今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

麻黄湯は風邪の諸症状改善にオススメ!頭痛の改善にも。

風邪やインフルエンザにかかりやすい人は要チェックの漢方薬はコレ!

麻黄湯(マオウトウ)は風邪の諸症状を緩和するのに役立つ漢方薬です。風邪の引き初めに体の節々が傷んだ経験はないでしょうか。そういった場面でも症状を改善するのに役立ってくれます。

それだけでなく、様々な働きを持った漢方薬ということもあり、多くの人から選択されています。

風邪をひきやすい方や体調を崩すことが多い方にとってもうれしい働きを果たしてくれる漢方薬です。

麻黄湯の効能

風邪の諸症状改善

鼻詰まりや体の節々が傷むといった症状を緩和させる効果が期待できます。体調が悪いとなんの薬を飲めばいいのかわからなくなることがあるかもしれませんが、麻黄湯は風邪に関する症状に幅広く働きかけてくれるため、薬の種類に悩んだ時にも選択しやすいです。

鼻づまりがあるとそれだけで呼吸をするのも難しくなり、疲れてしまいますよね。麻黄湯を飲めばそういった症状の緩和が期待できるので、頻繁に風邪をひいているという方も取り入れてみましょう。

漢方薬は体質改善をしてくれるアイテムとしても注目されているので、風邪をひきやすい体質自体を改善するのに役立ってくれるはずです。

漢方薬といえば体質改善としての役割も大きいので、長く続けなければ思うような効果は出てこないケースも多いのですが、風邪の症状緩和という目的で取り入れているのであれば6回ほど使うだけでもしっかり変化が実感できます。

もしも6回ほど継続して使用しているにも関わらず変化が実感できないということであれば麻黄湯の使用を一時的に中断し、医師の診察を受けましょう。

風邪だけでなく、インフルエンザの諸症状緩和にも効果が期待できます。普段から季節の変わり目などに体調をくずしやすい方は体質改善なども目的も含めて取り入れてみましょう。

発汗作用

昔から熱が高い時にはできるだけ汗をかいて体温を下げたほうがいいと言われますよね。麻黄湯には発汗作用があるため、熱を下げる効果も期待できます。

風邪をひくとすぐに熱が出てしまうタイプの方も是非チェックしてみましょう。その中でも熱はあるのになぜかあまり汗をかかないというタイプの人に高い効果が期待できます。

頭痛の改善

麻黄湯には頭痛を改善する効果もあります。風邪の諸症状である頭痛の改善にも効果が期待できるのですが、たまに原因不明の頭痛で悩まされているという方は体質改善目的も含めて麻黄湯で対策を取ってみましょう。

子どもの風邪・インフルエンザにも

漢方薬の中には小さな子どもへの処方がおすすめできないものもあるのですが、麻黄湯は子供にも使われることがある漢方薬です。実際に子どもがインフルエンザで病院に行ったところ、麻黄湯を処方されたというケースもあります。

体力が充実しているということは一つの条件にはなりますが、子どもでも使える漢方薬を探しているという方はチェックしてみてくださいね。

実際に子どもが風邪やインフルエンザをひいた際に麻黄湯が本当に効果的なのかということは医師や薬剤師に相談してみなければわかりませんが、麻黄湯は風邪やインフルエンザといった症状の緩和に効果的な漢方薬ということもあり幅広く取り入れられています。

麻黄湯の配合薬

麻黄湯には次の4つの生薬が配合されています。

  • 麻黄(マオウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 杏仁(キョウニン)
  • 甘草(カンゾウ)

麻黄湯の取り入れ方

空腹時に取り入れることにより吸収率が高まります。漢方薬は西洋薬に比べると効き目があらわれるのがゆっくりなので、吸収率が低い満腹時に取り入れても思うような効果が実感できなくなる可能性が高いといえるでしょう。

胃が弱い方は空腹時を避けたほうがいいのですが、特に問題ない方は食前や食間を選択してみてくださいね。

麻黄湯の注意点

何か持病があって医師の治療を受けていたり、妊娠している、または妊娠の可能性があるという方は医師や薬剤師に相談したうえで取り入れるのが理想的です。

また、胃腸が弱い人が取り入れるのはおすすめできません。吐き気や食欲不振につながることもあるので、気になる方は注意が必要です。

高齢者にも向いていない漢方薬とされているので、麻黄湯を取り入れようと思っているかたはきちんと医師か薬剤師に相談をしてから飲みましょう。

高血圧、心臓病、甲状腺機能障害、腎臓病といったものがある方も相談したうえで取り入れたほうが安心です。

副作用として重篤なものが現れることはほとんどありませんが、稀に皮膚の発疹や発赤、かゆみといったものが現れることもあります。

それから、麻黄湯はある程度体力がある人を対象に考えらえた漢方薬なので極端に体力が落ちてしまった人には向きません。

風邪の諸症状を改善する目的で取り入れられることも多いのですが、あまりにも風邪が悪化してから取り入れると負担が大きくなる可能性があるので注意しておきましょう。

        
        

  関連記事

へそのゴマは放置しちゃダメなの!?正しい取り方は?

へそのゴマを取るときに気をつけたいこと みなさんは、へそのゴマをどうしていますか …

大人の目のための健康食品「アスタキサンチン アイ&アイ」を、超オトクにゲットできるチャンス!

だいにち堂の「アスタキサンチン アイ&アイ」がとってもオトクにゲットできるチャン …

飲むだけで強力アンチエイジング!シリカ水、炭酸水、水素水のパワー

水の力で体内環境を整え、肌の老化を内側から防ごう 人間の体の大半を占める水。子ど …

乳がんってどんな病気?何歳から気を付ければいいの?

12人に1人がかかる乳がん セルフチェックで早期発見・早期治療を! 突然ですが、 …

お腹がパンパンになるのはガスだまりが原因かも!?その改善方法とは?

何だかお腹が張るなと感じたことがあるひとは、きっと予想以上に多いはずです。そうし …

半夏瀉心湯で胃腸関係の症状改善に効果的!飲む時の注意点も教えて

漢方で気の流れを改善するのに役立つ半夏瀉心湯とは? 半夏瀉心湯(ハンゲシャシント …

乙字湯は痔の悩みにも効果的!味や飲みやすさはどうなの?

実は痔に悩んでいる女性ってたくさん!そんな皆さんにオススメの漢方です 出典:株式 …

いつもと生理の様子が違ったら?知っておきたい症状と病気の可能性

毎月の生理には憂鬱になってしまう女性も多いものですが、女性の体にとってはとても大 …

青汁ビギナーさんなら「極の青汁」で、失敗しない青汁デビューを!

老舗大手メーカーが手がける信頼感バツグンの青汁「極の青汁」について、詳しく紹介し …

爪のツボを刺激して自律神経を整えよう!爪のマッサージのやり方

忙しい生活を送る現代人の多くが悩まされているのがストレスです。ストレスや自律神経 …