今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

半夏瀉心湯で胃腸関係の症状改善に効果的!飲む時の注意点も教えて

漢方で気の流れを改善するのに役立つ半夏瀉心湯とは?

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)は胸焼けなど胃腸関係のトラブルを抱えている方におすすめの漢方薬です。食欲不振を改善させる働きなどもあるので、夏バテにも効果的だと言えるでしょう。

また、みぞおちあたりになにか違和感がある際にも半夏瀉心湯が効果を発揮してくれるケースが多いです。

漢方薬では「気」というものを重視しているのですが、気の流れが滞った場合には消化に問題が起きると考えられています。半夏瀉心湯はこのように気の流れが滞ったことが原因で発生している消化トラブルにも効果的です。

半夏瀉心湯の効能

二日酔いや胸焼けの改善

二日酔いや胸焼けといった症状を緩和させたり改善させる効果が期待できます。

また、ゲップを改善させる効果もあります。原因不明のゲップが出て困っているという方にもおすすめです。

これは半夏瀉心湯を取り入れることによって胃腸の状態を改善させられるからです。このほかにも胃腸の状態悪化が原因で発生するトラブルはいろいろありますが、そういったものに対しても広く働きかけられます。

グル音の改善

グル音とはお腹の中で腸が食べ物を消化させる際にゴロゴロといった音を立てることをいいます

お腹が空いている時にこういった音が鳴るのは珍しい事ではありませんが、腸内にガスがたまっているとグル音が発生しやすくなるため、空腹時以外にも音が聞こえる方は半夏瀉心湯で対策を取ってみましょう。

また、お腹が空いた時のようにお腹がゴロゴロ鳴っているにも関わらず食欲不振に悩んでいるという方にも半夏瀉心湯が効果的です。

気の滞りを改善する

「気」と言われてもピンとこないかもしれませんが、漢方の分野では気の滞りが発生すると口から入った食べ物をうまく排泄に導けなくなり、胃腸関係のトラブルが発生すると考えられています。

半夏瀉心湯を取り入れることによって胃腸のトラブルを改善させられれば気の流れも良くなるでしょう。

また、気の流れが滞ったことによって胃腸の状態が悪くなるとこれが精神的なストレスに繋がり、気持ちを不安定にさせてしまうこともあるのですが、こういったトラブルに対しても効果が期待できます。

口内炎の予防

ビタミン不足になると口内炎が発生しやすくなりますが、半夏瀉心湯は頻繁に口内炎ができるときにも取り入れたい漢方薬です。炎症改善効果があるので、すでにできている口内炎を早く治す効果も期待できます。

また、ニキビの改善にも半夏瀉心湯を役立ててみましょう。ニキビの原因の中には胃腸のトラブルが関係しているものもあるため、半夏瀉心湯を取り入れて胃腸を健康な状態に導ければ自然にニキビもできにくくなります。

精神安定効果

精神を安定させる働きがあるため神経性の胃炎などにも効果が期待できます。ストレスを溜め込んでいるという方も取り入れてみましょう。

半夏瀉心湯の配合薬

半夏瀉心湯には次の7つの生薬が配合されています。

  • 半夏(ハンゲ)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 黄連(オウレン)
  • 人参(ニンジン)
  • 乾姜(カンキョウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 甘草(カンゾウ)

半夏瀉心湯の取り入れ方

空腹時に飲みましょう。食前や食間に飲むのが基本となります。ただ、飲み忘れてしまった場合は食後でも問題ありません。

半夏瀉心湯の効果が実感できるようになるまでには数週間程度かかります。最低でも2週間ほどは継続してみましょう。

ただ、二日酔いなどに対する効果は比較的早く出ると言われているため、辛い二日酔いに悩んでいるという方も症状を緩和させるために半夏瀉心湯頬取り入れてみてくださいね。

半夏瀉心湯の注意点

2歳未満には飲ませないようにしましょう。あまり体力のない方にも向いていません。また、妊娠している方や妊娠の可能性のある方、高齢者、腎臓病や高血圧・心臓病を抱えている方は医師や薬剤師に相談した上で飲むことが大切です。

それから低カリウム血症やアルドステロン症といった病気を抱えている人は避けておきましょう。また、甘草を含むその他の漢方薬とは飲み合わせに注意です。

ごく稀にではありますが間質性肺炎や肝機能障害、偽アルドステロン症といった副作用が認められています。

継続して長期的に使用するのにはあまり向かない漢方薬とも言われているので、1ヶ月ほど使用しても症状が良くならない場合は医師や薬剤師に相談しましょう。

また、二日酔いやゲップの改善に対する効果というのは比較的早く現れるため、5~6回ほど使えば変化が実感できるはずです

6回程飲んでも全く変化がないということであれば半夏瀉心湯で状態を改善させるのは難しいため、一度医師に相談するのがおすすめです。

半夏瀉心湯はつわりの改善にも効果的な漢方薬として知られているのですが、妊娠中は普段に比べて体が敏感な状態になっているため、自己判断で半夏瀉心湯を取り入れるのはおすすめできません。医師や薬剤師に相談をした上で取り入れてみましょう。
        
        

  関連記事

腸内に老廃物がたまるとどうなるの?改善する方法とは?

最近、腸内環境を整えるヨーグルトや飲みもの、サプリメントのCMを見かけることが増 …

ブルーライトとは?良くない理由と対策について

目に良くないとされているブルーライトについてご紹介します。 ブルーライトとは目に …

低体温症を侮ってはいけない!その原因と改善方法について知っておこう

手揉みで低体温症を改善しよう! みなさんは、自分の平熱を把握していますか?健康な …

桂枝加芍薬湯は繰り返す便秘や下痢に効果的!妊婦さんや胃腸が丈夫でない人でも安心して飲める

出そうで出ない、おなかが張ってつらい…そんな悩みにもおすすめ! おなかが張ったり …

アサイーの5倍!?最新スーパーフード“マキベリー”のスゴさに注目!

スーパーフードの決定版!マキベリーで健やか美女を目指しませんか? 今やすっかり健 …

血行不良の大きな原因は冷えにあった!血行不良を改善する5つの方法などをご紹介!

健康な体を目指すなら血行不良を改善しよう!具体的な対策は? 体が冷えてしまうと様 …

エキナセアはガーデニングでも人気!免疫力アップにも効果的

エキナセアの効果・効能、栽培方法や摂取の際の注意点紹介 エキナセアはアメリカ東部 …

美容&健康によいと話題のフルーツ酢!作り方や効果を紹介!

美容に注目している方の間で話題になっているフルーツ酢についてご紹介します。 美容 …

おなじみアロエの効果・効能は?栽培方法や注意点もチェック

食材としても使われるアロエはどのような植物?働きや魅力 アロエといえば、観葉植物 …

嘔吐から感染するウイルスがある!その症状と対処法について

世の中には、感染力の高い病気がいくつかあります。飛沫感染や空気感染、経口感染とと …