今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ミントの鎮静効果や麻痺作用・抗菌作用に注目!虫除け効果も。

天然の虫よけ剤としても活用できるミントの効果・効能を紹介!

ミントといえば私たち日本人にとてもなじみのあるハーブですよね。ユーラシア大陸などを原産地とするシソ科ハッカ属の多年草です。大きくなると100cm程度になります。

ミントは非常にたくさんの働きを持っており、歯磨き粉やガム、化粧品、お菓子や料理の彩りなどに幅広く使われているハーブです。

日本では和名のハッカという呼び名も有名ですよね。ミントには200以上の種類があるのですが中でも特に代表的なのがベターミントとスペアミントです。これらの働きを効能などについてご紹介しましょう。

ミントの効果・効能

鎮静効果

緊張したり、イライラしている精神状態を抑えるのにも役立ってくれます。特に理由はないけれど何となく気分が高まった際にもミントで心を落ち着かせましょう。

高まった心を沈めるだけでなく、落ち込んでいる状態を安定化させる働きもあるため、無気力や抑うつを改善する目的で使われることもあります。

麻痺作用・抗菌作用

歯磨き粉やタブレットの中にはペパーミントが使われているものもあります。ペパーミントは口の中をすっきりさせる働きを持っているのですが、それ以外にも虫歯の痛みを和らげる働きを持っているのです。

歯が痛いときにもペパーミントティーを飲んでみましょう。

虫除け

ミントは非常に強い香りを放つことから虫除けの効果を持ちます。天然の虫よけ剤ともいわれるくらいなので、高い効果が期待できるでしょう。

デトックス効果

血行を促進する働きがあるため、デトックス効果も期待できます。また、ミントの香りを嗅ぐと自律神経が活発になり代謝も良くなるので、効率よく体内の老廃物を排出できるでしょう。

利尿作用

ペパーミントティーを飲むとトイレが近くなると感じる方が多いようです。利尿作用があるため、むくみに悩んでいる方もペパーミントで作ったハーブティーを飲んでみましょう。

むくみは放置しているとどんどん頑固なものになるのでできるだけ早めに対策をとることが大切です。

集中力アップ

ミントの香りには精神を落ち着ける働きがあるため、この効果を活用して子供の集中力を高め勉強させる方もいるようです。勉強が苦手な子供の場合、いくら勉強しろと言われたとしてもなかなか机には向かいませんよね。

しかし、部屋の中にミントの香りを漂わせたところ進んで勉強するようになった子供もいるそうなのでぜひ試してみてくださいね。

冷え性対策

ミントティーを飲むと冷え性の対策ができます。ミントはシソ科の植物なのですが、シソには内側から体を温める働きがあるため、ミントの場合も同じような効果が期待できるのです。

特に女性の中には冷え症に悩んでいる方が多く、冬場には大変な思いをしている方もいるはず。そういった方もミントティーで対策を取ってみましょう。

美肌効果

ポリフェノールの一種であるフラボノイドという成分が含まれています。この成分には強い抗酸化作用があるため、肌の老化を防止するのにも役立ってくれるのです。

若々しく美しい肌をつくりたいと思っている方もチェックしてみてくださいね。

ミントの味・香り

味や香りはとてもさわやかです。ミント味といえば想像できる方が多いのではないでしょうか。

ペパーミントに比べるとスペアミントの方が香りは優しく、穏やかです。ミントティーはとても飲みやすいので気軽に試してみましょう。

ミントの栽培について

ミントといえば葉を想像する方が多いとは思いますが、白や薄い桃色の小さな花が咲きます。緑色は非常に鮮やかなので観賞用としてもおすすめです。

また、非常に強いハーブなので栽培について難しいことは特にありません。
乾燥にはあまり強くないので冬場以外は毎日水やりをし、保水性の高い土を選んであげてくださいね。

ただ、蒸れないように注意が必要です。水を与え過ぎると根腐れに繋がるケースもあるため、夏場は朝晩の2回、それ以外の時期は一日1回水やりをし、適度に葉を摘み取り蒸れを防ぎましょう。

4月から6月くらいに種まきをしますが、心配な方はある程度育っている内容を購入するのがおすすめです。

寒さにはとても強いのでほとんどの地域では防寒対策をする必要もありません。ただ、霜に当たると枯れるため、冬場も収穫したいと思っているのであれば藁を敷くなどの対策が必要です。

特に冬場の収穫にこだわらないということであればこういった対策は必要ないでしょう。雪が降る地域では地上部が枯れるものの根が生きているため、春になるとまた芽が出ます。

ミントの注意点

ミントは様々な働きを持っているのですが、過剰摂取はおすすめできません。粘膜を乾燥させ、胃痛の原因になることもあるため少量から試してみてくださいね。

また、母乳が出るのを抑制する働きも持っているため授乳中に飲むのもおすすめできません。幼児が摂取した場合も刺激が強すぎる可能性があるので避けておきましょう。

        
        

  関連記事

セラミドだって補給できちゃう!コンビニで買える女性向け栄養ドリンクは目的で選ぶ!

鉄分やビタミン、プラセンタにセラミドまで!女性向け栄養ドリンクには働く女子にうれ …

「あれそれ」が多くなった…それは脳の老化の第一歩かも?

筋肉と同じく脳も使わないと低下する 30歳くらいを過ぎたころから、人物の顔や物は …

オラック値(ORAC値)が高い食品はアンチエイジングできる?健康効果の有無を調査!

アメリカ発祥で日本でもじわじわと広がっている「オラック値(ORAC値)」というも …

妊娠中の便秘対策に!赤ちゃんでも使える「はぐくみオリゴ」でスッキリぽっこり知らず!

満足度は92%以上!天然由来の100%オリゴ糖で毎日スッキリ実感 冷えやストレス …

よく聞く「ピンクリボン」って何? どんな活動をしているの?

乳がんの啓発活動を世界規模で行う「ピンクリボン運動」とは? “皆さん …

アンチエイジングに効果的なバタフライピーとは?効果・効能!

アンチエイジングに効果的な飲み物はたくさんあります。その中でも最近注目されている …

必要のない薬を飲んでいるような気がしたら、断薬・減薬サポートの『薬やめる科』をチェック

日本は“薬漬け医療”!?断薬をサポートする診療科目があるのをご存知ですか? 目次 …

温めるだけ! ホットヨーグルトのすごい美容効果を紹介!

ヨーグルト自体が健康にはいいものとして知られていますが、ホットヨーグルトになると …

アンチエイジングおすすめ食材『アーモンド』の若返り効果とは?

抗酸化作用、ダイエット効果・・・身近な食材『アーモンド』のアンチエイジング効果に …

補中益気湯は精神疲労や胃腸の不調を抱える人に飲んでもらいたい!心と体の健康を助けてくれる漢方

病院でも処方される胃腸薬として有名!心身疲労などにも効果的 補中益気湯(ほちゅう …