今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

小青竜湯は鼻水の悩み改善に効果的な漢方薬!水っぽい痰や変えの諸症状にも◎

体内での水分バランスを調整!花粉症にも効果的な漢方薬を紹介

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)は鼻水の症状に悩んでいる方におすすめの漢方薬です。

くしゃみがたくさん出る、アレルギー性鼻炎に悩んでいる、水のような鼻水が出るという時にも状態を改善するのに役立ってくれるでしょう。

小青竜湯にはどのような効能があってどの漢方薬が配合されているのか、取り入れる際の注意点などについてご紹介します。

小青竜湯の効能

体内の水分バランスの調整

水っぽい痰や鼻水を改善するのにも効果的な漢方薬です。体内で乱れている水分のバランスを調整する働きが期待できるため、該当する症状がある方は取り入れてみましょう。

風邪の諸症状の緩和

くしゃみや痰、鼻水といったものを抑える働きがあり、風邪をひいた時の諸症状を抑えるのにも役立ちます。

風邪薬ではなく小青竜湯を利用する大きな魅力ともいえるのが眠くならないということ。

風邪薬の中には眠くなる成分を配合しているものもありますが、小青竜湯はそういった心配もありません。

車を運転する方や仕事に行く前などにも飲みやすいですね。

できるだけ風邪のひき始めに取り入れた方が症状を弱く抑えられます。風邪が悪化してからではなかなか小青竜湯竹で対策を取るのは難しくなるでしょう。

花粉症の症状緩和

小青竜湯はアレルギーが原因で発生する鼻水、かゆみを改善するのに効果があります。特に花粉症の季節は目も鼻も喉も調子が悪いという方も多いのですが、そういったときにも小青竜湯を取り入れてみましょう。

冷え性の緩和

手足のひどい冷えに悩んでいるという方にもおすすめの漢方薬です。小青竜湯は花粉症の改善にも効果があるとご紹介しましたが、体を温めることも花粉症の症状を抑える方法の一つだといえるでしょう。

体が冷えていると免疫力が十分に働かず、アレルギー反応が起きやすい状態になります。特に春先の花粉が飛散する時期というのはまだまだ寒く、冬の間に芯まで冷えた体の免疫力が衰えている時期です。

小青竜湯を取り入れて冷え性を改善し、ついでに春先の花粉対策もしましょう。

発汗作用

風邪の引き始めに効果的な漢方薬とも言われており、発汗作用があります。微熱が続いていて早く治したい、というときにも取り入れてみてくださいね。

ただし、普段から汗っかきの人が小青竜湯を取り入れると必要以上に汗をかいてしまう可能性があるので、この点は注意しなければなりません。

水毒への効果

漢方では体の中にたまった水分を水毒とし、必要以上にたまり過ぎると悪い働きをすると考えています。

大きな原因は体の冷えにあると考えられており、水分の代謝障害が起きると冷えがひどくなったり不調を感じやすくなるなど、体にとって様々な悪影響をもたらすのです。

小青竜湯には体内の水分バランスを整える働きもあるので、水毒対策にも役立ってくれるでしょう。普段から大量に水を飲む方などは体に水分がたまりやすいので注意が必要です。

小青竜湯の配合薬

小青竜湯には次の8つの生薬が配合されています。

  • 半夏(ハンゲ)
  • 乾姜(カンキョウ)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 五味子(ゴミシ)
  • 細辛(サイシン)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 麻黄(マオウ)

小青竜湯の取り入れ方

空腹時に飲みます。花粉症の症状緩和目的で取り入れようと思っているのであれば、花粉の飛散が騒がれる季節よりも少し前から取り入れるのが理想的です。

漢方薬の大きな働きというのは体質を改善させることになります。実際に症状が現れてから取り入れるよりも予防のような目的で取り入れておいた方が高い効果が期待できるでしょう。

病院でも処方されることの多い漢方薬となっているので、相談してみてくださいね。何となく常に鼻の不調を感じているという場合にも状態改善に役立つくれる可能性があります。

小青竜湯の注意点

妊娠している方や妊娠の可能性がある人、体力の衰えている人には向きません。また、胃腸の弱い人や高齢者も避けておきましょう。

副作用として報告されているのは皮膚の発疹や発赤.かゆみ.食欲不振などです。

また、ごく稀にではありますが、階段を上ったりした際に息苦しさを感じる間質性肺炎、手足のだるさや筋肉の衰えを感じる偽アルドステロン症、肝機能障害といった症状が起こることがあります。

特に甘草が含まれるその他の漢方薬や利尿薬といったものを同時に取り入れてしまうと偽アルドステロン症のリスクが高まるので、十分に注意が必要です。

医師の治療を受けている人は必ず医師に相談した上で取り入れるようにしましょう。

心臓病や高血圧、腎臓病、甲状腺機能障害、むくみ、排尿困難などがある人も自己判断で使うのはやめておいたほうが安心です。

体力については、中程度の人に向いています。あまりにも体力がない人が小青竜湯を取り入れると副作用が強く出ることもあるので注意が必要です。

        
        

  関連記事

足裏のタコは正しい治し方を知ればすぐにサヨナラできる!目指せ足裏美人

間違った治し方はトラブルの元になる 人は二足歩行なので、どうしても足の裏に負担が …

桂枝加朮附湯は冷え性改善に効果的な漢方薬!他にはどんな効能が?飲む時の注意点は?

桂枝加朮附湯は非ステロイド消炎鎮痛薬の代わりにも!炎症にも効果的 桂枝加朮附湯( …

花粉症対策総まとめ。ズルズルグズグズ…症状に悩む前にチェックしよう!

花粉症対策として具体的にどのようなことを行うべきかご紹介します。 花粉症に悩む方 …

アーティチョークはお酒を飲む人におすすめ!肝機能の強化に!

食べすぎ・飲みすぎる人におすすめのアーティチョークについて紹介 アーティチョーク …

安中散で年末のつらい胃痛や胃もたれを解消しよう!

ついつい食べ過ぎてしまって胃痛や胃もたれが…そんな時はこの漢方がオススメ 出典: …

アンチエイジングに注目の新成分、アロエステロールがすごい!

お肌を若々しく保つために是非とも取り入れておきたい成分、アロエステロールをご紹介 …

スイカの力でしつこいむくみを解消!スイカプラスについて

スイカプラスはダイエット中の方からも選ばれるむくみ解消サプリメント むくみが気に …

柴胡加竜骨牡蛎湯は精神的なことが原因で発生するトラブルに効果的!

不眠改善や緊張緩和にもおすすめな漢方薬 柴胡加竜骨牡蛎湯 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイ …

麻杏ヨク甘湯はつらい関節痛や神経痛の痛みにおすすめの漢方薬

麻杏ヨク甘湯は、どこの場所の痛みにも高い効果を発揮する漢方薬です。 目次1 麻杏 …

サフラワーはベニバナとしてもおなじみ!染料以外にも活躍!

ハーブのサフラワーはどんな働きがある?効果を紹介! サフラワーとは地中海沿岸、中 …