今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

当帰芍薬散は足腰の冷えや生理不順改善にも!女性の味方の漢方薬

むくみや冷えなど幅広い悩み改善に効果的な当帰芍薬散とは

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)とは足腰の冷えに悩んでいる方や生理不順の方におすすめです。女性の中にはどちらも悩んでいるという方が多いのではないでしょうか。そういった方はぜひチェックしてみてくださいね。

他にも汗をかきやすい方にも効果的な漢方薬です。当帰芍薬散を飲むことによって期待できる効果や注意点などについてご紹介しましょう。

女性のための漢方薬ともいわれるほど、女性が抱えがちなトラブルを改善するのに役立ってくれます。

当帰芍薬散の効能

冷え性の改善

漢方の分野では血を「血(けつ)」とし、健康にあるためには欠かせないものとしています。もしも血の量が足りなくなると栄養不足となり、正常に血液を運べません。全身に血が行き渡らない状態になると体の冷えに繋がるのです。

当帰芍薬散は血行を促進させるために役立ってくれる漢方薬で、全身に栄養を与えてくれます。

むくみの改善

当帰芍薬散には血行促進効果だけでなく、利尿効果もあります。そのため、体内で水分バランスが乱れて発生するむくみの改善にも高価が期待できるのです。

必要以上の水を溜め込んでいると新陳代謝が悪化し、これが冷え性の原因になることもあります。むくみを改善させれば結果的に冷え性も良くなるケースがあるため、是非とも取り入れてみましょう。

生理不順の改善

生理についても漢方の分野では「血(けつ)」が深く関わっています。生理周期として理想的とされているのが28日前後なのですが、漢方ではこの28日の間に全身から血を集め、それによって生理が発生すると考えられているのです。

そのためには血の流れが滞っていないことに加え、十分な量の血があることが欠かせません。生理不順になるというのは、これらのうちどちらかに原因があってうまく生理が来ない状態のことといえます。

例えば、全身から血を集めるためには気の力を使うと考えられているのですが、気が滞っていると十分に血を集められず、生理が起こらないというような考え方です。

当帰芍薬散には血行を促進する働きがあるため、血がスムーズに流れるのをサポートしてくれます。

それだけでなく、漢方の分野では生理前のイライラにも気や血のトラブルが大きく関係していると考えられており、どちらも改善する効果のある当帰芍薬散は女性の強い味方だともいえるでしょう

ホルモンバランスの改善

女性にも男性ホルモンはありますし、男性にも女性ホルモンはあります。そのバランスが乱れるとそれぞれ様々な不調を招くのですが、当帰芍薬散にはホルモンバランスを整える働きもあるため、目に見えない体内で起きているトラブルにも効果的です。

どちらかというと女性に用いられることが多い漢方薬ではありますが、ホルモンバランスの乱れは生活習慣の乱れやストレスなど様々なことで発生するものなので、男性の中でもホルモンバランスの乱れを疑っている方は当帰芍薬散をチェックしてみてくださいね。

ホルモンバランスが体内で大きく変わるタイミングといえば、更年期です。

更年期になるとそれまでと大きくホルモンバランスが異なるようになるため、のぼせやほてり、吐き気、頭痛など実に様々の体調の変化を実感するのですが、当帰芍薬散を取り入れてホルモンバランスが乱れすぎないように調整しましょう。

めまいの改善

血行不良が原因で目まいが起こることもあります。そのため、当帰芍薬散の持っている血行促進効果はめまいの改善に効果的です。同じく立ちくらみも血行不良が原因で発生することがあるので、ふと立ち上がった際に立ちくらみを感じるという方も当帰芍薬散を取り入れてみましょう。

当帰芍薬散の配合薬

当帰芍薬散には次の6つの生薬が配合されています。

  • 当帰(トウキ)
  • 川きゅう(センキュウ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 蒼朮(ソウジュツ)
  • 沢瀉(タクシャ)
  • 茯苓(ブクリョウ)

当帰芍薬散の取り入れ方

空腹時に飲んだ方が効果的なので、お腹がすいている食間に飲みましょう。

当帰芍薬散の注意点

医師の治療を受けている人は担当の医師に相談した上で取り入れましょう。

胃腸が弱い人が取り入れると食欲不振に繋がることがあります。人によっては下痢や吐き気を感じることもあるので、少しずつ様子を見ながら取り入れるようにしましょう。

また、ごく稀にではありますが、副作用として発疹や発赤、かゆみといった症状が見られることもあります。このような症状が見られた場合には服用を中止して医師や薬剤師に相談してくださいね。

漢方薬の中には妊娠中や妊娠している可能性がある女性は取り入れるのはやめておいた方が良いといわれるものもたくさんあるのですが、当帰芍薬散は特に問題ありません。というよりも、妊娠前や妊娠中、妊娠後には体調維持のために使われる漢方薬だともいえるでしょう。

出産後は体力が低下してしまうのですが、その際にもおすすめの漢方薬です。

        
        

  関連記事

薬膳料理で心も体も健康に!自宅で簡単にできる薬膳料理を作ってみよう!

みなさんは薬膳料理を食べたことはあるでしょうか。実は薬膳の考え方は身近にある料理 …

売上100万袋突破!琉球素材が原材料のアイサプリ「一望百景」の特徴や効果

ブルーベリーの4倍のアントシアニンを含む紅イモ使用アイサプリ 年代を問わず悩まさ …

【保存版】遺伝子検査を自宅で!ネットから申し込める遺伝子検査キットって何?

自宅で手軽にできる遺伝子検査が人気!病気のリスクや生活習慣の見直しポイントがわか …

不食が体に与える影響とは?覚えておきたいメリット・デメリットとは?

「食べなければ痩せる」それは誰でも知っていますが、この“不食”が体に与える様々な …

ホップはビールの原料としてもおなじみ!ハーブとしても優秀な効果が

女性特有のトラブル改善やリラックス作用の高いホップを紹介! ホップとはアジア西部 …

「あれそれ」が多くなった…それは脳の老化の第一歩かも?

筋肉と同じく脳も使わないと低下する 30歳くらいを過ぎたころから、人物の顔や物は …

大黄牡丹皮湯は女性特有のトラブルを改善するのに効果的!

大黄牡丹皮湯は便秘の改善や残尿感の改善にもオススメ 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタン …

サフラワーはベニバナとしてもおなじみ!染料以外にも活躍!

ハーブのサフラワーはどんな働きがある?効果を紹介! サフラワーとは地中海沿岸、中 …

ハイビスカスは美容効果も高いハーブ!効果・効能を紹介

花がかわいいハイビスカスもハーブ!栽培の注意点は? ハイビスカスはアフリカを原産 …

腰痛・肩こりが治ると評判!高反発マットレスのメリットとは?

高反発・低反発…、実際どっちが体にいいの? 一時期大ブームを巻き起こした、低反発 …