今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

小柴胡湯は肝臓のトラブル改善に効果的!なかなか治らない風邪にも!

風邪による諸症状の改善や免疫力アップにも効果的なのが小柴胡湯!

小柴胡湯(ショウサイコトウ)とは肝臓のトラブル改善に効果的な漢方薬のことです。一時期は慢性肝炎の肝機能障害を改善するのに非常に効果的な漢方薬ということでテレビなどでも広く取り上げられました。

小柴胡湯のほかに大柴胡湯という漢方薬もあるので間違わないようにしましょう。

大柴胡湯はガッチリ体型で体力のある方に向いている漢方薬なのですが、小柴胡湯は大柴胡湯に比べて体力がない方でも取り入れられます

小柴胡湯の効能

風邪による諸症状の改善

2~3日ですぐ治る風邪ならば良いのですが、5日以上経ってもなかなか症状が良くならないというときに取り入れたい漢方薬です。

ただ、風邪が治るまで継続して取り入れるというよりも1週間ほど使用して状態が改善しない場合は中断しましょう。長引く風邪にはその他の原因が隠れている可能性もあるので、自分で小柴胡湯を購入して飲み続けるというよりも症状が改善しない場合はきちんと医師の診察を受けるのがおすすめです。

いつも風邪をひくと長引いてしまうという方も小柴胡湯を常備しておくといいですね。

免疫力を高める

免疫力を高める働きがあるため、体調の変化を感じた時に取り入れると早めに状態改善が期待できます。

胃腸のトラブル改善

小柴胡湯には胃炎や胃痛、胃腸虚弱といったものを改善させる働きがあります。食欲不振を改善させる働きもあるため、何となく胃の調子がすぐれない、食欲がわかないという時にも取り入れてみましょう。

免疫機能の改善

小柴胡湯には免疫力を整える働きがあります。免疫力といえば、病気になりにくい身体作りと大きな関係がありますよね。免疫力が衰えると様々な病気にもかかりやすくなるため、漢方薬を取り入れて病気になりにくい身体を目指してみましょう。

免疫力を高めることは病気の予防だけでなく、何か病気になった時に状態を早期に回復させることにも繋がります。ちょっとした季節の変わり目に体調を崩してしまう方もいますが、そういった方にも小柴胡湯がおすすめです。

リラックス効果

小柴胡湯に含まれている成分には緊張をほぐす働きがあります。緊張する場面が多い方や心が疲れていると感じている方も小柴胡湯を取り入れて心をリラックスさせましょう。

心が緊張した状態が続くと大きなストレスにも繋がります。ストレスといえば心のトラブルを招くだけでなく、様々な不調にも繋がる厄介なものであるため、できるだけ早めに対策を取っておくのが理想的です。

消炎作用

小柴胡湯には発生した炎症を鎮める効果があります。そのため、口内炎や中耳炎といったものの緩和・改善効果も期待できるのです。繰り返す口内炎に悩んでいるという方も小柴胡湯を常備しておくと早く状態を改善させることにつながります。

胸脇苦満の改善

胸脇苦満とはなにかというと、これは胸やみぞおちあたりに痛みや違和感を覚える症状のことです。なんとなく胸のあたりが痛くて苦しいという方は小柴胡湯を取り入れることで状態の改善が期待できます。

物を食べ始めるとすぐに息苦しさを感じる、胃のあたりが張ったように感じるという場合にも胸脇苦満の可能性があるため、思い当たることがある場合は医師や薬剤師に相談してみましょう。

吐き気の改善

体調が悪いわけではないけれどなんとなく吐き気を感じるという時にも、状態改善に役立ちます。一日中吐き気があると不安にもなりますし、普通の行動をするのも億劫になりますよね。そういった方も小柴胡湯を取り入れてみるのがおすすめです。

小柴胡湯の配合薬

小柴胡湯には次の7つの生薬が含まれています。

  • 柴胡(サイコ)
  • 半夏(ハンゲ)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 大棗(タイソウ)
  • 人参(ニンジン)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 生姜(ショウキョウ)

小柴胡湯の取り入れ方

胃の中が空の状態の時に取り入れると効果的なので食前または食間に取り入れましょう。

小柴胡湯の注意点

2歳以下の小さな子供に飲ませるのは危険です。また、妊娠している方や妊娠の可能性がある人、体力が衰えている人は避けましょう。特に体力が衰えているわけではなかったとしても高齢者の方は避けておいたほうが安心です。

副作用として皮膚に発疹や発赤が発生したり、血尿が発生することもあるのでこういった症状が発生した場合は医師や薬剤師に相談しましょう。非常に稀なことではありますが、間質性肺炎や肝機能障害に繋がる恐れもあります。

慢性肝炎の方は治療をする際にインターフェロンという薬が使われている可能性が高いのですが、小柴胡湯と併用すると間質性肺炎に繋がる恐れも高くなるので十分に注意が必要です。

長期的に取り入れるのはあまりおすすめできない漢方薬ともいわれています。連続して使用するのは長くても1ヶ月程度に抑えましょう

        
        

  関連記事

スーパーフード!スピルリナの魅力をご紹介!

どんな効果があるの? 最近話題のスピルリナとは? ※タブレット状のスピルリナ 健 …

美容と健康の秘密兵器、ゴーヤを美味しく食べる方法

美白、美肌から抗がん作用まで、すごいゴーヤ・パワー! 沖縄はガンや糖尿病、心臓疾 …

シソもハーブの一種!育てやすく効果・効能も魅力!

シソは健康維持や美肌作りに役立つ優秀なハーブ! シソは日本でも薬味などとして非常 …

アンチエイジングに効果的なバタフライピーとは?効果・効能!

アンチエイジングに効果的な飲み物はたくさんあります。その中でも最近注目されている …

食事、運動、スキンケアでアンチエイジング!

基本のアンチエイジングを実践して若々しさを取り戻そう アンチエイジングというと、 …

青汁で美人を目指すなら、ファンケル「本搾り青汁」がイチオシ!

緑黄色野菜の王様「ケール」を、毎日美味しく低カロリーに摂取できる!女性の味方系青 …

不食が体に与える影響とは?覚えておきたいメリット・デメリットとは?

「食べなければ痩せる」それは誰でも知っていますが、この“不食”が体に与える様々な …

薄毛の改善にも効果的なハーブ ヤロウとは?効果や栽培法を紹介

ヤロウはコンパニオンプランツとしても優秀!その他の働きは? ヤロウとはヨーロッパ …

年齢を重ねてなかなか疲れが取れない…それは老化している証拠

食事量が少なくなってビタミンB1の摂取量が少なくなっているから? 昔は多少徹夜な …

ダイエットにも役立つ大柴胡湯について紹介!代謝を助ける漢方薬!

肥満症の人にもチェックしてほしい漢方薬 大柴胡湯とは? 大柴胡湯(ダイサイコトウ …