今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

レモンバームはハーブティーや料理の香りづけで活躍!健康維持にも。

使い道が多く効果・効能も豊富!優秀なハーブ レモンバーム

レモンバームはヨーロッパ・中央アジアを原産地とするシソ科セイヨウヤマハッカ属の多年草です。大きくなると80センチほどになります。

ハーブティーだけでなく、料理の香りづけにも活用できるハーブなので、取り入れやすいものを探しているという方にもおすすめです

栽培もしやすいので、自分で育てながら取り入れられるハーブを探している方からも選ばれています。

健康維持に役立つハーブとしても知られているので、健康のためにハーブを取り入れたいと思っている方もチェックしてみてくださいね。

レモンバームの効果・効能

うつ症状の改善

レモンバームには心のトラブルを改善する働きがあるとされています。そのため、うつ状態を改善させたり、症状を和らげる効果も期待されているのです。

うつというほどではないけれど何となく気持ちが落ち込んでいる、ストレスを感じているという方もレモンバームを取り入れてみましょう。気持ちを前向きにするのに役立ってくれるハーブでもあります。

風邪の初期症状改善

風邪やインフルエンザによって熱が出た場合、レモンバームを取り入れることにより発汗作用が期待できます。これにより早期に熱を下げることも可能となっているので、風邪をひきやすい方も取り入れてみましょう。

古代ギリシャでは解熱に効果的なハーブティーとして飲まれていました

それから、レモンハーブには抗ウイルス作用や抗菌作用があります。それに加えてポリフェノール化合物のロズマリン酸というものが含まれていてアレルギーの予防にも効果的とされているので、アレルギーが原因と思われる不調を感じている方にもおすすめです。

消化器系のトラブル改善

レモンバームに含まれている成分には消化不良を改善させる働きがあります。つい食べ過ぎてしまう方や胃腸が弱っている方、何となく体の不調を兼ねている方も取り入れてみましょう。

仕事や勉強の質を上げる

仕事や勉強をする際になかなか集中力が続かないという方もいるはず。レモンバームには記憶力を高める働きがあります。そのため、集中したい時や勉強するときに取り入れてみましょう

このほかにもレモンバームには消化を促進させたり、血圧を下げるなど様々な作用があります。強壮作用や解毒作用なども持っているので、たくさんの場面で役立ってくれるでしょう。

レモンバームの味・香り

香りはレモンという名前がついていることからもわかる通り、レモンにとても似ています。葉からレモンの香りがするので、不思議に感じてしまう方もいるかもしれませんね。

とてもさわやかなは香りに加え、ほのかな甘みもあるのでハーブティーが初めてという方でも飲みやすいです。酸味はないので酸っぱいのが苦手という方でも無理なく飲めるでしょう。

レモンバームだけでもおいしいのですが、ブレンドにも適しています。レモングラスやレモンピールといったものの相性が良いのでぜひ試してみてくださいね。

レモンバームの栽培について

数あるハーブの中でも育てやすいとされています。そのため、ハーブ栽培初心者に向いているハーブを探しているという方もチェックしてみましょう。

夏と冬のどちらかに強いハーブはたくさんありますが、レモンバームはどちらにも強いので1年を通して育てやすさを感じられるでしょう。種からでも育てられますが、心配な方は苗として販売されているものを購入してみてくださいね。

プランターや地植えでも育てることはできますが、室内で育てることもできるハーブなので、室内において緑を楽しみながら様々な効果が期待できるハーブを育てたいと思っている方にもおすすめです。

育てている最中は風通しが悪くならないように注意しておきましょう。密度が高くなると害虫が発生しやすくなります。土は湿り気のあるものが向いているのですが、水はけのよい土にしておかないと枯れてしまうことがあるので注意が必要です。

レモンバームは別名でメリッサというのですが、これはギリシャ語でミツバチを意味しています。ここからもわかる通り、ミツバチが好きな花としても知られていて春から秋の季節になると植えてあるレモンバームにミツバチが集まってくることも多いです。

受粉を助けて欲しい植物を育てているという方はレモンバームも植えてみましょう。

収穫したハーブはハーブティーや料理のほか、ポプリや入浴剤としても使えます。生葉は冷凍保存にも向いているのでたくさん収穫しても一度で消費する必要はありません。

ある程度育ってからは特に手入れをしなくても地植えですくすくと育つハーブなので、ハーブを育てたいと思っているけれど頻繁に手入れをする時間がないという方でも安心です。

ただ、香りを強く育てたいと思っている方は肥料を与えましょう。特に香りにこだわらないということであれば手入れをせずにいても問題なく育ちます。

レモンバームの注意点

妊娠中の方は避けた方が良いハーブです。

        
        

  関連記事

肝機能を良くするならツボ押し!おすすめのツボ紹介

悪くなってしまった肝機能改善に効果的なツボとは? 何となく顔色が悪く黄色っぽい、 …

最悪歯を失ってしまうことも!歯周病の原因や対策について

健康な歯を維持したいと思っているのならば歯周病対策を取りましょう。 30代を過ぎ …

乳がん検診ではどんなことをするの?詳しい検診内容をご紹介

乳がん検診を受けられる場所や検診の内容とは? 乳がんは20代・30代の女性も珍し …

防風通聖散をコーヒーで飲むと効果がアップする?それとも危険?

脂肪撃退効果のある防風通聖散をコーヒーで飲むとどうなる? カフェインといえば、眠 …

チャイブは風邪の予防や消化促進に役立つハーブ!栽培方法は?

チャイブはダイエット・むくみ改善にも効果的!効能は? チャイブはヨーロッパやアメ …

女性の疲れの原因や解消方法、おすすめのサプリメントを素材別にご紹介!

疲れを溜めこんでしまうのは健康にも美容にもよくありません。早めの対策を。 夜きち …

健康にも美容にもオススメ「ブラン」とは?

健康食材としてテレビや雑誌でも有名なブランについてご紹介します。 テレビなどでも …

これからの時期のマストアイテム!加湿器の種類と選び方をおさらい

加湿器にはいろいろな種類があるので、それぞれの特徴と選び方のポイントをご紹介しま …

子羊の耳のように見た目がかわいいハーブ ラムズイヤーとは?

観賞用のハーブを探している人にオススメ!ラムズイヤーについて ラムズイヤーはトル …

肩こりや背中の丸まりは肩甲骨回しで解消!肩甲骨回しのやり方とは?

辛い肩こりを解消してくれる肩甲骨回しの効果とは? ガチガチに固まった肩の痛みで家 …