分でわざわざ育てなくても春になれば公園などでたくさん咲いているのでそういったものを摘んでくるのも良いですね。ただ、なかには勝手に植物を摘むことが禁止されている公園もあるため、心配な方は自分の庭で育ててみましょう。

タンデライオンの注意点

妊婦の水分補給としてもおすすめのハーブなので妊娠中の方・授乳中の方でも飲めます。ただ、キク科のハーブということもあり菊アレルギーを持っている方は避けましょう。

        
        

  関連記事

お腹がパンパンになるのはガスだまりが原因かも!?その改善方法とは?

何だかお腹が張るなと感じたことがあるひとは、きっと予想以上に多いはずです。そうし …

肝機能を良くするならツボ押し!おすすめのツボ紹介

悪くなってしまった肝機能改善に効果的なツボとは? 何となく顔色が悪く黄色っぽい、 …

【ヒトパピローマウイルス(HPV)】子宮頸がんとの関係やワクチンの副作用について

子宮頸がんとの関係や、ワクチンの副作用についてなど、すべての女性に知ってほしい予 …

苓桂朮甘湯は身体があまり丈夫でない繊細な人でも飲みやすい!立ちくらみにも効果的な漢方薬

神経質な人や、身体が弱くめまいに見舞われる人におすすめの漢方 漢方外来へ赴くこと …

温清飲はPMSなど月経に関する悩みを抱える人に試してほしい!血の巡りをよくしながら出血もおさえる

更年期障害にも効果あり!かゆみ、カサカサ、湿疹など肌の悩みにも 温清飲(うんせい …

今日から始めたい!パワーサラダのススメ

野菜不足やビタミン不足を美味しく補ってくれるパワーサラダが今大注目です。 毎日の …

血液クレンジングって何?アンチエイジングに効果的って本当?

有名人も通う「血液クレンジング」とは? 最近テレビや雑誌で話題になっている「血液 …

糖尿病予備軍のひとは注目!塩分を控えた食事宅配サービスで健康を管理しよう!

糖尿病は生活習慣病の一つです。近年は子どもにも発症例がみられ、発症すると食事管理 …

麻杏ヨク甘湯はつらい関節痛や神経痛の痛みにおすすめの漢方薬

麻杏ヨク甘湯は、どこの場所の痛みにも高い効果を発揮する漢方薬です。 目次1 麻杏 …

その汗、暑さが原因じゃないかも!? 女性特有の多汗「ホットフラッシュ」の症状とは?

ホットフラッシュの原因と、その対処法について! とくに暑くもないのに、体が火照っ …