今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

かわいい花も魅力のハーブ!ハーツイーズの栽培方法や注意点は?

ハーツイーズは咳止めや不眠症の改善、むくみの予防・解消にも!

ハーツイーズとはヨーロッパを原産地とするスミレ科スミレ属の多年草です。大きく育っても30センチほどなのでコンパクトに育てられるハーブを探しているという方にも向いています。

スミレ科スミレ属ということからも想像できるとおり、とても可愛い花をつけるのも特徴です。

この花を活かし、デザートの代わりに使われることもあるので、見たことがある方もいるかもしれません。どのような効果・効能などを持っているのかご紹介しましょう。

ハーツイーズの効果・効能

咳止め

呼吸器系の不調を改善するのに効果があるとされているハーブです。葉だけでなく花もハーブとして活用できるのでハーブティーとして取り入れてみましょう。

不眠症の改善

不安なことや気になる事があって眠れない、特に理由はないもののなぜか眠れない…というときにも役立ってくれるハーブです。ハーブティーとして飲む方法も人気があるので試してみましょう。

むくみの予防・解消

ハーツイーズには利尿作用があります。体内に不要な水分を溜め込むとむくみの原因にも繋がるので、ハーブティーとして取り入れるなどして対策を取ってみましょう。

ハーツイーズの味・香り

味はほとんどありません。レタスのような味わいがあり、どちらかというと味や香りを楽しむものというよりも見た目を楽しむハーブだといえるでしょう。

ハーツイーズの栽培について

可愛い花をつけるハーブということもあり、見た目も楽しめるハーブを探しているという方に向いています。ハーツイーズは「tricolor」という学名を持っているのですが、これには「三色の」という意味があり、日本では「三色スミレ」という名前の方がなじみがあるかもしれません。

栽培の難易度は高くないので、初心者向けのハーブだともいえるでしょう。

一年草ということもあり、夏までには枯れます。育て方によっては夏越しをさせることも不可能ではないのですが、夏越しをさせるメリットはほとんどないので特に行う必要はないでしょう。

暑さに弱く、寒さに強いという特徴もており、寒冷地では春以降に開花します。その他の地域では冬から開花し、地域によって花を楽しめるタイミングが違うというのも特徴です。

花を砂糖漬けにしたり、そのままサラダに散らして彩りを楽しむこともできるハーブです。砂糖漬けにしたハーツイーズを紅茶に浮かべるだけでもとても可愛いので、ティータイムに友達を誘ってワンランク上のおもてなしをしたいと思っている方もぜひ試してみてくださいね。

あまり日当たりの良い所での栽培には向いていません。どちらかというと日陰や半日陰といった環境を好むハーブなので栽培する環境には注意してみましょう。

ただし、冷涼地で育てる場合は日当たりの良いところで栽培するのが理想的です。

乾燥している土よりも湿った土を好みます。こぼれ種でも増えるのですが、種は非常に小さいため、一から育てようと思った場合には苗の方が育てやすいです。特にハーブの栽培初心者の方は苗として売られているものから選択した方が失敗が少なくて済むでしょう。

肥料は与えすぎないように注意が必要です。多すぎると花が咲かないケースもあるので気を付けてくださいね。

特に開花期は肥料を少なめにしないと失敗してしまうことがあるようです。

害虫はアブラムシのほかアカダニが発生することもあるのでよく確認しておきましょう。
ハーツイーズの苗を購入して育ててみたものの、害虫がついて枯れてしまった…という方もいるようです。実はハーツイーズはその他のハーブなどに比べると虫がつきにくいという特徴を持っているので、ひどい害虫の被害に悩まされたということであれば苗の品質が悪かった可能性が疑われます。

ハーツイーズの苗は50円以下で販売されることもあるのですが、200円以上の価格で販売されているものの方が害虫だけなく病気への耐性も高いのであまりにも安いものは避けておきましょう。

ガーデニング初心者にもおすすめ

ハーツイーズは日本ではパンジーという呼び名で知られており、パンジーといえばガーデニング向きの花でもあります。実際に、カーデニングを初めて行う方が取り入れることも多いようです。

ハーツイーズは水を好む性質を持っているため、ハーツイーズをうまく育てられるようになればその他のガーデニングの植物も成功する可能性が高くないと言われています。

そのため、これからガーデニングを始めようと思っている初心者の方もハーツイーズで水やりのタイミングなどを見極めてから他の植物に挑戦してみましょう。

ハーツイーズの注意点

石鹸の成分でもあるサポニンというものが含まれています。サポニンにはコレステロールの吸収を抑制するなどの働きがあるのですが、摂取し過ぎると胃腸障害を起こし、下痢などの症状が評価されることがあるので注意が必要です。

ハーブティーとして取り入れる際もシングルで飲むのではなく、ブレンドして飲みましょう。

        
        

  関連記事

スーパーフルーツ・アサイーの抗酸化作用でアンチエイジング!

アサイーを手軽に摂るなら粉末タイプのグリーンスムージーがおすすめ アンチエイジン …

子宮頸がんは、唯一【予防できるガン】です!正しい知識で食い止めよう

子宮頸がんの基礎知識や、予防の方法についてわかりやすく紹介します。 日本人の国民 …

美容と健康の秘密兵器、ゴーヤを美味しく食べる方法

美白、美肌から抗がん作用まで、すごいゴーヤ・パワー! 沖縄はガンや糖尿病、心臓疾 …

多汗症を自分で改善する方法

多汗症や手汗、わき汗などは夏になると特に気になります、特に女性にとっては重要な問 …

四君子湯は胃腸や心を元気にする漢方薬としておすすめなの?

四君子湯(しくんしとう)は、胃腸の働きを整え元気を取り戻してくれる漢方薬です。 …

猫背や悪い姿勢で引き起こされる影響はあるの?それを改善する方法は?

猫背を改善するストレッチを習慣にしよう! 外出先で、猫背のひとを見る機会が多いと …

食材の力を活かしたエイジングケア

アンチエイジングに効果的な調理法をマスターしよう! 肌老化の中でも対応に困るのが …

安くて満足できる水素サプリを探している方必見!活性酸素対策には「ヘルシアーナ水素」がおすすめ

高濃度水素とビタミンC、Eのトリプルチャージできる「ヘルシアーナ水素」 業界最高 …

体質改善のヒントの宝庫!今だから知りたい、東洋医学の素晴らしさ

なんとなく体の調子が悪いけど病院に行くほどでもない、という人には是非とも試しても …

アニスヒソップは咳止めに効果的。疲労回復にも役立つハーブ!

アニスヒソップで喉や胃の調子を整えよう!ハーブの特徴・魅力は? 出典:ハーブティ …