今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

レモンバーベナはポプリやハーブティーにオススメ!美容効果も。

香りがよく、料理の香りづけとしても大活躍のハーブ レモンバーベナ

レモンバーベナはアルゼンチン・チリを原産地とするクマツヅラカ科イワダレソウ属の低木です。

とても良い香りのするハーブなので、香りを重視してハーブ選びをしたいと思っている方もチェックしてみてくださいね

夏になると小さな花をたくさん咲かせるので、育てるのも楽しいです。

木ということもあり小さなハーブに比べると栽培するのはなかなか難しいかもしれませんが、ハーブティーのほか、料理の香りづけなどにも使える活躍の幅が広いハーブだといえるでしょう。

レモンバーベナの効果・効能

リラックス効果

レモンバーベナという名前からもわかるように、レモンの香りがします。

さわやかな香りによってリラックス効果が期待できるので、気持ちが落ち込みがちな方やリフレッシュを期待している方も取り入れてみましょう。

精神が落ち着かない状態になるとストレスにもつながりますよね。すると体の様々なところにトラブルが発生するのですが、レモンバーベナの持つリラックス効果はストレスが原因で起きている頭痛や生理不順にも効果的とされています。

気持ちが興奮状態にあるとなかなか眠りにつくこともできません。こういった時にリラックス効果を求めて眠る前にレモンバーベナのハーブティーを飲むのも効果的です。

胃腸の調子を整える

消化を促進し、胃腸の調子を整える働きを持っています。特に寝る直前までお腹がいっぱいだと質の良い睡眠がとれなくなるので、夕食を食べ終わった後にレモンバーベナのハーブティーを飲むのもおすすめです。

ちょっと食べ過ぎると簡単に胃もたれの状態になるという方にも効果的なので試してみてくださいね。

風邪の予防

レモンバーベナに含まれている成分の働きにより風邪やインフルエンザの予防効果が期待できます

抗菌作用と抗炎症作用も持っているため、風邪を引いたわけではないものの何となく調子が悪いという時も体調管理の一環として取り入れてみましょう。

また、風邪のひき始めにも症状を早く抑えるための働きが期待できます。解熱効果と利尿作用を持っているので、早めに風邪を治したいというときにも効果的だといえるでしょう。

美容効果

いくら食事などで美容に気を使っていたとしても、摂取した栄養素が体内にうまく運ばれないようだと効果を実感することはできません。

レモンバーベナには血行を促進する働きがあるため、食事やサプリメントから取り入れた栄養素を効果的に全身に運んでくれます

これによって美容効果も期待できるので、美肌を目指しているという方にもおすすめです。

スキンケアで精油を使う方法もありますが、大量に塗れば良いというわけではありません。濃度は1%以下になるように注意しておきましょう。

また、皮膚への刺激が小さいとはいえないハーブなので、肌が弱い方は直接つけるのは向いていません。

虫除け

虫除け効果があることからレモンバーベナを使って虫除けスプレーを使ったり、葉をタンスに入れておくと防虫効果が期待できます。

市販の虫除けスプレーは臭いが苦手…という方もレモンバーベナで虫除けスプレーを自作してみましょう。

レモンバーベナの味・香り

さわやかなレモンの味と香りが特徴です。ハーブティーや料理に使う際は香りが強く出やすい若葉を使うのがおすすめ。葉と花が使われます。

レモンバーベナの栽培について

日本では種を入手するのが難しいため、ある程度育っている苗を購入しましょう。

日当たりの良い場所での栽培が適しています。土質にこだわるハーブではないため、育てやすいといえるでしょう。

ただし、寒さには強くありません。寒くなる地域では冬に外に出したままにしておくと枯れてしまうことがあるので、室内の明るい場所に移動させましょう。

ただ、大きくなると2~3メートルほどにもなるので、育ったあとは気軽に移動させられるものではありません。

風通しが良くて日当たりの良いところで育てられればそれほどを栽培は難しくないとされていますが、寒い地域での栽培にはあまり向いていないといえるでしょう。

特に1年目の冬に外に出したままにしておくと寒い地域では枯れてしまうことがあります。根付くまではしっかり室内に入れてあげましょう

乾燥気味の土を好むため、水やりをしすぎないように注意が必要です。土の表面が乾いてから水やりをすれば失敗も少なくて済みます。

ある程度育ってから地植えにする方が多いのですが、そのような段階になれば意識して水やりをする必要はありません。

収穫したレモンバーベナはポプリとしても活用できます。乾燥させれば葉の香りが長持ちするので、長くレモンの香りを楽しめるでしょう。

レモンバーベナの注意点

成分が強いため胃を刺激する可能性もあるので、長期にわたって大量に取り入れるのは良くないとされています

胃の弱い方も避けておきましょう。

        
        

  関連記事

BABY葉酸は美容成分&健康成分も多数配合!妊活中・妊娠中に

ベビ待ち・妊娠中に飲みたいBABY葉酸の特徴・成分とは? 妊娠中は赤ちゃんに栄養 …

大黄牡丹皮湯は女性特有のトラブルを改善するのに効果的!

大黄牡丹皮湯は便秘の改善や残尿感の改善にもオススメ 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタン …

胃のトラブル改善にも!小半夏加茯苓湯の持つ効果や注意点は?

吐き気・嘔吐の改善なら小半夏加茯苓湯にお任せ!漢方薬の紹介 小半夏加茯苓湯(ショ …

その汗、暑さが原因じゃないかも!? 女性特有の多汗「ホットフラッシュ」の症状とは?

ホットフラッシュの原因と、その対処法について! とくに暑くもないのに、体が火照っ …

低血圧の種類を知っていますか?あなたはどのタイプ?

つらい低血圧対策は生活習慣を改善するところからはじめよう 低血圧とは文字通り。血 …

最悪歯を失ってしまうことも!歯周病の原因や対策について

健康な歯を維持したいと思っているのならば歯周病対策を取りましょう。 30代を過ぎ …

温めるだけ! ホットヨーグルトのすごい美容効果を紹介!

ヨーグルト自体が健康にはいいものとして知られていますが、ホットヨーグルトになると …

話題の「アンチエイジングドック」とは?内容や料金を解説

アンチエイジングドックはどんなことをするの?料金は? 皆さんは「アンチエイジング …

【保存版】勉強の秋到来!頭を良くする食べ物を取り入れて頭の働きを活性化しよう

「頭の良さは20歳になるまでに決まる」子供の頃に学校の先生やご両親などにこのよう …

ゴシゴシしすぎてつらい…花粉で目がかゆい時にまずどうしたらいいの?

我慢できない花粉症による目のかゆみ、どのように対策したら効果的なのでしょうか。 …