今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

チャービルは香辛料としても活躍!高血圧の改善・予防にも。

チャービルは栽培もしやすいハーブとして人気!効果・効能は?

チャービルはヨーロッパや西アジアを原産地とするセリ科シャク属の一年草です。フランス料理では香辛料として使われることも多く、パセリのような使い方をするハーブでもあります。

ただ、パセリに比べるとクセが少ないという特徴も持っているため、パセリが苦手…という方でもチャービルならば食べられるかもしれませんね。

風味づけとしても活躍してくれるので料理にも取り入れてみましょう。非常に栄養豊富なハーブとしても知られており、健康・美容目的で取り入れている方も多いです。

チャービルの効果・効能

消化促進

食べ過ぎることが多い方にもおすすめのハーブです。消化を促進する働きがあるだけでなく食欲増進にも効果があるので役立ててみてくださいね。

胃もたれの予防にも効果的なハーブなので胃の調子が乱れがちな方もチェックしてみましょう。

粘膜の保護

チャービルには粘膜を保護する働きを持っているビタミンAが含まれています。粘膜は細菌から体を守るためにも欠かせない働きをしているため健康な体づくりを目指しているということも取り入れてみましょう。

がんの予防にも効果的な栄養素として知られています。

発汗促進

発酵促進効果があるため風邪を引いた際や熱が出た時に取り入れたいハーブです。それに加えて血行を促進させる働きもあるので体調不良で体の冷えを感じているという時にも取り入れてみましょう。

体の芯から温まる効果があるので体調不良時だけでなく普段から冷え症に悩んでいるという方にもおすすめです。

高血圧の改善・予防

チャービルには高血圧を防ぐのに欠かせないカリウムが含まれています。高血圧で塩辛いものが好きな方は塩分であるナトリウムを摂取しすぎている可能性があるわけですが、カリウムを取り入れれば体内でナトリウム量を調整する効果があるため高血圧になるのを防げるのです。

貧血予防

チャービルは血液の循環を促進する働きを持っているため貧血を予防したり改善する効果が期待できます。鉄分も含んでいるため、効率よく貧血の予防・改善ができるハーブです。

デトックス効果

チャービルを使って作ったハーブティーは体内の毒素を排出する働きを持っています。そのため、デトックス目的で取り入れている方も多いです。

抗酸化作用の高いビタミンCを含んでいるのですが、ビタミンCといえば美容のためにも欠かせない栄養素として知られていますよね。肌荒れに悩んでいる方なども取り入れてみましょう。

チャービルの味・香り

甘く、さわやかな香りがします。料理のスパイスとして人気ではありますが、熱を加えると風味が飛ぶという特徴を持っているので注意が必要です。

そのため、一般的には生で使われます。フレンチパセリと呼ばれることもあるくらいなのでパセリと似たような使い方で楽しんでみましょう。

ハーブティーとして飲む場合はそのままでは飲みにくいと感じる方も多いようです。甘みを加えたい場合には蜂蜜やオリゴ糖を加えてみましょう。また、レモンとの相性も良いです。

料理に使う際には卵との相性が良いのでぜひ試してみてくださいね。オムレツに添える食べ方も人気があります。

また、葉を細かく刻んでドレッシングに加えてもおいしいです。

チャービルの栽培について

ハーブとして使われるのは葉です。栽培の難易度はそれほど高くありません。

ベランダなどでも育てられるハーブということもあり、アパートなどで暮らしていることにもおすすめです。

種をまいてから2ヶ月ほどで葉が収穫できるような状態になるので、すぐに収穫できるハーブを探しているという方にもおすすめです。

一年草ということもあり花が咲き終わった後は実を付けて枯れます。花が咲いた後は風味が悪くなるので花茎が伸びてきたあたりで早めに摘み取っておくのがおすすめです。

ただし、すべて摘み取ると実や種ができませんよね。いくつか種を残しておけば後は勝手にこぼれ種から発芽するため残しておくのも忘れないようにしましょう。

注意したいこととして発芽率はそれほど高くありません。こぼれ種の数が少ないとうまく育たない可能性もあるので注意しましょう。

発芽するまでは土を乾かさないようにしっかり水やりしてくださいね。

乾燥保存ができないわけではないのですが、乾燥させると香りが飛んでしまうのでできることならば収穫してすぐに使うのが理想的です。これが難しい場合は冷凍保存をしたり、バターにまぜ合わせてハーブバターとして活用してみてくださいね。

このほかにはハーブビネガーにするのも人気の方法です。しっかり洗って乾かしたハーブを酢に入れ、香りが移ったの確認してからハーブを取り出して冷暗所で保存するだけで香り豊かなお酢楽しめます。

明るい日陰での栽培に適しているハーブで乾燥には弱いです。あまりにも日当たりの良いところよりも半日陰で育てた方が香りが良くなります。

        
        

  関連記事

売上100万袋突破!琉球素材が原材料のアイサプリ「一望百景」の特徴や効果

ブルーベリーの4倍のアントシアニンを含む紅イモ使用アイサプリ 年代を問わず悩まさ …

アンチエイジングに注目の新成分、アロエステロールがすごい!

お肌を若々しく保つために是非とも取り入れておきたい成分、アロエステロールをご紹介 …

体の歪みを治すなら骨盤矯正!効果や施術内容は?

ダイエット効果も大きい骨盤矯正とはどんなもの? 骨盤がゆがんでいると体には様々な …

年齢を重ねてなかなか疲れが取れない…それは老化している証拠

食事量が少なくなってビタミンB1の摂取量が少なくなっているから? 昔は多少徹夜な …

汗には、良い汗と悪い汗がある!良い汗をかくためには?

悪い汗をかく原因と、その改善方法について ダイエットや美容に、また健康にもいいと …

身体によく、おしゃれで美味な中国茶の魅力とは?

これを押さえれば、あなたも中国茶通! 最近、カフェ感覚で利用できる中国茶専門店が …

生理不順を放置すると早く老ける?! 周期が乱れる原因と対策について

生理不順を軽く考えてはいけない本当の理由! 最近、若い女性の生理不順が増えている …

若返りのポイントは温活にあり!生活習慣を工夫して楽しく体を温めよう

女性には欠かせない冷え対策。 今大注目の「温活」をご存知ですか? 温活とはとにか …

筋力アップで冷え性改善!冷え撃退で美ボディをキープ

女性の冷え性は筋力不足が原因、筋力アップでポカポカ女子 ますます寒さが厳しくなる …

コスパ最強の「えがおの青汁満菜」なら、財布に響かない!

値段の安さ、栄養面、美味しさで選べば、「えがおの青汁満菜」の定期購入が最強!その …