今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ディルは安眠作用の他にもしゃっくりを止める作用も!辛いお腹の張りにも効果的

たくさんの効果・効能を持つハーブ!ディルの特徴は?

ディルは地中海沿岸や西アジアを原産地とするセリ科イノンド属の一年草です。大きくなると100センチ程までに成長します。

名前の由来は古代スカンジナビア語で「鎮める」という意味を持っているdillaからきておりその名の通り鎮静作用を持っているハーブとしても知られています。

ただ、作用はそれほど強くないため子供でも飲めるハーブティーを探しているという方もチェックしてみてくださいね。

魚料理との相性も良く、魚のハーブと呼ばれるほどです。料理に活用できるハーブとしても人気があるのでぜひ役立ててみましょう

ディルの効果・効能

安眠作用

優れた安眠作用を持っているハーブとしても知られています。そのため、ヨーロッパではなかなかは寝付かない小さな赤ちゃんに飲ませることもあったようです。

毎日眠れなくて悩んでいるということであればディルの葉を乾燥させ、枕に入れてみましょう。

消化促進

胃腸の働きを助けるハーブです。普段から胃の調子が良くない方や飲みすぎ、食べ過ぎてしまう方は取り入れてみてくださいね。

胃もたれの解消にも役立ってくれます。

しゃっくりを止める

ディルにはしゃっくりを止める働きがあるとされています。筋肉の痙攣にも効果的とされているので、しゃっくりが出やすい方はディルのハーブティーを常備しておくのもおすすめです。

ガスの排出

お腹にガスがたまって辛い…という方にもおすすめのハーブです。体内に溜まったガスを排出する働きを持っています。

消化不良の改善にも役立つハーブなのでお腹や胃の調子が悪いという方にもおすすめです。

お腹にガスが溜まったままの状態が長く続くと腸の働きが悪くなり、健康にもよくありません。便秘の状態が悪化することもあるため、ガスがたまりやすい体質の方は日常的にディルのハーブティーを取り入れるなどして対策を取ってみてくださいね。

ダイエットサポート

ガスの排出効果についてご紹介しましたが、ガスがたまって腸の働きが弱まるとダイエットに欠かせない代謝も落ちてしまいます。そのため、ディルを取り入れてガスを排出できれば新陳代謝がアップし、ダイエット効果も期待できるのです。

ダイエットに挑戦しているもののなかなか効果が出ないと悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

アレルギー抑制効果

ディルにはクェルセチンというフラボノイドの一種が含まれています。このフラボノイドにはヒスタミンを抑える働きがあるのですが、ヒスタミンといえばアレルギー症状を引き起こす成分でもあるため、ディルを取り入れることによりアレルギーの抑制効果が期待できるのです。

目の健康管理

ディルに含まれているβカロテンには不足したビタミンAの代わりをするという働きがあります。βカロテンといえば緑黄色野菜に含まれている栄養素ではありますが、普段からあまり野菜を摂っていないという方は不足しがちなのでディルのハーブティーなどで取り入れてみましょう。

ビタミンAは目の健康を維持するためにも欠かせません。

アンチエイジング

ディルに含まれているオイゲノールというポリフェノールは抗酸化物質です。体内で活性酸素が増えすぎると老化が加速します。

これを抑えるためには抗酸化物質が効果的なのでディルを取り入れてみましょう。また、アンチエイジングは健康な体つくりだけでなく美肌作りにも役立ちます。抗酸化物質は様々な病気を予防するにも役立ってくれる成分です。

健康対策や美容のためになにかしたいと思っている方もハーブティーならばただ飲むだけでいいので簡単ですね。

疲労回復

疲れやすいと感じている方にもディルがおすすめですディルにはビタミンB1が含まれているのですが、ビタミンB1は糖質の代謝を促進するという働きを持っているのです。

糖質の代謝がうまくいかないと疲労を感じやすいので、疲れやすいと感じている方は糖質の代謝に問題がある可能性も考えてみましょう。

ディルの味・香り

さわやかな香りが特徴のハーブです。スモークサーモンに使われることが多く、ディルを取り入れれば料理のランクもアップするでしょう。

種は辛味が強いため香辛料としても活用できます。カレーやパンの風味づけとして活用する方法も人気です。

ハーブを活用した料理の中にはディルを使っているものも多いのでハーブ料理を楽しみたいと思っている方も取り入れてみましょう。

ディルの栽培について

水はけの良い土地を好みます。春から夏にかけて小さな黄色い花がつくので見た目の可愛いハーブを探しているという方にもおすすめです。

とても育てやすいので栽培しやすいハーブを探しているという方にも向いています。

種子はビネガーにも使われるので種も活用してみてくださいね。
種を取る際には果実が黄褐色に近づいたタイミングで通り、風通しの良いところに吊るしておきましょう。

ディルの注意点

種子には通経作用があるため妊娠中は避けましょう。

        
        

  関連記事

サビない体作りは食べ方や食材選びで決まる

体のサビを予防する食事でアンチエイジング 人間が呼吸をするたび、酸素を取り入れた …

大人でもあせもはできる!できたしまったあせもへの対処法

あせもと聞くと、子どもにできるものと思い込んでいるひとが案外多いようです。ですが …

水分代謝が悪い人はむくみやすい!代謝を良くしてむくみ撃退

むくみやすい方はもしかしたら体内の水分代謝能力が衰えているのかもしれません… む …

ヨク苡仁湯は慢性的な関節・筋肉の腫れや痛みに効く!余分な水分を取ってむくみをやわらげてくれる

水分の代謝を助けて、熱と痛みを発散!関節リウマチにも処方される漢方 漢方の考え方 …

遺伝子が太る理由や痩せる方法を教えてくれる!簡易遺伝子検査キット「遺伝子博士」とは?

遺伝子情報をもとにしたダイエット!遺伝子博士の気になる値段やわかることとは? ▼ …

1日15分のウォーキングで病気リスクが低下、健康に長生きできる!

日本人の平均寿命は男女ともに80歳を超え、12年連続世界で1番長生きの国に選ばれ …

【保存版】遺伝子検査を自宅で!ネットから申し込める遺伝子検査キットって何?

自宅で手軽にできる遺伝子検査が人気!病気のリスクや生活習慣の見直しポイントがわか …

耳掃除ってどうしている?汚れの種類を知って、適切に掃除しよう!

みなさんは、どのくらいの頻度で耳掃除をしていますか?そして、どんな方法で耳掃除を …

めぐりの葉酸はすべての女性におすすめ!とりわけ妊活中の夫婦は注目!

めぐりの葉酸で女子の辛い悩みを解消!継続が大事! 毎日体調がすぐれず、気分の暗い …

アメリカのトランス脂肪酸規制報道を受けて日本の食生活に影響はある?

米当局が「安全でない」と3年以内の全廃を発表 2015年6月16日にアメリカでト …